2005年07月20日

在韓日本人10人 対 在日韓国人400000人

永住外国人に地方参政権 韓国、日本での動きに対応 (北海道新聞 7/20)
 【ソウル20日共同】韓国で、永住外国人に地方参政権を付与する公職選挙法改正案が成立した。外国人の権益保護のほか、日本で地方参政権を求める在日韓国人の動きに対応する意味もありそうだ

 6月末に韓国国会で成立した同改正案は、永住資格の取得後3年を経た19歳以上の外国人に、大統領選挙と国会議員選挙を除く地方自治体の首長や議会選での選挙権を付与。中央選管によると対象者は1万人余りで、多くは華僑だが日本人も10数人含まれる

 韓国政府が永住外国人の地方参政権付与に乗り出した背景には、日本で地方参政権付与を求める在日韓国人の動向もある。法案提出にかかわった野党議員は外国人の権益と人権保護以外に「在日同胞の権利向上を後押しする目的もある」と語る。


・・・あのさ、 1 0 数 人 ってなによ?????
韓国に住んでる日本人は、もっといっぱいいるはずですが・・・

で、おそらくこれを引き合いにして、日本で地方参政権よこせと在日の方々がアピールしてくると思われますが。
民潭の統計資料より。

6.在留資格別構成
特別永住者 471,756


つまり。
日本には、特別永住資格を持つ在日韓国人が、47万人強居るわけです。
年齢別構成によると、20歳以上の人は約86%なので、特別永住資格を持つ20歳以上の韓国人は、単純計算による推定で40万人強。
ほぼ全てが特別永住資格取得後3年以上でしょう。おそらく。

つまり
「 1 0 票 や る か ら 4 0 万 票 よ こ せ 」
というわけですな。



PS:どうでもいいですが、在日韓国人、無職率高すぎな希ガス。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 21:44| Comment(7) | TrackBack(0) | だめだコリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民潭の統計資料を見ると、学生や主婦も無職にカウントされているみたいですね。
それを考慮しても男性の無職者は29%くらいになりますが。
(女性は主婦数が不明のため算出不可能)
Posted by ばくさい at 2005年07月21日 16:00
アルバイトやパートや日雇いなんかも、無職にカウントされてる気もしなくもないですが、それでも多い気が。
Posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 2005年07月21日 18:46
民団は在日の人たちに支持されている団体ではありません。
在日の人たちと民団は別個ですがそれでは韓国の政府があまりに恥ずかしいということです。
Posted by 金 国鎮 at 2005年10月22日 23:55
もしそうなら、民潭とはまた別の、「まともな団体」でもお作りになったらいかがでしょうか。

それをやらない限りは、日本人の目から見たら、民潭≧在日韓国人 ですよ。
Posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 2005年10月23日 13:40
もっと良い方法は外国資本(北朝鮮・南朝鮮ではない)のメディアを日本と日本人が導入することです。
そして既存の日本のメディアと競争させることです。
金融・証券ではこの10年で大規模な改革が進んだと思います。
一般の日本人は外国語特に英字新聞を通じて情報をとることが不得意です。
それと日本人の人たちが気づいていないのは民族組織に関係する在日の一部(全体の3%位)は冗談ではなくて外国人が嫌いです。
特に白人がこのあたりが分かればと希望します。
Posted by 金 国鎮 at 2005年10月23日 15:21
付け加えます。
外国資本のメディアは日本語で日本人に向けて情報を発信します。
日本の大手のメディアの記者はサラリーマンであって本当に記事を書ける人たちは良くあることですがフリーになります。
その受け皿を多くすることが必要です。
日本人と日本語ができる外国人が働いているメディアは少数の英字新聞のみです。
これでは日本人には情報は届きません。
Posted by 金 国鎮 at 2005年10月23日 16:08
言いたいことはわからなくもないです。
閉鎖的なマスゴミをもっと解放して、たとえば外資を入れるなどして競争社会にすれば、良くなると。
おおむねその通りだと思います。
漏れも、時々、できない英語を駆使して英文メディアを読んだりするんですが、なかなかねー。といった部分があります。
もっとみんな、そういうことをすれば、日本も良くなるのではと思うんですが。

ところであなたは何人ですか?在日の方ではないようですが・・・
Posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 2005年10月23日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。