2006年03月25日

タブー

小嶋社長 衝撃告白 (日刊ゲンダイ 3/20)
ヒューザーの小嶋進社長(52)がヤケのヤンパチになったのか、「公明党区議の娘に2000万円援助した」と告白した。「週刊朝日」最新号のスクープ記事で、かねてからウワサだった公明党との関係を洗いざらい語っている。この公明党区議とは、大田区で6期連続当選している有川康夫議員(62)。小嶋社長は、その娘さんが海外で音楽の勉強をするための資金として2000万円を援助。さらに、学会員だった過去も暴露した……。

東京・大田区議が公明党離党 長女にヒューザー側が援助 (朝日新聞 3/22)
 耐震強度偽装事件にからみ、ヒューザー側との関係で誤解を与えた責任をとるとして、公明党の有川靖夫・東京都大田区議(62)が20日付で同党を離党した。有川区議の長女が音楽家で、音楽活動を支援する目的で同社側が03年ごろから資金援助していたという。有川区議は「やましいところはないが、家族に関することであり、党や支持者にご迷惑をおかけした」と説明している。

 有川区議によると、資金援助は長女がドイツに留学していた際、ヒューザーの小嶋進社長が長女に会って申し出た。「将来ある若手音楽家の活動を援助したい」と小嶋社長は話し、資金は長女の口座に直接振り込まれたという。


やっぱこの辺って、日本マスコミのタブーなんですかね。
取り上げたのは、朝日、ゲンダイ、あとここには出してないけど赤旗だけ。

公明党って与党ですよね。特に与党叩きに熱心な中日新聞(東京新聞)が取り上げないのは、不自然極まりないんですが。

あと2ちゃんねるとかで、「小泉自民党」を叩いてる人は「公明党」は叩きませんね。

いったい、なんなんでしょうね。

まー漏れの身内にもいるけどさ。学会員。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15421290

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。