2006年02月08日

在日枠≠在日朝鮮人枠

在日枠見直しを要求 (デイリー 2/6)
在日本朝鮮人蹴球(しゅうきゅう)協会が日本サッカー協会に対し、日本生まれで朝鮮高級学校などの民族学校卒業生を外国人選手扱いしないよう日本協会に要請していたことが6日、分かった。日本協会内では慎重な意見も出ているという。

 日本協会は、外国籍選手でも日本生まれで学校教育法第1条に定める高校・大学を卒業した者など外国籍扱いしないケースを定めている。

 Jリーグでは1クラブ1人となっているこの「在日外国人枠」について在日朝鮮人選手の要請を受けたJリーグ選手協会が昨年、選手にアンケートした結果、回答の約6割が枠の拡大に賛成したことも分かった。Jリーグは各クラブの意見を聞いた上で対応する方針。


Jリーグ選手協会、「在日外国人枠」1増を要望 (朝日新聞 2/4)
 Jリーグ選手協会(中山雅史会長)が、1クラブ1人の制約がある「在日外国人枠」について選手にアンケートしたところ、6割が増枠に賛成した。同協会はこの結果を踏まえ、Jリーグに1枠増を要望した。

 「在日枠」は、日本生まれの外国籍選手について、1クラブ1人に限って外国籍選手と見なさない特例。学校教育法第1条に該当する「高校・大学」を卒業するなどの条件を満たす必要がある。

 李漢宰(広島)や朴康造(神戸)ら、適用を受ける選手らが「在日の後輩のために道を広げたい」とアンケートを提案。選手協会の選手約800人に昨年11月から12月にかけて実施し、約9割が回答した。「在日枠」に関して、(1)枠を拡大(2)若干(1〜2人)の拡大(3)現状維持(4)無回答(5)その他、に分かれ、(1)と(2)で6割を超えた。

 Jリーグは今後、対応を協議する。05年度で「在日枠」を使ったのは、J1とJ2の30クラブ中9クラブ。ある在日選手は「Jリーグは地域密着型。関西のように在日コリアンが多い地域もあり、1クラブ1人がそぐわない場合もある」と話している。

在日枠って、もともとそういうんじゃないと思うんだけど、たぶん・・・
それにしても朝日新聞は、なぜ在日コリアンwの話題になるとすぐに飛びつきますか?
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 00:04| Comment(6) | TrackBack(0) | だめだコリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的にはプロ野球と同じく、
日本の学校に5年以上在籍した外国籍の人は
外国人枠から除外してもいいと思う。

ただし、1条校に限る。
Posted by ひらばりあん at 2006年02月09日 00:14
サッカーはプロ野球と違い、ワールドカップがありますからね。
簡単に外国人を日本人扱いにしちゃうと、色々難しい問題があったり。
Posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 2006年02月09日 00:32
日本人扱いでなくても、外国人枠から除外するだけで
いいのでは。
元ドラゴンズの大豊だって、台湾代表でオリンピック予選戦ってたし。

そもそも、深淵さんが書いてるように、
在日外国人≠在日朝鮮人なんですよね。
この辺、アサピーのミスリードというか何と言うか。
Posted by ひらばりあん at 2006年02月09日 00:57
うーん、その大豊のケースにしても、漏れ的にはしっくり来ないです。
まあ当時は、台湾にはプロ野球なかったですから、しようがないといえばしようがないですが・・・

だからサッカーには、日本人枠でも外国人枠でもない「在日枠」なんてものがあるんでしょうね。

ちなみにこの在日枠は、元々、宮澤ミシェルさんのために作られた特別措置だと聞いてます。
(その一年後には日本国籍取得したそうですが)
Posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 2006年02月09日 18:06
大豊は名商大4年+球団職員1年というインチキでしたから
深淵さんのしっくりこない気持ちもわかります。

>ちなみにこの在日枠は、元々、宮澤ミシェルさんのために作られた特別措置だと聞いてます。
初めて知りました。宮澤ミシェルならなんとなく許せてしまう自分ガイル。
だって、
jeは差別された。賠償してシルブプレ。
とか言わないし。
Posted by ひらばりあん at 2006年02月10日 00:03
>jeは差別された。賠償してシルブプレ。
>とか言わないし。

まあスンヨプさんも言わないでしょう。
代わりに代理人が言うと思いますがw
Posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 2006年02月12日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。