2006年01月09日

第二のNHK番組改変問題の発生は必至。マスコミへの政治介入を許すな!

日本の「中国脅威論」に懸念表明 局長級協議で中国側 (朝日新聞 1/9)
 「日本は、中国のことを一体どう思っているのか」。9日の協議で中国外務省の崔天凱アジア局長が佐々江賢一郎・外務省アジア大洋州局長に問いかけた。日本側の説明によると、「日本では中国脅威論が非常に高まっている。日本のメディアはなぜ、中国のマイナス面ばかり報道するのか」「良い報道がなされるよう中国ではメディアを指導している」などとたたみかけ、日本政府に「報道規制」を促した

つまり、中国政府は、日本政府に向かって、朝日新聞が言う「NHK番組改変問題」のときのように、日本政府がマスコミに向かって圧力をかけろ、と言ってるわけですね。

これは、間接的な、中国政府によるマスコミへの政治介入、いやそんな生やさしいものではなく、これは言論弾圧ですね!
言論の自由を勝ち取るため、朝日新聞はもちろんのこと、しんぶん赤旗アジアプレスネットワーク日本ジャーナリスト会議などの諸団体は、ただちに中国政府に向けて抗議の声を上げ、不当な政治介入を阻止するために戦う必要がありますよね!!!!!!




・・・なんか漏れ間違ったこと言ってますか???w

追記:
上で挙げた朝日新聞の記事、よく見ると後半部分は一生懸命中国擁護しまくってますw
どこの国の新聞・・・って言うまでもないか。日本の新聞でないのは間違いないwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11512341

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。