2006年02月02日

ウリはヤスクニ神社なんか行かないニダ! ・・・えっ、青島ってヤスクニって読むんじゃないニカ?

イ・スンヨプ、巨人宮崎キャンプ恒例の青島神社参拝不参加 (朝鮮日報 2/1)
 1月31日、巨人の春季キャンプのため宮崎入りしたイ・スンヨプは、1日9時に行われた巨人選手団の青島神社参拝に参加しなかった。

 イ・スンヨプはホテルで待機し、参拝を済ませ帰ってきた選手らとサンマリンスタジアムに向かった。

 1日、イ・スンヨプの青島神社参拝不参加を伝えた韓国の聯合ニュースは、「当然の選択」「韓国の『国民的な打者』として日本の軍国主義の象徴である神社に訪問することはありえないことだ」と報じた。

 同日、韓国のニュース専門番組YTNは、神社参拝不参加でイ・スンヨプがチーム内で孤立するのではとの憂慮の声を伝えた。

朝鮮日報
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 19:31| Comment(3) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポスト清原 VS ポスト江藤

巨人のポスト清原は李vsディロン (ニッカンスポーツ 2/2)
 「実力至上主義」を打ち出す原巨人のサバイバルキャンプが1日、スタートした。中でもポスト清原をめぐる一塁レギュラー争いが、キャンプ初日からヒートアップ。新外国人の李承■内野手(29=ロッテ)とジョー・ディロン内野手(30=マーリンズ)が、初めて原辰徳監督(47)の前でプレーを披露し、ともに持ち味をアピールした。原監督は広角打法のディロン、大砲・李をともに高く評価。李には「(ヤンキース)松井を思い出した」と期待した。ポスト清原争いは激烈になりそうだ。

 2人の打撃を見るために、原監督はブルペンに移動する予定をキャンセルし、木の花ドームにとどまった。フリー打撃で李94スイング、ディロン81スイング。新戦力を初めて目の当たりにした原監督の口調は、自然と高ぶる。予定を変えただけの価値があった。

 原監督「ディロンは想像していた通りの打撃をしていた。スプレーヒッター的だね。上体が突っ込まないし、アベレージは残しそう李はタイプが全く逆。右中間に飛んだ打球は(ヤンキース)松井を思い出したね。王さんの記録を追い抜いたのも納得した。すごいパワー」。

 李のパンチ力が、原監督を興奮させた。打撃投手のボールをフルスイングすると、文字通りに一直線。特に引っ張った打球は、本塁打性の角度のまま、ライナーで、ドームを半分に区切るネットに突き刺さった。原監督は「王さんの記録を巨人のユニホームを着て破って欲しい。そうなるとクリーンアップでしょうね」と、中軸を任せる期待も口にした。李は「松井の方が全然レベルが上」と謙遜(けんそん)したが、打球は松井級の迫力だった。

 ディロンの存在も大きい。ややオープンスタンスに構えてから、小さな踏み込みで打つ独特のフォームは、安定感と適応力を予感させた。「感じよく振れればいいと思った」。初日とあって、ディロン本人も打撃内容には頓着しなかったように、破壊力は李に及ばない。それでも守備でアピールした。投内連係のバントシフトでは、全速力で打者にプレッシャーをかけた。「動きが堅実。内野手は堅実が一番」と原監督は攻守にわたる評価をした。

 実力至上主義を掲げる原監督が何より歓迎するのは、チーム内競争の激化だ。「少しディロンが遅れているかな」という原監督の言葉は当然、レギュラー競争の結論ではない。争いは始まったばかり。内なる競争が激しいほど、チーム力は高まっていく。【金子航】
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

通訳募集中

ハン板スンスレから仕入れたネタ。

求人情報 (グローバルキャリア.jp 1/31)
職種
☆★大注目☆プロ野球団での通訳のお仕事☆韓国語スキルを発揮したい方へ☆お待ちしています★☆

業種
ホテル・レジャ−業

仕事内容
【あの在京プロ野球団での通訳のお仕事!あなたの韓国語生かしませんか??】おなじみの超有名プロ野球団にて、韓国人選手と行動を共にし、日→韓、韓→日の通訳を担当していただきます。食事時や練習時、試合時にも同行していただくことが多々あります。春季キャンプ等で出張も多く発生します。興味のある方は是非お問い合わせください!

使用するソフト
その他特殊なアプリケーション/

対象言語
韓国語

必要語学スキル
韓国語、逐次通訳

対象者
対象言語での実務経験が3年以上/対象言語での実務経験が1年程度/対象言語がビジネス初級レベル/対象言語が日常会話レベル/

勤務地
東京23区内 / 丸ノ内線(池袋−荻窪) 大手町(東京都) 徒歩1分 

時給
2200

福利厚生など

勤務時間
9:00〜18:00

休日
土日

スタート日
即日

契約期間
長期(3ヶ月ごとの更新)


ちょwwwwwwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 08:19| Comment(0) | TrackBack(12) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッスル父さん

李、初日から全開 韓国56発男 キャンプ前日圧巻135スイング (スポーツ報知 1/31)
 30日夜に来日したばかりの李承ヨプ内野手(29)は宮崎到着後、さっそくフリー打撃を行い、正一塁手取りに向けてスタートを切った。

 乾いた打球音だけが響く。力強く、シャープにバットを振り抜いた。宮崎キャンプを翌日に控え、静まり返った木の花ドーム。その空間が、李承ヨプの情熱だけで満たされていく。重さ1000グラムを超えるマスコットバットを自在に操り、ティー打撃35スイング、フリー打撃は実に100スイングにも及んだ。強く、鋭い打球が、次々とネットに突き刺さっていった。

 「初めて宮崎には来ましたが、いい所ですね。気分もいい。今日の練習も良く出来たし、満足しています」いきなりとなるキャンプ前日のフルスイング。笑顔で振り返った李だが、胸中には強い危機感がある。03年に韓国プロ野球記録の56本塁打を記録、昨年ロッテで30本塁打を記録したアジアの大砲も、巨人では原監督の掲げる「実力至上主義」のもと、特別扱いは許されない。一塁はシュアな打撃を誇るジョー・ディロン内野手(29)との熾烈(しれつ)なポジション争いとなる。首脳陣からは外野起用案も浮上しているが、本人の希望はあくまで一塁。この日もファーストミットを着用し、70メートルの距離からキャッチボール。定位置争いを勝ち抜く覚悟を、行動で示した。

 新天地で、魂を燃やす戦友がいる。今季一緒にロッテから巨人に移籍した小坂誠内野手(32)と宮崎入り後、昼食をともにした。小坂もロッテ時代には遊撃として、大きな実績を誇っているが、巨人では横一線からの競争の最中にある。境遇は似たもの同士。談笑しながらも健闘を誓い合い、充実したキャンプにすることをあらためて決意した。

 母国の期待も、プラスに変える。この日の午後、李は宮崎空港に到着すると、のっけから韓国の報道陣に囲まれ、もみくちゃにされた。「巨人・李」が、どれほどの活躍を見せてくれるのか、大衆の関心は日に日に高まるばかりだ。宮崎での奮闘は、韓国で話題となるだけに、ハッスルしないわけにはいかない。「明日からのキャンプ、いいスタートが切れそうです」生存競争を勝ち抜き、宮崎の地でライオンキングがほえる。(加藤 弘士)

(・ヘ・) <スン、コーラ買ってきて
<丶;`∀´> <な、なんでウリが・・・
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(今年は)体調万全

巨人・李が宮崎入り即100スイング!正一塁手へ猛アピール (サンスポ 2/1)
な、な、なんとキャンプイン前日に“特打”だあぁぁ!! 巨人が1月31日、春季キャンプ地の宮崎に入った。補強の目玉でもある李承ヨプ内野手(29)=前ロッテ=はさっそく室内練習場で約1時間、100スイングのフリー打撃を行うなど、正一塁手へ猛アピールをした。



チームのだれよりも早く“キャンプイン”した。韓流大砲は宿舎に着くや、トレーニングウエアに着替え、室内練習場「木の花ドーム」へ移動した。

「初めて宮崎に来ましたが、いいところですね。非常にいい感じで、気持ちがいい」

準備運動を終えた李は、柳ブルペン捕手を練習パートナーに従え、キャッチボールを開始。ファーストミットを使用し、一塁への強いこだわりをみせた。キャッチボール後は30球のティー打撃。そして、フリー打撃では100スイング。ドーム内に乾いた打球音を響かせた。「キャンプに万全の体調で臨まない選手はプロではない」。来日時に豪語した強気なコメントに偽りはなかった。

日本への移動などで、ここ2日間は練習ができなかったために行った“前倒し練習”。正一塁手のライバルとなるジョー・ディロン内野手(30)=前マーリンズ=は、原監督にテンガロンハット2個の“お土産攻勢”を仕掛けたが、李は小細工ナシ。とはいえ、ディロンも米国からの来日翌日、時差ボケも関係なく練習した勤労男。今季の巨人の助っ人は、ひと味もふた味も違う。

「きょうの練習もよくできたし、満足しています。あした(1日)からのキャンプは、いいスタートが切れそうです」

異例のキャンプイン前日練習。あこがれの巨人軍のユニホームをまとい、キャンプ初日からその力をみせつける。

(湯浅大)


★韓国メディアもドッと

韓国メディアも大挙して宮崎に上陸。この日は韓国の新聞、テレビ5社が取材申請し、1日はさらに数社のテレビクルーが宮崎入りする。宮崎はリゾート地として韓国で人気の観光スポットのひとつ。宮崎空港にはソウルから直行便もあり、昨年は国別ではトップの5万人以上の韓国人旅行客が訪れた。県観光リゾート課では「活躍とともに、宮崎の情報もぜひ伝えていただければ」と“観光親善大使”としても李の存在に期待を寄せていた。

あんた、1年目は移籍騒動で調整不足だった、って、いつか言ってなかったっけ・・・
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レギュラー保障されません

原監督 レギュラーは白紙 (スポーツニッポン 2/1)
 すべて白紙からのスタート!3年ぶりに復帰した巨人・原辰徳監督(47)が31日、チームとともに春季キャンプ地の宮崎入り。宿舎でのミーティングでは1軍全選手を前にあらためてチーム内での競争を訴えた。

 2軍から豊田、二岡も加わり、総勢38選手を前にしての熱弁。恒例の宿舎ミーティングで、原監督は「自分の中では(ポジション、打順などは)すべて白紙だ。いいコンディションで、チーム内での競争を勝ち抜いてほしい」と強調した。かねて訴え続ける「実力至上主義」。強い者が勝つ。その単純かつ重要な考えを、キャンプイン前日にあらためて伝えることで闘争心をあおった。

 「ユニホームを着ている時は血液が沸騰するぐらい熱く戦うことが必要」。オフに断行した積極的な補強策がそのエネルギーとなる。新戦力の加入により、一塁は李スンヨプVSディロン、二塁は仁志VS小坂、中堅は矢野VS亀井など、ポジションごとに競争原理が働くようになった。もちろん豊田、野口、パウエルらが加わった投手陣の争いも過酷だ。「個性を持った選手たちがそろった。勝ち残った選手でチームをつくりたい」と原監督。あえて口にした「白紙」は、指揮官のチーム再建への意気込みの表れだった。

 さらにミーティングでは「今まで先輩たちが(巨人の)歴史を育ててきた。それに甘んじず、自分が動かして育てるのが現役の役目だ」と強調した。歴史を動かす1年。宮崎空港での歓迎セレモニーでは、1000人のファンを前に自ら「球春到来!」と宣言した。V奪回へ向けた原巨人の熱い1年が、激しい競争とともに幕を開ける。

 ≪辻内は風邪で体調不良≫巨人の高校生ドラフト1巡目・辻内崇伸投手(18)が31日、風邪による体調不良に陥ったと明かした。チームとともに宮崎入りしたが「きのう(30日)は死んでいました。熱が39度まで上がりました。今は楽にはなりました」と話した。報告を受けた神谷理学療法士は「練習参加は当日朝の状態を見て決める」とし、1日からのキャンプでは別メニューとなる可能性は高い。2軍視察も予定している原監督は辻内について「投げているところを見ていない。楽しみ。(状態次第では)紅白戦に投げさせることもある」としていたが、調整は遅れることになりそうだ。

 ≪小久保「フルメニューでいく」≫宮崎入り後、原監督らと宮崎神宮へ参拝したキャプテン・小久保も気持ちを引き締めた。「ひざも問題ないし、フルメニューでいくよ。ソフトバンクに負けないようにアピールしたい」と同じ宮崎市内でキャンプを行う古巣へのライバル心もチラリ。1日には全選手を前に所信表明を行う予定で「若手にもどんどん声を出すように言っていく」と話した。

 ≪李「40発100打点が目標」≫ロッテから移籍した李スンヨプが宮崎入り後、すぐに木の花ドームへ直行。1キロ近いマスコットバットを手にティー打撃35スイング、フリー打撃100スイングをこなした。前日に来日して「きょうも休むと3日連続で休んでしまうから」と説明したが、韓国の報道陣に対しては「40発100打点が目標。ロッテで2年やってるから、練習すればすぐに(チームに)なじめる」と話していた。

<ヽ`д´> <原監督、レギュラー保障はどうなったニカ・・・
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

スンヨプさん、ふたたび来日

今日もチラシから。あいかわらずエキサイト翻訳を元に適当翻訳。

イ・スンヨプ「今シーズンは100打点が目標」 (Daum 1/30)
「険しい道を歩んでいるが、1年後、この選択が正しかったと言うことを見せたい。シーズンで活躍した後、笑顔で帰ってきます」

日本一の名門球団の読売ジャイアンツに入団した、イ・スンヨプ(30)が、30日、宮崎キャンプ参加のために出国した。

メジャーリーグ進出という大きな夢のために、読売移籍を選択したイ・スンヨプは、「全ての準備は終わった」と、「春季キャンプから実力を発揮します」と、今季に対する強い自信を表明した。

イ・スンヨプは、31日、読売選手団とともに、春季キャンプが始まる、九州の南東地方の宮崎に移動して、1日から熾烈なサバイバルを行う。

−読売キャンプに参加する感想は。

▲読売と契約した後、効率的なトレーニングを行った。全ての準備は終わった。あとはグラウンドで全ての実力を発揮するだけだ。

−一塁のポジション争いに対する自信は。

▲一塁のライバルのジョー・ディロンより、私は日本野球の経験があるため有利だ。まずキャンプ序盤から印象付けるのが重要。ペースを上げて、紅白戦から真価を発揮したい。

−国内でのトレーニングはどのようなものだったのか。

▲十分なトレーニングのおかげで、スイングが良くなった。予定よりも多くのトレーニングを行ったし、満足な結果になった。去年よりもスイングがコンパクトになった。また体調も万全だ。

−今年はキム・ソングン監督のアドバイスを得られないが。

▲自分で解決できない場合は、(キム)監督に電話でアドバイスを求める。私が技術的に頼れる人は、監督しかいない。

−妻はいつ日本に来るのか。

▲妻(李松静)とウンヒョクは、新しい家(注・韓国国内の家?)に引っ越すため、2月中旬か末ごろに来るでしょう。

−今季の目標は。

▲特別な目標はない。ひとまず一塁のレギュラーを獲る。その後、100打点に挑戦する。

−今後のスケジュールは。

▲明日、選手団と宮崎に移動する。キャンプはあさってから参加する。そして18日にキャンプを終えた後、WBC(ワールドベースボールクラシック)参加のため、福岡に移動する予定だ。

−出国前の決意は。

▲今季が最後という気持ちでキャンプに臨む。今シーズン、成功することができなかったら、日本でもプレーできなくなるだろう。険しい道を選択したが、1年後に選択が正しかったと言うことを証明する。肉体的・精神的にも多くの準備をしたし、強靱になったと思う。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 08:22| Comment(4) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

小坂の中の人も大変だな

原巨人は戦闘集団!!エンブレムも一新 (ニッカンスポーツ 1/28)
 原辰徳監督(47)が27日、選手の合同自主トレを視察し、今キャンプでのチーム再建プランを明かした。投手はキャンプ中での実戦登板をノルマとし、野手は選手によって2ポジション以上を守らせる選手と、1つのポジションに専念させる選手に分けて守備強化をしていく。異例の「選手決起合同自主トレ」をみて「これで2月1日は高いレベルからスタートできます。選手の熱意に負けないように、こちらも強い熱意で臨みます」と熱い言葉。球団エンブレムも一新、原巨人が戦う集団に変身だ。

 コートも着ずに、原監督がナインの集まるグラウンドに降り立った。軽快にウォーミングアップをこなす選手たちの姿に、表情は明るい。「この時期になると、わくわくして待ち遠しくなるね」外国人選手以外の補強選手も参加した合同自主トレに満足そうな笑みを浮かべた。

 温和な表情が引き締まったのは、今キャンプの概要の質問を受けたときだった。すでにキャンプ初日でのブルペン入りを義務付けているが「投手は外国人選手とベテランは、多少の練習メニューの変更はあるけど、コーチとよく話し合って、ポイントポイントでこなしてもらわなきゃいけないものはやってもらう。キャンプ中の実戦登板は、必ずしてもらうよ」と実績ある選手や外国人選手に対しても、ノルマを与えた。

 チームの第一課題は投手陣の立て直しだが、野手陣に対してのプランも披露。「選手によっては、2つのポジションをやってもらう。どの選手にどのポジションをやらせたいかは、コーチに言ってある」と個人名は明かさなかったが、適性を見て判断していくつもり。近藤ヘッドコーチは「外野手は2つの位置を守れるようにさせる。レフト李、センター清水もあるよ」と攻撃重視の布陣と守備重視の布陣を編成し、選手のスキルとともに、チーム全体の層もレベルアップさせていく意向だ。

 昨年、右足首の骨きょく除去手術を受けた高橋由は完全別メニューで、右肩を痛めていた阿部も、患部の状態をみながら練習をこなす。「由伸も思ったより元気だね。慎之助も状態を見ながら捕手一本でやってもらう。捕手は4人いるし、第2の捕手の強化も課題だね」と体調面に不安のある選手もチェック。指揮官の頭の中には、再建計画がぎっしりと詰まっている。【小島信行】

つまり今季は、小坂がレフトとセンターも守るということですか?www
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

スンヨプさん、今シーズン目標を明らかにする

チラシ記事を翻訳してみました。翻訳はエキサイト翻訳をベースにてきとうに。

イ・スンヨプ 「40本・100打点・3割打つ」 (スポーツ韓国 1/24)
MLBを見据えた目標設定 ウッズとの対決にも勝利 5月26日東京ドームで「古巣」ロッテと始めて「対決」

「スンちゃん」 イ・スンヨプ (30 読売ジャイアンツ) は、今シーズンの目標を具体的に明らかにした。
イ・スンヨプはさる 23日のテレビインタビューで「40本・ 100打点・打率 3割を果たしたい」と「日本で成功するために必ず果たさなければならない数値」と力を入れて言った。

イ・スンヨプに 40本、100打点、3割は初経験だ。2004年、千葉ロッテのユニホームを着て日本プロ野球に臨んだイ・スンヨプは、去年30本、82打点、2割6分を記録した。 ホームラン・打点・打率すべてが最高記録だ。

目標どおり、イ・スンヨプが40ホームラン、100打点、3割を達成すると、今年のシーズンが終わった後のメジャーリーグ入りは順調となる。イチロー(シアトルマリナーズ)、松井秀喜(ニューヨークヤンキース)など、日本のトップクラスの打者は、メジャーリーグでも通じるという事実が立証されたからだ。

インタビューの途中で、イ・スンヨプが、3割より40本を特に強調したことは、韓国でホームランキングの競争をした タイロン・ウッズ(37 中日ドラゴンズ)をおおいに意識しただろう。

イ・スンヨプとウッズは、98年から 2002年まで韓国で一緒にプレーした。この間、イ・スンヨプは通算214本と、通算174本にとどまったウッズを上回った。しかし、日本ではウッズが圧勝をおさめた。ウッズは。去年はケガで活躍できなかったが、2003年・2004年にそれぞれ40本・45本で、2年連続セントラルリーグホームランキングとなった。

一方イ・スンヨプは、きたる5月26日、ホーム球場である東京ドームで、元のチーム・千葉ロッテマリンーズと対戦する。

日本野球機構(NPB)は、23日、ホームページ上でセントラルリーグ・パシフィックリーグ間のインターリーグ日程を発表した。読売は、5月9日に神戸でのオリックスとの3連戦を最初にインターリーグに突入し、6月18日東京ドームで開かれる楽天戦まで36試合を行う。

特に、5月26日から28日まで東京ドームで千葉ロッテとホームゲームを行なうのに相次ぎ、6月9日から11日までは、マリンスタジアムに遠征する。読売と千葉ロッテ間の今年のシーズン初対決は、3月19日のオープン戦だ。しかしイ・スンヨプが、アメリカで開かれるワールドベースボールクラシック(WBC) 本戦に参加するようになれば、日程が重なるため、対決が成り立つかどうかは未知数だ。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今季は本塁打量産(予定)

イ・スンヨプ、「小さなセ界」で本塁打量産か (朝鮮日報 1/24)
 読売ジャイアンツのユニホームを着ることになったイ・スンヨプにとって、セ・リーグはまさに挑戦の場。巨人のイ・スンヨプはトレードマークの本塁打増産に拍車をかけられるか。

 セ・リーグの球場条件からまずは期待できそうだ。セ・リーグ所属チームのホーム球場はフェンスまでの距離が短いところが多い。

 一般的な規模を備えたのが読売のホーム球場である東京ドーム(両翼100メートル、センター122メートル)と中日のナゴヤドーム(両翼100メートル、センター122メートル)位。東京ドームとナゴヤドームのフェンスの高さは4〜5メートルだ。

 イ・スンヨプは読売移籍の理由の1つとして、本塁打の可能性が高い東京ドームの環境を上げた。

 その他の球場はうまく芯で捉えることができれば、フェンス越えが期待できそうな雰囲気だ。

 ヤクルトのホームグランド神宮球場(両翼91メートル、センター122メートル)が目に付く。両翼までの距離が極端的に短く、失投は直ちに本塁打へとつながる。フェンスの高さを考慮しても、ホームランバッターなら一発狙いたくなるところ。

 広島市民球場(両翼91.4メートル、センター115.8メートル)もミニサイズ。イ・スンヨプが広島戦に出場する場合、期待しても良さそうだ。

 意外と横浜スタジアム(両翼94メートル、センター118メートル)も韓国の球場より小さ目だ。阪神の甲子園球場(両翼96メートル、センター120メートル)も大規模な観客席のため大きくみえるが、ビックサイズとはいえない。

 しかし、イ・スンヨプは控え目だ。

 イ・スンヨプは「球場が狭いから投手たちが生き残るため制球力を高めようと神経を使うでしょう。選球眼が要求される。正確にミートする打撃がカギ」と話した。

 もちろん、フェンスまでの距離がホームランに絶対的な影響を与えるわけではない。また、対戦する投手が変わるため、単純比較は難しい。

 しかし、規模が大きい上に向かい風まで吹き苦戦が強いられた千葉マリーンスタジアム(両翼99.5メートル、センター122メートル)の環境を考慮すれば、期待は高まる。

 イ・スンヨプは昨シーズン、ホームよりもビジターでの本塁打の方が多かった。とりわけ、セ・リーグとのインターリーグで12本の本塁打をたたき出し、強さをアピールしている。

だから1年目は千葉マリン限定打者で(tbs
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 07:56| Comment(7) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

スンヨプさん、億ションにご満悦

<野球>巨人、李承燁に豪華マンション提供 (中央日報 1/22)
日本プロ野球・読売ジャイアンツの李承燁(イ・スンヨップ、30)が「日本のビバリーヒルズ」と呼ばれる広尾の住民になる。巨人は日本最高の名門球団にふさわしく、東京・広尾のマンションを李承燁に提供した。

入団式を終えて20日に一時帰国した李承燁は「球団が提供してくれた新しいマンションに行ってみたが、部屋が3つあり、広さは40坪ほどあると思う。 新しい建物なので気に入ったし、セキュリティーもしっかりしているようだ」と紹介した。

このマンションの家賃は月1000万ウォン(約115万円)程度で、球団側が全額を支払う。 李承燁は「マンションのすぐ前に地下鉄の駅(広尾)があり、大通り沿いに商店街や銀行などが密集していて便利だ。 家から東京ドームまでは車で約20分ほど」と説明した。 韓国大使館など各国大使館もこの地域にあるという。

李承燁は千葉ロッテ時代、家賃300万ウォンほどのマンションに暮らしていた。 乗用車は昨年購入したベンツS500。

「ビザが出ればすぐに日本へ行く予定」という李承燁は、故郷の大邱(テグ)で1日1時間半のウェートトレーニングと練習を行いながら来季に備えている。

40坪。だいたい130平方mってとこですか。広いですね。

それにしても、通勤にはずいぶん不便な気がしますが・・・
え?ジャイアンツ球場じゃないって?w
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

できるならさっさとやれ

矢野、巨人・李封じに自信…攻略法は既に頭の中に (スポーツニッポン 1/22)
◆ 甲子園で自主トレ ◆

 阪神・矢野輝弘捕手(37)が巨人入りした李スンヨプ封じに自信を見せた。昨年の日本シリーズでは4試合で11打数6安打の打率・545、3本塁打と打ち込まれたが「きちんと投げられれば抑えられるんじゃないかな」と攻略法はすでに頭の中にできあがっている。

 21日は甲子園で自主トレを行ったが、右翼室内練習場を通った際にロッテの選手の名前が書かれてあるホワイトボードを偶然、目にした。第4戦の時のものがそのまま残されていたためだが「それはもう消しておこうよ」と名前に鋭く反応したためだったことは言うまでもない。

 ただ、連覇を狙う上で最大のライバルに指名したのも巨人だった。「小坂も入ったし、新しい外国人も入ったでしょ。他のチームは補強は大してしていない。何より監督が変わって、チーム全体の雰囲気も変わるだろうから」。FAで豊田と野口を獲得。投手陣を整備した部分は虎の正捕手には脅威に映る。それだけに、李をきっちりと抑えて大量失点は許さない。


・・・矢野さん、投手に責任をなすりつけてはダメですよwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

巨人は巨人でもオール巨人

巨人入りの李が吉本入り?!“超・美人妻”と新たな韓流ブームを (サンスポ 1/20)
巨人は19日、ロッテを退団した李承ヨプ(イ・スンヨプ)内野手(29)と正式契約し、都内のホテルで入団会見を行った。1年契約で契約金5000万円、年俸1億6000万円プラス出来高払いで背番号は『33』。巨人の選手としては初めて吉本興業からマネジメントを含めた全面サポートを受ける予定で、入団会見に同席した“超・美人妻”の李松静(イ・ソンジョン)さん(23)ともに、巨人で新たな韓流ブームを巻き起こしそうだ。



緊張するダンナをそっと見守る美人妻。2人は韓国から緊急来日し、都内で巨人と電光石火の契約を交わした。

「大変光栄です。巨人は幼いときからのあこがれ。チームは最近低迷しているようだが、優勝に貢献したい」

ロッテ時代から時間があれば巨人戦をテレビ観戦していたという熱血G党。世界の王貞治(現ソフトバンク監督)を目標に掲げ、韓国ではアジア記録の56本塁打も放った大砲。いわば、巨人入団は“運命”だった。

目指すのは開幕一塁スタメン。新外国人、ジョー・ディロン内野手(30)=前マーリンズ=との一騎打ちが予想される。ただ、この日韓国メディアも含め多数詰め掛けた会見で分かるとおり、注目度はロッテの比ではない。夫人の松静さんも少し心配そうに夫の晴れ姿を見つめていた。

「彼女もかなり心配している。巨人はメディアに多く露出するし、関心の中心だから」

李夫妻がポジション争い以上に(?)懸念するのがマスコミ対策。そこで現れた“救世主”が数多くのタレントやスポーツ選手のマネジメントを手がける吉本興業だ。

「以前からお付き合いがあるし、巨人でもできるだけサポートしたい。いずれは契約ということも念頭にあります」とはヤクルトOBで前メッツの石井らを担当する同社のスポーツマネジメント担当、小坂勝仁氏。

巨人では初の吉本プロデュース選手。ロッテ時代は“ヨン様”ならぬ“スン様”とファンに親しまれただけに、巨人移籍は大ブレークのチャンス。会見場に居合わせた同社関係者も全面バックアップを約束した。もちろん李だけではなく“美人妻”のSP役としても重要な役割を果たす。

WBC韓国代表でもあり、20日には帰国して地元の母校で自主トレを再開する。ロッテの初代アジア王者の立役者でもある李。新たな韓流ブームを老舗・巨人で巻き起こす。

(山田貴史)

★原監督エール「王さん抜いて」
会見に同席した原監督から「最高のニュース。大先輩でもある王さんの記録(55本塁打)を巨人でも抜いてもらうのが夢」と熱いメッセージを送られた李はすっかり感激。ただ西武に移籍した江藤、かつては長嶋元監督もつけた背番号『33』については「重い番号で期待を痛感します」。56本塁打も「それは少し難しいかも」と恐縮していた。

★同僚と別れ惜しむ…千葉マリンでロッカー整理
入団会見後、李はかつての本拠地・千葉マリンにロッカールームの荷物を整理するため姿を見せた。バットやグラブなどを運び出す途中、球場で自主トレ中の渡辺俊や里崎にバッタリ。里崎は「普通に話しただけです。(別れの)あいさつをしました」。球団スタッフとも握手を交わし、別れを惜しんだ。

★上原も大歓迎
エース上原も、アジアの大砲の加入に大喜び。昨年の交流戦では、5月24日の初戦に対決、パ・リーグ記録タイとなる「6試合連続本塁打」のかかった李を無安打2三振に抑えた。「力のある選手ですから来てくれるのはうれしい。味方ですからね!」と大歓迎していた。

(ジャイアンツ球場)

来季は吉本新喜劇ですか?それとも夫婦漫才?w
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:56| Comment(6) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スンヨプさんを知らない人のために説明

※このエントリは適当に思いつきで更新します。

スンヨプさんが巨人入りしたことで、「プンスヨってだれ?」みたいな声が、全国15万8千人((c)パンチ佐藤)のファンの皆様から挙がっていることだと思いますので、スンヨプさんについて軽く紹介したいと思います。

えーと、名無しさんにも創氏と改名さんの「真・スンヨプ伝説過去ログ」を見てください。以上。


・・・というわけにもいかないので、少し解説します。

てきとうに用語解説。試験に出るよー。


○ 隊長
スンヨプさんのロッテ時代のあだ名は、名前から「スンちゃん」。「チャン」は韓国語で「隊長(リーダー)」の意味があるため、2ちゃんねるなどではよく「隊長」と表現される。

○ ぷよムラン
「韓国の狭い球場であればホームランだったであろう外野フライ」を指す。
転じて、外野フライ全般に使われる。
ちなみにホームランは「柵越えぷよムラン」。

○ スカンドゴロ
スンヨプさんは左打ちの引っ張り専門のバッティングのため、セカンドゴロが非常に多いために、スンヨプさんの打つ二ゴロはこう呼ばれる。
また同様にファーストゴロもかなり多い。

○ スン振
スンヨプさんの三振のこと。
振り回すタイプの打撃スタイルのため、三振率は高め。
特に落ちる球に弱い。

○ スンダンス
スンヨプさんは内角に食い込む球が苦手で、極端にオーバーな避け方をすることから。
そのおかげで2年通算での死球数は、わずか4。(2004年に3つ、2005年に1つ)

○ 魔法
2005年シーズンで、ラッキーヒットや相手(守備側)のエラー等が多く生まれたことから。
ただしMPを溜めるには、スン振やエラーが必要らしい。

○ 降格打法
2004年シーズンに、スンヨプさんに打たれた投手がことごとく二軍行きになったことから、その名が付いた。

○ 秘打タイム
投手が投げる直前にタイムの動作を行ない、投手がびっくりして棒球を投げることを誘うもの。
2004年オープン戦で一度成功したが、その後は披露されていない。

○ センタースンヨプ
2005年春季キャンプで、はじめて外野守備練習を行なったときにセンターの守備についた。
しかしその後、試合でセンターの守備についたことは一度もない。

○ ムォ!イ〜
2004年シーズンに、オリックス戦での走塁時、ショートの斉藤選手と猛スライディングで交錯したときに発した言葉。
「なにぃ?この野郎」といった意味らしい。
ちなみにこの一件のおかげで、ゲーム「実況パワフルプロ野球」で「ゲッツー崩し」の特殊能力が付属している。

○ 肉王
スンヨプさんは肉好きで、食べ出すと際限がないことから。

○ がスドン
スンヨプさんが日本に来て、カツ丼を食べたところ、あまりのうまさに感激したことが韓国の新聞記事になったことから。
なんと禁止令が出たほどに食べたという噂。
ちなみにカツ丼との決定的な違いは、マジェマジェするかしないか。
なお、プロ野球板には、いまだに「李がHR打ったのでカツ丼を食べるスレ」が存在する。

○ 移送チョン氏
スンヨプの嫁さん、李松静(イ・ソンジョン)さんのこと。韓日翻訳でこう表示されてしまうため。
ちなみにハングル板スンヨプ伝説スレでは「しずちゃん」とか呼ばれている。
元モデルらしい細身の体型だが、かたや元モデルにも関わらずファッションセンスにはかなり疑問符。
ちなみに、日本ではビザの関係でモデル等の仕事は無理らしい。

○ ウンヒョク
スンヨプさんの長男(第一子)のこと。2005/8/12誕生。
ちなみに出産に立ち会うために、神戸から一晩かけて千葉までタクシーで行ったらしい。

○ もじもじするまろやかな羊
スンヨプさんの事を指す。韓国紙の韓日翻訳から。
元々は「迷える子羊」といった意味らしいが、気が小さいスンヨプさんにあまりにぴったりな表現のため、スンヨプさんの気性を表すときに使われたりする。
ちなみに、打順の中軸に据えるととたんに打てなくなったりするのはそのせいだと思われる。

○ チラシ
韓国の新聞のこと。
韓国紙は、飛ばし記事や記者の主観が入りすぎた記事が多数見られるため、こう揶揄される。
ウリナラチラシと表現されることもある。

○ プレイステーション2
スンヨプさんの趣味。韓国にいた頃から、かなりのゲーマーらしい。
また2005年オフには、韓国ソニーからPSPを2台プレゼントされた。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 02:02| Comment(2) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スンヨプさん、憧れの球団に入団す

李選手の入団が決定 (読売ジャイアンツ公式HP 1/19)
 読売巨人軍は19日、昨年千葉ロッテで活躍したイ・スンヨプ(李承よぷ=よぷは火へんに華)内野手の獲得を発表しました。背番号は「33」です。

 同日行われた入団会見の冒頭、李選手は、「幼いころから憧れていた巨人に入れて、とても光栄です。私を呼んでくれた皆さんのためにも最善を尽くしたい。シーズンが終わったら、選手たちと喜びを分かち合いたい」とあいさつしました。

 その後の質疑応答では「良い打撃を見せて優勝を勝ち取りたい」などとコメント。一方で、巨人OBの王貞治さん(現ダイエー監督)が打ち立てたシーズン本塁打記録の更新への意欲を聞かれると「ホームランに執着するよりも、与えられた条件の中でチームに貢献したい。優勝に寄与したい」と答えました。

 会見に同席した原監督は、李選手の入団を「現場を預かる監督として、これほど最高のニュースはない」と喜び、隣に座った李選手の顔を見ながら「体全体に迫力があり、顔もスポーツマンとしていい顔をされている。ジャイアンツファンも韓国のファンも大いに期待していると思うが、私はそれ以上に期待している」と賛辞を送りました。

 また、清武代表は「李選手と契約できて非常に幸運だ。打つだけでなく、律儀で野球に真っすぐな姿勢が巨人を変えてくれると思う」と話し、今年からアジア担当スカウトを置いたことなどにも触れながら、「『アジア元年』のスタートを切りたい」と意欲を示しました。

 李選手は1995年に韓国プロ野球のサムスンに入団し、2003年までの9シーズンで通算3割5厘、324本塁打948打点。本塁打王5度、打点王4度、最優秀選手5度。03年にはシーズン56号本塁打のアジア記録を打ちたてるなどの活躍で、「韓国の英雄」と呼ばれました。

 04年にロッテに入団後は2シーズンで通算2割5分1厘、44本塁打、132打点。昨年は、打率2割6分ながらも30本塁打、82打点をマークし、ロッテの31年ぶりの日本一に貢献しました。今月13日、ロッテを自由契約になっていました。

◆イ・スンヨプ
内野手・外野手 左投左打
生年月日:1976年8月18日
出身:慶北高校(韓国)
身長:183センチ 体重:85キロ

・・・スンヨプさん、メジャー志望じゃなかったの?www
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:10| Comment(11) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェルカム?スンヨプ

<野球>李承燁の巨人入りが確定…19日出国 (中央日報 1/18)
日本プロ野球の李承燁(イ・スンヨップ、30)が最高人気チーム、読売ジャイアンツへの入団を確定した。

李承燁は18日、国内マネジメントを行うJ’sエンターテイメントを通じて、「19日午前9時15分に金浦(キンポ)空港から日本へ向けて出発し、東京の読売球団事務室で入団契約書に正式サインする予定」と明らかにした。

これで李承燁は、韓国プロ野球選手では趙成珉(チョ・ソンミン、96−02年)、鄭珉哲(チョン・ミンチョル、00−02年)、鄭珉台(チョン・ミンテ、01−02年)に続いて読売のユニフォームを着ることになった。

李承燁は「契約事項については出国前のインタビューで明らかにする」と語った。

ほんとに決定なんすか?日本ではまだどこも報じてないけど・・・
つか19日ってもう今日じゃないですか。

球団事務所で「え?何の話?」とか言われないことを願いますw

「巨人の星」イ・スンヨプ、19日誕生へ (朝鮮日報 1/18)
 イ・スンヨプの読売ジャイアンツ移籍がほぼ確定した。

 イ・スンヨプは18日、マネジメントを担当するJ'sエンターテイメントを通じて「19日に日本に向け出国し、読売ジャイアンツの球団事務所で入団契約書にサインする予定」であることを明らかにした。

 これでイ・スンヨプは、張本勲、チョ・ソンミン、チョン・ミンチョル、チョン・ミンテに次いで読売ジャイアンツ5人目の韓国人選手となる。

 イ・スンヨプは2年目の昨シーズン117試合に出場し、打率.25980、30本塁打、82打点をマークした。

張さんが入るんだったら、内海(高校時代の同級生)が入団してきたとたんにクビになった、鶴賀気比高出身のも加えてあげないと。
もしかして差別ですか?w
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

グッバイ ボビー

李スンヨプのロッテ退団が決定 (スポーツニッポン 1/17)
 ロッテの李スンヨプ内野手(29)の退団が17日決まった。瀬戸山隆三球団代表はこの日、李の代理人から交渉打ち切りの連絡を受けたことを明らかにした。巨人が獲得の意思を示しており、巨人入りが有力となっている。

 ロッテは2年契約が満了した昨季終了後から契約更新を希望し、出来高払いを含む推定年俸2億5000万円を提示していた。だが、守備機会を増やすことを求める李との交渉が不調に終わり、13日に自由契約選手とした。

 李は昨季チームトップの30本塁打、82打点をマーク。ロッテは左腕セラフィニのオリックス移籍も濃厚で、戦力低下が懸念される。

・・・ということですが。

あとは、スンヨプさんが原監督に、梯子を外されないことを祈るばかりですwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

死して屍拾う者無し

【ロッテ】フランコらと契約更改 (ニッカンスポーツ 1/16)
 ロッテは16日、マット・フランコ内野手(36=米国)ヴァル・パスクチ外野手(27=米国)との契約を更改したと発表した。ベニーは2年契約で残留が決まっている。

 また瀬戸山代表は退団が確実となった李承■とオリックス入りが濃厚なセラフィニに代わり、新外国人投手2人を獲得する方針を示した。

※■は火へんに華

・・・あーあ。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金星根コーチがスンヨプさんに苦言を呈するの巻

金星根コーチがイ・スンヨプの巨人行き引き止めた3つの理由 (朝鮮日報 1/16)
 「巨人に行くな」

 千葉ロッテの金星根1・2軍巡回コーチが、イ・スンヨプの巨人移籍に待ったをかけていたことがわかった。金コーチは適応問題などいくつかの問題点を挙げて引き止めたが、イ・スンヨプの意思を変えることはできなかった。

 金コーチはイ・スンヨプからFA(自由契約選手)公示の前日だった12日に電話を受けた。イ・スンヨプは、千葉ロッテとの交渉放棄と巨人移籍の可能性を示唆して意見を求めてきたという。進路について相談する形だったが、事実上巨人行きに対して金コーチに了解を求めたのだ。 1年間そばで復活の手助けをしてくれた師に対する礼儀からだった。

 金コーチは「千葉ロッテ残留を公言しておいて突然移籍するというのは相手に対して失礼だ。信頼を損ない約束を破ればいつか後悔することになる。そう強調したが(イ)スンヨプの気持ちはもう向うに行ってしまっていた」と語った。昨シーズン終了後、移籍説が出た頃から金コーチはこれに否定的な立場だった。

 金コーチは思いとどまらせようと3つの理由をイ・スンヨプに伝えたと言う。

 1つめは、もう一度新たなチームに適応しなければならないという点。2年かかってなんとかチームの雰囲気に慣れたのに、また知らないチーム、しかも別のリーグに適応しようとすれば試行錯誤を繰り返すしかない。もちろん昨年セントラル・リーグとの交流戦で優れた成績をあげるなど活躍を見せた。しかし、36ゲームにすぎない交流戦とペナントレースはまた別物だ。見知らぬ選手たちと打ち解けるには時間がかかり、ストレスになるかもしれない。

 2つめの理由は、巨人は待ってくれないとうことだ。日本最高の名門チーム読売ジャイアンツは潤沢な資金力を誇っている。しかし光があれば陰もあるもの。成績至上主義に無限の競争を強調する巨人は我慢しない。選手の調子が悪ければすぐに新しい選手を獲得する。シーズン初めに印象に残る姿を見せられなければ切り捨てられる危険がある。

 3つ目は巨人に移籍した選手を見ると成功したケースが大してないということ。ニューヨーク・ヤンキースのように、巨人は他チームから最高の選手たちを受け入れてきた。しかしこれまで以前のチームにいた時よりも活躍する選手はいなかったという。主砲の清原(現オリックス)や江藤(現西武)、左腕投手の工藤(巨人)などが良い例だ。昨年イ・スンヨプと苦楽をともにした金コーチは「本人が切に望んで決めたのだから本当に一生懸命努力して必ず成功してほしい」と付け加えた。

『スポーツ朝鮮』

・・・なんかスゲーまともなこと言っててビックリ仰天ですたい。

「スンヨプさん巨人入りの是非」については、「マリンブルーの風」の、薫友さんに全部言いたいことを書かれてしまってるので、「漏れも同感です」としか言えないのですが。

金星根コーチの言ってることに対しても、全く同感です。

漏れの中の韓国人のイメージとしては、諺の「鶏口となるも牛後となるなかれ」の真逆を行くものだと思ってたのですが。
なので素直にびっくりしますた。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。