2005年07月30日

朝日新聞社内資料漏洩記事の執筆者と、「NHK報道」委員会との意外な関係

長いので、読みたい人だけ読んでください。
※最初の記事投稿時からタイトルを変更しました。
朝日社内資料、雑誌流出か…NHK改変問題の取材応答 (読売新聞 7/30)
 朝日新聞は29日夜、東京・築地の東京本社で緊急記者会見を開き、NHK番組改変報道問題で、同社の内部資料が流出した可能性が高いことを明らかにした。社内で今後、事実関係を調べるという。

 荒木高伸・広報担当ら3人が、午後11時から約20分間、会見した。

 それによると、8月1日発売の「月刊現代」(講談社)に「衝撃スクープ 証言記録を独占入手!」などのタイトルで掲載される記事の中で、朝日記者とNHKの松尾武・元放送総局長、自民党の安倍晋三幹事長代理、中川昭一経産相の質疑応答が、朝日新聞が今月25日の検証記事で掲載した一問一答の内容と酷似している上、より詳細になっていた。同社は、会見で、「講談社側の了解を得た」として、月刊現代の記事のコピーを配布したが、その内容が実際の一問一答と同じかどうかは答えなかった。荒木広報担当は「資料が外部に出たとすれば深刻に受け止めざるを得ない」と話した。

 会見では、具体的にどのような資料が流出した可能性があるのか説明せず、取材時の録音テープの有無については「明らかにしない」と答えた。朝日新聞はこれまでも録音テープなどについて、「取材の方法にかかわる事柄には答えられない」とし、NHKが同社にあてた公開質問状にも答えていない。

 朝日新聞では昨年8月、取材相手との約束に反して録音した取材中のやりとりを、別の取材先に渡していたことが発覚。その後、同社では取材内容の録音は相手の了解を得るのが原則としており、意に反した録音は禁じている。

NHK問題、「月刊現代」の記事 本社資料流出の疑い (朝日新聞 7/30)
 NHKの番組改変問題をめぐり、朝日新聞が取材したNHK元幹部らの「証言記録」を入手したとする記事が「月刊現代」(講談社)9月号に掲載されることがわかり、本社は29日、「社内資料の一部が流出した疑いがある」として社内で調査を進めることを決めた。同日夜、記者会見し、本紙7月25日付朝刊の報告記事に掲載された一問一答とかなり似ているため、などと理由を説明した。

 この記事は、ジャーナリストの魚住昭氏が取材・執筆。松尾武・元NHK放送総局長、中川昭一、安倍晋三両衆院議員の「証言記録」として、朝日新聞記者とのやりとりの形で記述がある。


えーと。
これって、よく考えたら、報道機関として、致命的なのではないでしょうか。

たとえば、漏れが朝日新聞の取材を受けたとします。
その取材内容の詳細が、知らないうちに、他の出版社に流れているわけです。
もし、「オフレコ」を含んだものだとすれば、これはもう「朝日新聞の取材には、紙面に載せてもいいような、当たり障りのないことしか回答できない」ということになってしまうわけですよ。

これがもし、「紙面に載せた物とほぼ同じ内容の、当たり障りのないもの」だとしたら、月刊現代がスクープにするはずもなく、朝日新聞が会見を開くこともないでしょう。
ということは、何らかの理由で「紙面に載せられなかった」かつ、「先日の検証ですら明らかにできなかった」内容を含むと思われます。
ま、普通の会社なら、社外秘扱いになる内容ですよね。

それを、他社に盗まれただけでなく、堂々と公開されてしまったわけですよ。

朝日新聞のやることは、講談社から了解を得て記事のコピーを配布することではなく、さっさと裁判所に行って、月刊現代9月号のの出版差し止めを行うことではないのでしょうか。

それをやらない限りは、「朝日新聞は、自社の情報が他社に漏洩することについて、危機感を持っていない」とみなされても、なにも文句は言えないと思いますが。いかがでしょうか。

ところで、この記事を書いた、「ジャーナリストの魚住昭氏」がどんな人物か、調べてみましょうか。

ガ島通信さんの、2005年2月5日の記事より。
月刊現代3月号に掲載されているジャーナリスト魚住昭氏の「NHK番組改変劇・暗黒の5日間」を読みました。詳しい内容は現代を読んでもらいたいのですが、個人的にはかなり?な内容でした。

『…NHK側が「若手議員の会」の動向を強く意識しながら番組改変を行ったことは間違いないだろう。普通の言語感覚ではそれを「政治的圧力による番組改変」と言うのであって、中川氏との面会が放送前だったかどうかとか、安倍氏がNHK側を呼びつけたかどうかといったことは、さして本質的な問題ではないと言っていい』

おいおい。
(以下略)

つまり、魚住氏は、この時点で「さして本質的な問題ではない」と一蹴したことと関連したことを、いろいろと調べ回って、結果スクープにしたということでしょうか?
おかしな人ですね。

そして、↑を読む限りでは、魚住氏は「安倍・中川・NHK」VS「朝日新聞・バウネット」側のどちら寄りかと言われれば、かなり後者の方に寄っているのだろう、と予想されます。

で、色々調べたところ、こんなのを見つけました。
2005/01/18 NHK問題に関する緊急記者会見と討論の会
「NHK問題に関する緊急記者会見と討論の会」取材のお願い

  NHKへの「政治介入」の問題など、テレビ・メディアの再生とジャーナリズムの覚醒に向けた緊急の記者会見と討論の会を1月18日(火)に下記の要領で開催します。メディアで活躍する10数名のジャーナリストや関係者がアピールを行います。ぜひ取材をお願いいたします。
  ※一般の方も入場できます。(入場無料 予約不要 先着順に受付)。
  ただし、会議室が満員になった場合は入場をお断りすることもございます。あらかじめご了承ください。

● 会見出席予定者(50音順)
魚住昭(ジャーナリスト)、岡本厚(「世界」編集長)、桂敬一(立正大学教員・日本ジャーナリスト会議会員)、北村肇(「週刊金曜日」編集長)、斉藤貴男(ジャーナリスト)、坂上香(映像ジャーナリスト)、坂本衛(放送ジャーナリスト)、篠田博之(「創」編集長)、下村健一(市民メディア・アドバイザー)、高橋哲哉(東京大学教員)、土江真紀子(TVディレクター)、服部孝章(立教大学教員)、広河隆一(ジャーナリスト・「DAYS JAPAN」編集長)、森達也(映画監督)、綿井健陽(ビデオ・ジャーナリスト)
※ 上記の方々以外にも参加を呼びかけています。
※ 出席者は事情により変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
● コーディネーター/呼びかけ人代表  野中章弘(ジャーナリスト)

●日時 1月18日(火)午後1時30分〜3時30分 (開場1時10分)
※1時から受付を開始し、1時30分には会見を始めますので、スムーズに準備できる
ようご協力をお願いします。
●会場 参議院議員会館第一会議室 電話03-3581-3111
     (地下鉄「永田町」「国会議事堂前」駅下車5分)
※国会にアピールする意味を込めて議員会館にて会見を行うことにしました。
※議員会館へ入館する際に通行証が必要です。会館入り口の階段脇にてスタッフがお待ちしますので、通行証を受け取って入館して下さい。

●問い合せ先  
アジアプレス東京事務所内  担当・綿井健陽
電話03-5465−6605 FAX 03−5465−6606

メンバーを見る限りでは、「討論」とは言ってもNHK寄りの意見を寄せそうな人はいませんね。
つまり、魚住氏は、少なくとも朝日新聞はともかく、NHK・安倍・中川サイドとは相対する立場を取られている、と判断して間違いないでしょう。

さらに。
アジアプレスネットワークに、この↑の記者会見の動画が上がってます。
そこで見てみました。

・・・
・・・
・・・

うわー!!!!

あの「涙の記者会見」で名を馳せてその後フェードアウトした、長井プロデューサーを思いっきり擁護しまくり!!!!!

で。

どっかで最近見たような気がするこの面子・・・

そうだ!!!
26日の記事で挙げた
メディア関係者、NHK問題に関する緊急記者会見 (インターネット新聞JANJAN 1/19)
これそのものだよ!!!!

ということは、さっきのアジアプレスネットワークの記事にも・・・

原寿雄(ジャーナリスト)
[顔写真]
(動画がご覧いただけます。)


うわー!!!!

え、えっと、つつつまりそのあの。

朝日新聞

原寿雄氏(朝日新聞内「NHK報道」委員会、元共同通信社員)←立場上取材内容を知りうる?

魚住昭氏(フリージャーナリスト、元共同通信社員)←今回の記事を執筆


・・・・そ、そそそんなわけないですよね!!!!!!アハハハハハハハハハ
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 16:40| Comment(4) | TrackBack(2) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。あらら、やっぱりこれはリー……いやいや、今は断定するのはやめておきましょう(笑)。なるほど、圧力はあったあったと騒ぐことで、そういう空気を薫蒸する作戦ですかね。

次は週刊金曜日や創あたりに、似たような記事が出て、今度は朝日新聞で「週刊金曜日や創などの、体勢におもねらない硬派のジャーナリズムからも、改変の圧力があったという意見が多く報道され……」とか、マッチポンプな事をやり出しそうな。

予断を持ってはいけませんが、「中川氏との面会が放送前だったかどうかとか、安倍氏がNHK側を呼びつけたかどうかといったことは、さして本質的な問題ではない」と言い放つ人の言説には、疑いと細心の注意を持って臨みたいと思います。
Posted by 土岐正造 at 2005年07月30日 18:06
次は朝鮮新報ですよ、きっと。
元共同通信社とくれば、同志社大学のあのお方が黙っちゃいませんぜw
Posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 2005年07月30日 19:01
原寿雄氏(朝日新聞内「NHK報道」委員会、元共同通信社員)←社長時代に自分の息子をコネ入社させたと聞きます。ググると、それらしいのが出てきますので、おそらく本当のことでしょう。こいつらは、他人には厳しいくせに。
Posted by とおりすがり at 2005年07月31日 08:18
コネ入社なんて、どこでも聞く話なので、そこは別にいいですけど

>こいつらは、他人には厳しいくせに。
というのには全く同意です。

マスゴミというのは、よそ様から批判を受けにくい分、腐敗しまくってる業界ですからね。
Posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 2005年07月31日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

朝日新聞NHK問題の内部資料流出か…ってことだけど
Excerpt: 朝日新聞、取材資料流出か NHK問題で  NHK番組改編問題についての朝日新聞の報道をめぐり、朝日新聞社内の取材資料とほぼ同じ内容の記事が8月1日発売の雑誌「月刊現代」に掲載されることが分かり、朝日..
Weblog: WHAT'S NEW PUSSYCAT!?
Tracked: 2005-07-30 17:19

朝日社内資料、雑誌流出か…NHK改変問題の取材応答
Excerpt: ソースは読売。 朝日新聞は29日夜、東京・築地の東京本社で緊急記者会見を開き、NHK番組改変報道問題で、同社の内部資料が流出した可能性が高いことを明らかにした。社内で今後、事実関係を調べるという。 ..
Weblog: Meuniere de maquereau et de champignon
Tracked: 2005-08-04 05:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。