2005年03月17日

積極的に採用してみますた

時事ネタではないですが、何となく検索して見つけてしまったものをネタにしてみます。

多民族共生人権教育センター/パネルディスカッション 私たちの就職・私たちの職場
(http://www.taminzoku.com/news/kouen/kou0112_paneru.html)
金子:私が所属していた安田生命では、差別事件を契機に人権問題に取り組みはじめました。1981年の部落差別事件の後、全社的に研修しました。しかし次に在日コリアンへの差別事件が発生します。知識だけではいけないとわかり、現地体験に行くようになりました。しかし、その3年後にまた差別事件が発生します。ここで悩んだんですが、その時、安田生命として「在日」を一人も採用していないことがわかり、これが問題だ、門戸を開こうということで、積極的に在日の方を採用していくわけです。知識は土台として大切ですが、当事者を採用して、共生できる職場を作っていくことこそ、真の啓発につながるんじゃないかと思います。


そしてその結果。

明治安田、違法営業で69人処分…社長は半年間無報酬 (読売新聞 3/16)
 保険業法に違反した営業で金融庁から業務停止命令を受けている明治安田生命保険は16日、金子亮太郎社長が4月から半年間の役員報酬を全額カットとし、取締役2人が取締役を辞任することを柱とした社内処分を発表した。

 辞任、降格、減俸などの処分対象者は総勢69人に上る

 取締役を辞任するのは、保険金支払い部門の責任者である平田滋専務と、法務部門の責任者である上山一知取締役で、ともに31日付で辞任するほか、山田孝一常務を16日付で取締役に降格する。

 15人いる常務以上の取締役の役員報酬についても、4月から3か月間、70〜10%カットする。部長級職員8人と違法な営業に関係した営業職員42人を減給、けん責処分とした。

 金融庁に同日、提出した業務改善計画では、社外取締役を複数名選任したり、社外の有識者を含めた「コンプライアンス(法令順守)委員会(仮称)」を新設し、法令順守体制を強化する。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 01:47| Comment(1) | TrackBack(0) | だめだコリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
医療保険・がん保険の詳しい資料のご請求は「ほけんの窓口」で。
FPによる無料電話相談を実施しています!ぜひご利用ください。
ご来訪お待ちしております。

Posted by 医療保険・がん保険 at 2007年11月08日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2450983

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。