2005年12月17日

子供好き?

15歳女高生買春容疑、毎日新聞記者ら逮捕 (読売新聞 12/16)
 長崎県警は16日、佐賀市神野西、毎日新聞佐賀支局記者・山下託史(32)、同県諫早市貝津町、小学校教諭堀口義行(45)ら4容疑者を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した、と発表した。

 ほかに逮捕されたのは、長崎市高城台、会社員江藤友記(36)、住所不定、無職久松和史(32)両容疑者。

 調べによると、4人は今年10月26日から31日にかけて、それぞれ、インターネットの出会い系サイトなどを通じて知り合った長崎市の高校1年の女子生徒(15)が18歳未満であることを知りながら、1万〜2万円を渡す約束をして、同市内のホテルで買春した疑い。

 山下容疑者は、地方紙を経て、2002年に毎日新聞に入社、佐賀支局に配属された。犯行は10月27日夜で、同日から31日まで休暇を取っていた。

 毎日新聞西部本社代表室の話「報道に携わる者がこのような容疑で逮捕されたことは、大変申し訳なく、心からおわびいたします。本人はもちろん、監督責任についても厳正に対処します」




児童が“学校経営” 計画、資料作り…さあ職員会議−−佐賀市立兵庫小 (毎日新聞 1/31)
 運動会や卒業式などの行事を、子どもたちが自ら企画・運営する小学校がある。佐賀市兵庫町の市立兵庫小(田口良之校長、669人)。準備の段階では、児童代表の6年生が企画の内容を職員会議で提案し、先生たちと真っ向から議論を戦わせる。昨年11月から6年生のクラスに飛び込み、子どもたちと机を並べて過ごしながら、“自分たちの学校づくり”を体感した。【山下託史、写真も】

(中略)

 ◆名札を胸に“通学取材”、子らの目の輝きを知る

 「子どもたちの素顔に触れたい」と昨年11月、ジーンズにスニーカー姿で「6年3組 山下託史(たくし)」の名札を胸に、兵庫小に通い始めた。元PTA会長(52)宅から週1回登校し、体験は現在、佐賀面に連載している。身長183センチの体を丸めて机を並べるのは、自分でも違和感を覚える。だが子どもたちはそんな遠慮などお構いなし。「ヘイ、タクシー(託史)!」と飛びかかってくる。やっぱり子どもってこうだとうれしくなった。一方で、一人前に学校を仕切る姿に、目を見張る。「こんな学校なら、もう一回、小学生をやり直したいな」。卒業式の光景すらよく思い出せない31歳、妻子持ちの記者は子どもたちの目の輝きに、そう思う。巣立ちの日まで共に過ごす予定だ。



・・・は、早く逃げて〜wwwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 14:17| Comment(0) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10759068

この記事へのトラックバック

朝日、また広告拒否/日経ビジネスも捏造?/毎日は不祥事続出
Excerpt: 1.また朝日が週刊新潮の広告を拒否。 「誤報」広告掲載を拒否 朝日新聞、週刊新潮に抗議(産経) 画像は読売新聞から。新潮の記事を読みましたが、 『愛子さま』→まったくの虚報 『義務教育費』→報..
Weblog: マスコミ不信日記
Tracked: 2005-12-17 23:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。