2006年03月28日

タイ━━━━||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━━━━ホ

朝日新聞社長の長男、大麻所持の現行犯で逮捕 (読売新聞 3/28)
 朝日新聞社の秋山耿太郎社長(61)の長男で、自称フリーのテレビディレクター、秋山竜太容疑者(35)(東京都目黒区下目黒4)が、警視庁渋谷署に大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕されていたことが、28日わかった。

 調べによると、秋山容疑者は今月10日午後11時過ぎ、東京都渋谷区の路上で、ジャンパーのポケットに乾燥大麻約1グラムを所持していた。渋谷署員から職務質問を受けて発覚した。調べに対し、秋山容疑者は「自分で(大麻を)使うために持っていた」などと容疑を認めているという。

 秋山耿太郎・朝日新聞社長のコメント「息子の愚かな行為に驚いております。本人がきちんと責任を負い、法に従い、罪を償ってほしいと思います」

朝日新聞社長の長男、大麻所持で逮捕 35歳、自称TVディレクター (ZAKZAK 3/28)
朝日新聞社の秋山耿太郎(こうたろう)社長(61)の長男で自称テレビディレクターの男(35)が東京都内の路上で大麻を所持していたとして、警視庁に大麻取締法違反の現行犯で逮捕されていたことが28日、分かった。秋山氏は相次ぐ社内の不祥事を受け、昨年6月に就任したばかり。男は成人しているとはいえ、言論機関のトップには高い倫理性が求められている。秋山社長は謝罪しているが、進退問題に波及する可能性もある。

 渋谷署の調べによると、男は今月10日午後10時半ごろ、渋谷区渋谷の路上を1人で歩いていたところを、警察官が職務質問した。場所は渋谷署から目と鼻の先で、その際、男がジャンパーのポケットに乾燥大麻約1グラムが入っていた袋を隠し持っていたため、現行犯逮捕された。

 男は渋谷で買い物をした後、歩いて帰宅する途中だった。調べに、「自分が使うためだった」と容疑を認めているという。渋谷や新宿、池袋は、環境浄化の対策強化地域に指定されており、男の挙動を不審に思った警察官が職務質問して犯行が発覚した。

 男は現在も拘置中で、渋谷署は入手先や使用の有無も追及する方針。逮捕から18日も経過して事態が明らかになったことに、捜査関係者は「報道関係者からの問い合わせで初めて秋山社長の息子と分かった。本人も供述では一切、親の話はしなかった」と話している。

 関係者によると、男は現在、東京都目黒区下目黒で暮らしながら、テレビ制作に携わっているといい、調べにも「フリーでテレビの仕事をしている」と話しているという。

 秋山社長の暮らす川崎市内の自宅マンション周辺にも“御曹司”逮捕の一報に衝撃が走った。小学生時代に娘が同級生だったという主婦は「やんちゃな感じのハンサムな人。きれいな彼女を連れていたのが印象的だった。それも会うたびに彼女がかわっていた。独立して家を出たと聞いている。立派な人が…。信じられない」と驚いた表情だった。

 秋山社長は岡山県出身で京大法学部卒。昭和43年に朝日新聞社に入社し、東京本社政治部長などを歴任した後、12年に編集局長(役員待遇)となった。

 17年5月、衆院選に関連して長野総局の記者が偽造メモを作ったことが発端となった誤報問題やNHKの番組改変をめぐり朝日が「政治介入があった」と報じ、取材した情報が月刊誌に漏れた問題など不祥事が続いたことから、箱島信一社長が相談役に退き、秋山氏が社長に就任した経緯がある。

 朝日新聞社広報部は「今回の事件については、家族のプライベートな件なので、会社としては関知しておりません」とコメントした。

 一方、秋山社長は同社を通じて「息子の愚かな行為に驚いております。本人がきちんと責任を負い、法に従い、罪を償って欲しいと思います」とコメントを発表。秋山社長の記者会見の予定はないという。

 今回の不祥事について、元朝日新聞常務東京本社代表、青山昌史氏は「朝日新聞が秋山氏のもと、改革を進めている最中で、(長男の逮捕は)まことに監督不行届で困ったこと。問題の責任は本人にあり、これについて秋山氏は世間にわびる気持ちは十分にある」と秋山社長の監督責任に言及した。

 だが、「長男は35歳で一個の人格であり、息子個人の問題だ。社内の一部は秋山氏の進める改革に反発しており、今回の長男の逮捕が、社内抗争にからんでは困る。当面は会社の改革について専念してもらいたいし、秋山氏もその考えだと思う。当面の改革を進めることが読者、またOB、社員に対する義務だ」と引責辞任には否定的な考えを示した。

 一方、作家の麻生千晶氏は「秋山氏が辞めるべきかどうかについて外野がいろいろと言うこと自体、余計なお世話。自身が決断することだ。でも、私だったら子供が成人しようが子供に関する不祥事が起こり、自分が社会的責任ある立場にあれば、その立場を辞退すると思う」と話している。

執行猶予中に麻薬使用も 朝日新聞社長の長男起訴 (北海道新聞 3/28)
 朝日新聞社の秋山耿太郎社長の長男が大麻所持の現行犯で逮捕された事件で、長男は合成麻薬MDMAを服用していたことが28日、東京地検の調べで分かった。また長男は以前薬物事件で有罪判決を受け、執行猶予中だった。

 東京地検は同日、麻薬取締法違反(使用)と大麻取締法(所持)の両罪で長男を起訴した。

 起訴状などによると、長男は自称フリーテレビディレクター秋山竜太被告(35)。10日夜、東京都渋谷区の路上でジャンパーのポケットなどに乾燥大麻約1・5グラムを所持していた。

 また8日ごろ、地下鉄半蔵門線渋谷駅近くで外国人から購入したMDMA1錠を服用した。

 MDMAは逮捕後の尿検査で確認された。竜太被告は起訴事実を認めているという。

朝日ウォッチャーとしてはwktkするようなネタですね!というかそこまで体貼らなくていいです、朝日さんwww

ま、とはいっても、別に息子が逮捕されたからって、親が責任取ることはないと思うんですよ。それ自体は。

いけないのは、発覚してから事が明らかになるまで隠していた上に、前科(執行猶予)も隠していたって事です。
倫理観が求められる「マスコミ」という業界だからこそ、悪いことは悪いこととして反省する姿勢が必要なのではないでしょうか?
こんな状況だと、たとえば政治家の息子や親戚が逮捕されたことを隠蔽していた、なんてときに、批判する口はないということになってしまいますよ。朝日さん。
今回の件も、おおっぴらにならなければ、一切報道されることもなく、朝日さんが大好きな「国民の知る権利」が侵害されていたのではないでしょうか。


もっとも、漏れが期待しているのは、これをきっかけとして、テレビ業界の人間が芋蔓式に挙げられることですね。
芸能界や音楽業界ってすごく、薬物事件多いんですよね。
ということは、芸能界と関係が深いテレビ業界でも、怪しい人っていっぱいいると思うんですよ。
今頃、ガクガクブルブルしてる人、いるんじゃないんですかね。きっと。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:55| Comment(0) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15652203

この記事へのトラックバック

朝日・秋山社長の長男逮捕!特殊指定への影響は必至か?
Excerpt: 新聞の「特殊指定」見直しに反対する特別決議について記者会見する北村正任新聞協会会長(右)と、秋山耿太郎・新聞協会再販特別委員会委員長=3月15日午後(日本新聞協会) 朝日新聞社長の長男、大麻所持で逮..
Weblog: マスコミ不信日記
Tracked: 2006-03-29 21:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。