2006年03月29日

ナベツネさんがフォースの韓国面に堕ちますた

渡辺会長太鼓判「李は50本打つ」 (デイリー 3/29)
 「2006読売巨人軍激励会」が28日、都内のホテルで行われ、巨人の渡辺恒雄会長(79)が李スンヨプの50本塁打を予言した。昨年の激励会では清原のピアスを批判したが、今回は逆に李への賛辞に終始した。

 あいさつに立った渡辺会長は上機嫌に韓国からの助っ人を褒めちぎった。「韓国軍としてWBCで5本の本塁打を打っている。これから推論するとペナントレースは146試合ありますから50本の本塁打は打てる」と断言。

 さらにWBCアジアラウンドでの日韓戦で皇太子夫妻に「必ず打ちそうなのが李スンヨプ」と解説した秘話も明かした。

 その李はこの日から東京ドームで始まった練習で好調をアピールした。シート打撃では酒井からバックスクリーン左へたたき込み「調子はよくなってきている」と笑顔。

 巨人の第70代4番打者として開幕戦を迎えるのが濃厚。巨人は李にWBC級の活躍を期待している。

巨人・李に業務命令「50発」渡辺オーナー、強烈ゲキ (中日スポーツ 3/29)
 この“業務命令”だけは、何が何でも守らなければならない!? 今季の巨人で4番を務める李承ヨプ内野手(29)に対して28日、強烈なゲキが飛ばされた。

 この日夜、東京ドームホテルで行われた「読売巨人軍激励会」(読売新聞社主催)でのこと。壇上であいさつした渡辺恒雄球団会長(79)=読売新聞グループ本社会長=が、李は今季50本塁打するとブチ上げた。

 このほど行われたWBCについて言及した渡辺会長は「(李は)韓国軍として大活躍して5本塁打を打った。だからペナントレースでは50本ホームランを打つと確実に予想される」とキッパリ。李が打った昨年の本塁打は30本。どのような“方程式”で50本にジャンプアップさせたかは定かでないが、「確実に」とまで言うあたり、渡辺会長が李にかける期待の大きさがうかがえそうだ。その李だが、激励会の前に東京ドームで行われた練習では、バックスクリーンへ弾丸ライナーの本塁打をブチ込んだほど絶好調。「ホームランは思った通りに打てるものではない」と謙遜(けんそん)気味に話していたが、グループのドンにここまで言ってもらったからには、ガンガン本塁打狙いで行くしかない!?

・・・ナベツネさん、スンヨプさんを殺す気ですか?www

しかし皇太子殿下夫妻にまでスンヨプさんを紹介していたとは・・・

そこまでチェックしていなかったので改めて調べてみました。

李の逆転2ランに巨人・渡辺会長複雑な思い 今季期待の大砲「でも日本にも勝ってほしい」 (ZAKZAK 3/6)
 悲しいようで、でもうれしいような−。WBC予選の韓国戦は李承ヨプ(巨人)の逆転2ランで勝負あり。巨人・渡辺恒雄会長は日本の負けを目の当たりにしつつも、支配下選手の活躍に喜びを隠せず、何とも複雑な心境だ。

 韓国戦で2−1と日本リードの八回一死一塁、56発男の李承ヨプが右翼席に逆転の2ランを放ち、左翼席に陣取った韓国応援団の喜びが爆発。一方、日本応援団で埋め尽くされた右翼席と一塁側観客席は水をうったように静まり返った。

 日本人なら誰しもみけんにシワの寄る場面だが、逆転されて残念に思いつつ、なぜかこみ上げてくる「してやったり」の笑いをこらえる人物がいた。それは、VIP席で長嶋茂雄氏らと観戦していた渡辺会長だ。

 渡辺会長は試合後、「皇太子殿下からも『李は巨人の選手ですか?』とのご質問を受けた。彼にも打ってもらいたいし、でも日本にも勝ってもらいたい。複雑な気持ちだ」と心中を激白。日本は負けても2次予選に行けるわけだから、補強した選手がついつい気になるのも無理はない。

 李の守る一塁は層の厚いポジションだった。ところが清原、江藤を放出し、新外国人のディロンが期待できない今、頼りになるのは李しかいない。さらに松井が抜けて以来、空席になった左の大砲として李にかかる期待は驚くほど大きい。

 それだけに、本来は悲しむだけでよいはずの李の一撃に対し、渡辺会長も「複雑な心境」とついつい本音が出てしまったようだ。韓国戦の観戦で、自らブチ上げた「10ゲーム差での優勝」を確信したのだろうか。

            __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐   '''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' !
          ゝ i、   ` `二´' 丿
              r|、` '' ー--‐f´
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\

皇太子様がスンヨプさんに御興味を持たれたようです
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15730265

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。