2005年12月12日

カラスが鳴くから帰ろう

東京新聞の「私説・論説室」から。

Uターンするのか (東京新聞 12/11)
 「男女がお互いの特性を認めつつ、責任を共有する『男女がともに支え合う社会』をめざします」

 十一月二十二日の自民党結党五十年大会で報告された新綱領に、こんな文言がある。

 男女の“特性”と、わざわざ表現するのは「男は仕事、女は子どもを産み育て、家庭を守る」と言いたいからなのだろうか。

 もし、そうだとしたら、政府が二十一世紀の最重要課題と位置づけている「男性も女性も、個性や能力を発揮できる男女共同参画社会」の形成を、根底から揺るがしかねない。

 伝統的な「男は仕事、女は家庭」などの「社会的性別」(ジェンダー)を見直そうとしているのに、なぜいま男女の特性などと言いだしたのか。

 総務省の労働力調査によれば、共働き世帯は全世帯の半数近くを占めている。平均月収は六十万円強、その四分の一を支えているのが妻だ(二〇〇四年「家計調査」)。

 学費や医療費などの家計が年々ふくらみ、もはや妻の働きなしに生活できない家庭が多いのが実態だ。

 男女の役割をあえて区別すれば、男性は過労死になるような長時間労働を強いられ、女性は仕事も家庭も子育ても介護も抱えることになりかねない。

 「思い切った少子化対策を進め、出生率の向上を図り…」と書いてある新綱領にも矛盾している。

 必要なのは家事・子育てへの男女共同参画だろう。男性も女性も午後六時には家庭に戻れるような社会環境をつくるために、意識や社会の構造改革をすることこそ、少子化対策になるはずだ。

 時代の流れを「Uターン」させてはならない。 (国保良江)

・・・・バカジャネーノ?


まずひとつ。
男女の特性を生かすことと、男女をすべて平等に扱うこと。この2点はまったく違うことです。

女性には、子供を生むという能力が備わっている以上、母性というものがあります。本能的に。
つまり、男性よりも女性のほうが子育てに適している。当たり前のことです。
だから、自然な流れとして「男は仕事、女は家庭」となってくるわけです。

もちろん、必要以上に、男だから女だから、とやっちゃいけませんが、男女の特性の存在を否定するということは、それは個性の否定ですよ。ほんとに。


ふたつめ。

「男性も女性も午後六時には家庭に戻れるような社会環境」?

ハァー?(マジャコング風に)

えっと、漏れ、第二次ベビーブーム世代です。
この世代の人ならわかるかと思いますが、漏れらの親世代は、そりゃ昼も夜も休日も、あくせく働いてたわけですよ。
でも少子化なんて起きなかったわけで。

ところが。
ジェンダーフリーとかで、女性が社会進出したとたんに、少子化ですよ奥さん。
直接の原因かはわかりませんが、現実にはそうなってるわけですよ。

というか、誰もが九時六時とかで働いてるわけじゃないんですけどね。国保さんとやら。
夜や夜中に働いてくれる人がいなかったら、世の中成り立たないわけですが。
どうよ。

とりあえず「先ずは隗より始めよ」という言葉もあることですし、東京新聞や中日新聞の社員の方を、六時で帰れるようにしたらどうでしょうかね。




あ、もしかして、この国保さんだけが自主的にやってるのかもしれないですね!wwwww
残業してる同僚を尻目に「少子化対策ですから」と、六時で帰宅wwww

というかこれは冗談のつもりで書いてるけどマジありそうな気がしてコワスwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 03:03| Comment(9) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

政治活動(実はアジビラ撒き)のためには人に迷惑をかけてもかまわないと主張するマスゴミ

今日の朝日の社説から。

ビラ配り有罪 表現の自由が心配だ (朝日新聞 12/10)
 自衛隊のイラク派遣に反対するビラを東京・立川の防衛庁官舎に配って住居侵入罪に問われ、一審で無罪となった市民団体の3人に対し、東京高裁が逆転有罪の判決を言い渡した。

 有罪とはいえ、懲役6カ月の求刑だったのに対し、量刑は罰金10万〜20万円だった。勾留(こうりゅう)日数の一部を金に換算して差し引くと、1人は払う罰金がゼロとなる。いったい何のための捜査、裁判だったのか。裁判官も有罪としながら、ためらいがあったのだろう。ビラ配りを「犯罪」に問うた無理が浮かび上がる。

 3人は「自衛官・ご家族の皆さんへ 自衛隊のイラク派兵反対!いっしょに考え、反対の声をあげよう!」などと書いたビラを各室のドアの新聞受けに入れた。逮捕され、75日間も留置場などに入れられた。

 3人が官舎に入ったのは、門扉のない出入り口からで、他の配達員も立ち入る共用部分だった。一審判決はそう認定して、「刑事罰に処するほどの違法性は認められない」と判断した。常識的な見方だろう。

 一方の二審判決は、官舎を管理する自衛隊幹部らが居住者に「反自衛隊的なビラの配布を見かけたらすぐ110番通報を」という文書を配ったりしていたことを詳しく述べた。これらから、問題のビラ配りがいかに官舎の管理者らの意思に反していたかを強調している。

 だが、処罰するほどの違法性があったか、という肝心の点では、「表現の自由が尊重されるべきものとしても、そのために他人の権利を侵害してよいことにはならない」などと、あっさり述べただけだ。形式論という印象がぬぐえない。

 最近はインターネットによる情報発信もふえたが、普通の市民にとってビラ配りは身近な表現手段として大きな意味を持つ。息子の交通事故の目撃者を探すビラ、NPOや地域活動の案内ビラ。それらも、目くじらをたてれば、自由に配ることはむずかしくなるだろう。

 イラク派兵反対などを訴えるビラについては、一審判決が「政治的表現活動の一態様で、民主主義社会の根幹を成す」と、高い価値を認めた。ビラ配りによって一部の住民が不快感を感じるにしても、社会的な表現手段を認め合うことの大切さは否定できない。二審判決では、こうした考慮が感じられない。

 立川の事件後、ビラ配りでの逮捕が相次いだ。神奈川県横須賀市や愛知県小牧市では、市民団体が防衛庁官舎にビラを配るのをやめた。市民の萎縮(いしゅく)が広がっている。

 一方で、そうした流れに抗するようにビラ配りの自由を求める市民集会や、ビラ配りでの勾留請求を裁判所が却下する例も相次いでいる。

 今回の有罪判決が表現の自由を閉ざす方向に働かないか、心配だ。

 被告側は上告した。市民の表現の自由に十分に配慮した判断を示すことを最高裁に期待したい。

たまには小姑のようにいちいちツッコミ入れてみます。

 有罪とはいえ、懲役6カ月の求刑だったのに対し、量刑は罰金10万〜20万円だった。勾留(こうりゅう)日数の一部を金に換算して差し引くと、1人は払う罰金がゼロとなる。いったい何のための捜査、裁判だったのか。裁判官も有罪としながら、ためらいがあったのだろう。ビラ配りを「犯罪」に問うた無理が浮かび上がる。

何が言いたいのかわかりません。
裁判官は、「罰金10万〜20万円」の罪が相当だと判断したから、そう判決を下したわけでしょ。
もしかして朝日さんは、「裁判官は本当は無罪だと思ったんだけど、何らかの理由で有罪にせざるを得なかったから、有罪としながら罰金10万〜20万円という低い額にした」
とでも言いたいんでしょうか。
それは、司法に対する侮辱以外の何でもないんですが。

 3人が官舎に入ったのは、門扉のない出入り口からで、他の配達員も立ち入る共用部分だった。一審判決はそう認定して、「刑事罰に処するほどの違法性は認められない」と判断した。常識的な見方だろう

つまり朝日新聞の常識では、共用部分なら部外者が出入りしてもかまわないと。
もっとも、それはそうですよね。マスゴミとしては。
これが認められなかったら、人の家に押し掛けてインターホン越しにインタビュー、なんてことができなくなってしまいますからね。

 だが、処罰するほどの違法性があったか、という肝心の点では、「表現の自由が尊重されるべきものとしても、そのために他人の権利を侵害してよいことにはならない」などと、あっさり述べただけだ。形式論という印象がぬぐえない。

冒頭で「1人は払う罰金がゼロとなる。」とか書いたばかりでしょ。処罰とはいえど微罪だと自分で言ってるのに、処罰自体が良くないとでも。
悪いことをしても、それをきちんと反省すればいいんですよ。
何が悪いんだ、弾圧だ差別だ、と叫ぶから、処罰されるんでしょ。

 最近はインターネットによる情報発信もふえたが、普通の市民にとってビラ配りは身近な表現手段として大きな意味を持つ。息子の交通事故の目撃者を探すビラNPOや地域活動の案内ビラ。それらも、目くじらをたてれば、自由に配ることはむずかしくなるだろう。

>息子の交通事故の目撃者を探すビラ
普通、電柱とかに貼ってあります。
>NPOや地域活動の案内ビラ
普通、駅とか役所とかに置いてあります。

漏れはマンション住まいですが、少なくともこの二種に関しては見たことありません。

イラク派兵反対などを訴えるビラについては、一審判決が「政治的表現活動の一態様で、民主主義社会の根幹を成す」と、高い価値を認めた。ビラ配りによって一部の住民が不快感を感じるにしても、社会的な表現手段を認め合うことの大切さは否定できない。二審判決では、こうした考慮が感じられない。

つまりビラ配りが迷惑だと感じる人がいても、別にそんなの知らないよと。そんなの一部でしょと。
朝日新聞さんはそう主張するわけですね。

 立川の事件後、ビラ配りでの逮捕が相次いだ。神奈川県横須賀市や愛知県小牧市では、市民団体が防衛庁官舎にビラを配るのをやめた。市民の萎縮(いしゅく)が広がっている。

ここ大事なところです。

朝日さん、なんであなたが「市民団体が防衛庁官舎にビラを配るのをやめた」なんてことを知ってるんですか。
たとえば、漏れが今日、駅前でビラを配ろうとしたけどやめた、なんてことが仮にあったとしても、朝日新聞さんが知るわけないですよね。そんなこと。

ということは、その市民団体とやらは、朝日新聞とズブズブで、そこから情報が流れてきていると言うことではないんですか。朝日さん。

 今回の有罪判決が表現の自由を閉ざす方向に働かないか、心配だ。

なりません。
ちゃんと許可を取って表現してください。それだけです。
それに、この社説に書かれているわけですが、インターネットによる情報発信という手もありますよ。

 被告側は上告した。市民の表現の自由に十分に配慮した判断を示すことを最高裁に期待したい。

つまり無罪にしろというわけですね。
朝日新聞って、そんなに偉いんですか。最高裁の判決が左右されるくらいに。

参考:
中日新聞社説「何と息苦しい世の中か
北海道新聞社説「反戦ビラ配布*表現の自由が失われる(12月10日)
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 16:18| Comment(0) | TrackBack(2) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

今日も靖国フラグ

靖国神社、生存の男性を合祀 遺族の訴えで取り消し (朝日新聞 12/8)
 戦没者の名を記した靖国神社の名簿に、この夏、訂正が施された。太平洋戦争で死んだはずの韓国人男性が、実は戦後も生きていたことが、遺族の訴えで分かったからだ。

 東亜日報東京特派員の趙憲注(チョー・ハンス)さん(45)は赴任前の02年1月、韓国政府の記録保存所で、父炳根(ビョン・グン)さんの「旧海軍軍属身上調査表」を偶然見つけた。「西山炳根」と日本名で書かれていたが、本籍地や生年月日などから父と分かった。

 調査表には、「43年1月 ニューギニア方面で軍事施設工事中戦死」と記され、59年10月17日付で「靖国神社合祀(ごうし)済」と印が押されている。旧厚生省が93年に韓国政府に渡した資料に含まれていたとみられる。

 憲注さんによると、炳根さんは実際は連合軍の捕虜として生き延びた。46年に帰国し、2003年に83歳で亡くなった。

 憲注さんは今年7月、在日韓国大使館を通じ靖国神社に合祀取り消しを求めた。神社側は憲注さんが示した記録を確認し、合祀した人たちの名前を載せた「祭神簿」の炳根さんの欄に、斜線を引いて「生存確認」と書き添えた。靖国神社は大使館あての文書で、故人と、その家族に謝罪した。

 ただ、靖国神社は祭神簿を事務上の名簿と説明する。朝日新聞の取材に対し、宗教的に重要とされる「霊璽簿(れいじぼ)」と呼ばれる名簿も訂正したかどうかは、「信仰にかかわるので、詳しく申し上げることは控えさせていただきます」と答えた。

 憲注さんは「靖国にもメンツがあるだろうから、祭神簿の訂正だけでも大変なことだ。植民地の苦しみを味わった人々のことを考えるなら、日本の軍国主義と結びついた靖国神社にまつられた台湾と朝鮮の犠牲者の合祀取り消しこそ、行うべきだ」と話す。

 国立国会図書館がまとめた資料に、靖国神社に合祀された旧植民地の台湾と朝鮮の出身者数がある。75年の時点で計4万8000人を超えている。

つまり、旧植民地の台湾・朝鮮出身だったから、戦死扱いにされてしまった、と言いたいんですかね?
この趙さんは。

さて、同じ朝日新聞の、地方版より。
【基調講演】 (朝日新聞 福岡版 8/23)
「率直に話すことが友情育む」
 東亜日報東京特派員  趙 憲注(チョーハンス)さん(46)


 私は記者として、これまでに日本の32都道府県を訪ねた。福岡は最も好きな地域の一つだ。


 00年には1カ月間、九大韓国研究センターへ招かれた。その時、学内の人から九大への批判を何度も耳にした。だが、その言葉には大学への愛情が感じられた。東京に比べて、率直に話せる土地柄だと思った。


 日韓の間も、本当の友情を育むためには、みなさんのように直接話し合った方が良い。批判をすれば、反論がある。その中に単語一つでも得るものがある。未来志向で意見を交換してほしい。


 私の息子も現在、日本の大学2年生だ。今夏、北京大学へ留学する。


 私の姓「趙」は中国がルーツだ。約千年前、当時の高麗に移り住んだ。その子孫が今、日本に住み、千年ぶりに中国へ帰る。そう考えると、国籍や民族とは、アジアでどれだけ意味があるのか。


 これからのアジアの平和を考えると、言葉が大切だ。息子の世代には、韓・日・中・英の4カ国語くらいを自由に話せるようになってほしい。


 その上で私が韓国、息子は中国、その妹は日本に暮らすような生活もいい。夢のようだが、30〜40年たったら、現実になっているかもしれない。


 私の父は旧日本海軍に徴用された。44年に連合軍の捕虜となり、約3年間を収容所で過ごした。


 その間、行方不明者として「戦死」とされた。そのため、父は今も靖国神社に合祀(ごうし)されている。


 私はそのことを00年に取材中、偶然知った。そうした記録をこれまで知らされてこなかった。本来なら政府側が一人ひとり訪ね、伝えるべきではないのか。


 だから、私には戦争責任が、過去の話ではなく、現在も続く問題だと感じられる。


 福岡には韓国の国民的詩人、尹東柱(ユンドンジュ)(1917〜45年)の詩を読む会がある。尹は治安維持法違反容疑(独立運動)で逮捕され、福岡で獄死した。


 ある大学教授が、かつて自宅近くの刑務所で若い詩人が亡くなったことを知り、会の結成を呼びかけた。教授らは、いつか福岡に詩碑を建てたいと願っている。尹個人を悼むだけでなく、昔ここであった事実を認め、伝える碑となるだろう。


 そのように歴史の事実を認める勇気が日本人には必要だ。そうした勇気に、韓国人は敬意を表し、拍手を送るだろう。


・・・単に行方不明だったから戦死扱いになってただけじゃねーかYO!
そのことと、「台湾と朝鮮の犠牲者の合祀取り消し」と、いったい何の関係が??????

ま、朝日的には、単純に真珠湾攻撃の日に合わせて、靖国フラグ立てただけなんでしょうけどねwww
べつに「ニュース」として報じるほど、速報性がある内容じゃないし。


というか、この趙さんの年齢が、46歳から45歳に減っているのはどうしてなんでしょうか、朝日さん・・・
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

たまたま同じ言い回しだった朝日新聞社説

朝日新聞の社説より。

また女児殺害 大人が懸命に守らねば (朝日新聞 12/3)
 またしても幼い少女がむごい姿で発見された。

 広島市の小学1年生の女児に続いて、栃木県で行方不明になっていた女児が茨城県の山林で遺体で見つかった。

 遺体には胸などを刺された跡がいくつかあった。抵抗するすべもない女の子を傷つける犯人の姿が浮かび、その残虐さに憤りを抑えられない。

 今回の犠牲者も小学1年生だった。友だちと別れて、ひとりで下校するところを何者かに狙われたらしい。被害者の無防備な姿が広島の事件と重なり合う。

 少女の通学路は2キロもあり、人気のない場所が多い。雑木林や田畑を縫ってひとりで自宅を目指す少女は、絵本やアニメならともかく、現実の社会で自分がだれかに襲われることなどまだ想像すらできなかっただろう。

 小学生を狙った犯罪は近年絶えることがない。「安全に気をつけて」「知らない人にはついていかないで」。そんな通り一遍の注意ではもう子どもを守ることができない社会になってしまったのかもしれない。

 広島では容疑者はたまたまペルー人だった、子どもを狙う犯罪には国籍の差などなく、都会と地方との差もない。

 それなのに、諸外国の取り組みに比べると、日本はこれまで子どもを狙う事件を軽く扱いすぎてきたきらいがある

 子どもに対する犯罪は常習化する。刑務所などの矯正施設では、治療プログラムを早急に充実させてほしい。

 子どもを狙う犯罪者には、性的な動機が少なくない。改正された刑法で強制わいせつの法定刑は7年から10年に引きあげられたが、それで十分かどうか検討する必要があるだろう。

 地域社会が知恵を出し合って子どもを守ることも大切だ。子どもに声をかけて歩くような不審者がいたら、その情報を地域で共有する仕組みを広めたい。

 特に細心の注意をしなくてはいけないのは下校時である。今回の女児は防犯ブザーを持っていたが、被害を防ぐことができなかった。

 通学路が遠く、大人の目が届かない場合には、幼稚園や保育園で使われているような送迎バスを用意するなどの対策を取るべきだ。

 保護者の視線ではなく、犯人の視線に立って、子どもたちの通学路を再点検する。そのうえで、危なそうな通学路の要所要所に大人が立つ。そうした工夫が欠かせない。

 人手が足りないなら、在校生の父母だけでなく、ボランティアを広く募ればいい。通り沿いにある企業や商店にも協力を呼びかけたい。

 これまで日本は世界でも珍しい安全な社会として、外国から驚嘆のまなざしを向けられてきた。しかし、そんな時代は過ぎ去った。残念ながら、認識をそう改めるほかない

 子どもを守るためには、あらゆる手立てを惜しむべきではない。


あれ?なんかつい2日前くらいに、こんな社説見たような気が・・・wwwww

というか、こういう「自称・知識人」というのは、どうして「日本が・・・」とか「日本は・・・」とかいう言い回しが好きなんでしょう。

ひどいときは、「日本人は〜だからダメなんだ」とか言うわけですよ。じゃあおまえはいったい何人なんだとw


で、朝日さん、日本は「世界でも珍しい安全な社会」ではなくなった、と仰るのなら、警察官を増員したりとか、共謀罪の成立を目指したりとかしないといけないと思いますが、ちゃんと紙面で提言していただけるんですよねwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 18:19| Comment(0) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

外国人犯罪に優しい朝日新聞

きょうの朝日新聞社説より。

女児殺害 日系人逮捕という衝撃 (朝日新聞 12/1)
 広島市の小学1年生の女の子が下校中に殺された事件で、日系ペルー人の容疑者が逮捕された。通学路沿いのアパートに住む30歳の男だった。

 本人は容疑を否認しているというが、広島県警はわいせつ目的で自宅に連れ込んだ疑いが強いと見ている。

 男は「ペルー国籍の日系人」と話している。昨春、来日し、三重県の自動車部品工場で働いていた。今年夏に広島県の自動車部品工場に移ってきた。ところが、無断欠勤やけんかが多く、10月に退社した。11月になって、今のアパートに引っ越してきたという。

 女の子はこの夏、千葉県から引っ越し、2学期から通学を始めたばかりだった。事件当日、男の自宅前で男に話しかけられているのが目撃されていた。それから段ボール箱に入れられて見つかるまでの1時間半で、凶行は起きた。

 なぜ、幼い子どもを無残に殺さなければならなかったのか。子どもの恐怖と無念さ、家族の悲しみを思うと、言葉を失ってしまう。

 犯罪の立証は今後の捜査を待たなければならないが、警察の見立て通り、性犯罪のために自宅に連れ込んでいたとすれば、いっそうやりきれない。

 性犯罪者は犯行を繰り返しがちだ。1年前に奈良市の女児を殺した男は、2度の前歴があった。こうした反省から、幼い子どもに対して性犯罪を犯した服役者については、法務省が出所情報を各地の警察に提供するようになった。

 日本人であれ、外国人であれ、警察が性犯罪の前歴をつかんでおくことは大切だ。外国人の場合は、どのようにチェックできるのか。あらためて考える必要があるだろう。

 今回の事件では、日本に働きに来た日系人の社会に衝撃と困惑が広がっている。逮捕された男の近くに住むブラジル人は「これから住みにくくならないか心配だ」と話している。

 日本に住む外国人労働者は昨年末で約80万人にのぼる。このうち日系人は23万人と3割近くを占める。1990年の入管法改正で、日系人には単純労働での入国が認められ、来日が急増した。

 日本人の中には、外国人をこのまま受け入れ続けていけば、犯罪が増えると心配する人が少なくない。今回のような事件が起きれば、なおさらかもしれない。

 しかし、今回の犯行は、たまたま容疑者が外国人だったにすぎない。事件と短絡させて、各地でまじめに暮らしている日系人や外国人への偏見をふくらませてはなるまい。

 逮捕された男は日本語をあまり話せなかった。妻と幼い2人の子をペルーに残しての来日だった。

 日本でどんな暮らしをしていたのか。日本社会はどのように受け入れていたのか。犯行の動機とともに、こうした解明も欠かせない。「だから外国人は」といった偏見を増幅させないためにも、男の境遇を詳しく調べる必要がある。


なんでしょう、コレ。
なんで朝日新聞って、外国人に対しては、どうしようもないくらい寛容なんでしょうね。

自衛隊員の犯罪だったらどんな軽微な事件でも紙面に載せる朝日新聞さん、次からは「たまたま容疑者が自衛隊員だったにすぎない」とでも書いてくれるんですよね!w

ちなみに、このピサロ容疑者、偽装日系人の疑いもあるのですが、見出しに「日系人」とか堂々と載せちゃって大丈夫なんでしょうか。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 13:03| Comment(0) | TrackBack(2) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

隠したつもりが隠れてません

1億8千万円所得隠し パチンコ店社長逮捕 神戸地検 (神戸新聞 11/29)
 パチンコ店経営会社(神戸市灘区)が約一億八千四百七十万円の所得を隠し、法人税約五千四百万円を脱税したとして、神戸地検は二十九日、法人税法違反の疑いで、同社社長(42)=同市灘区宮山町=を逮捕、大阪国税局と合同で同社や金容疑者の自宅など八カ所を家宅捜索した。

 調べでは、同社は二○○三年十月期までの約二年間に、売り上げを管理するコンピューターのデータを改ざんし、収入の一部を除外して税務申告。実際には約一億八千七百十万円の所得があったのに約二百四十万円しか申告せず、約五千四百万円を脱税した疑い。

 隠した所得は従業員名義の複数の預金口座に振り込まれていたとみられる。容疑者は全面的に否認しているという。

 関係者によると、クレドは○二年一月設立。JR六甲道駅南側で、パチンコ台とパチスロ台が計三百八台あるパチンコ店「バグジー」を経営している。出玉を良くし、パチンコ玉やパチスロメダルの換金率を高く設定することで業績を伸ばしてきたとされる。○三年十月期の売上高は約五十五億円だったという。

神戸新聞さん、突然出てくる「金容疑者」って、いったいどこの誰ですかwwwww

脱税でパチンコ店社長逮捕 神戸、1億8000万所得隠し (産経新聞 11/29)
 パチンコ店経営会社「クレド」(神戸市灘区)が約1億8470万円の所得を隠し、法人税約5400万円を脱税したとして、神戸地検は29日、法人税法違反の疑いで、同社社長の金浩二(きん・こうじ)容疑者(42)=同市灘区宮山町=を逮捕、大阪国税局と合同で同社や金容疑者の自宅など8カ所を家宅捜索した。

 調べでは、同社は2003年10月期までの約2年間に、売り上げを管理するコンピューターのデータを改ざんし、収入の一部を除外して税務申告。実際には約1億8710万円の所得があったのに約240万円しか申告せず、約5400万円を脱税した疑い。

 隠した所得は従業員名義の複数の預金口座に振り込まれていたとみられる。金容疑者は全面的に否認しているという。

 関係者によると、クレドは02年1月設立。JR六甲道駅南側で、パチンコ台とパチスロ台が計308台あるパチンコ店「バグジー」を経営している。出玉を良くし、パチンコ玉やパチスロメダルの換金率を高く設定することで業績を伸ばしてきたとされる。03年10月期の売上高は約55億円だったという。(共同)

元記事と思われる、共同通信の記事では、ちゃんと本名載ってるんですけどねーw
なんで神戸新聞だけ、「同社社長」に変わってるんでしょうね。教えてエロい人。


で、我らが朝日新聞はというと。

パチンコ会社代表を5400万円脱税の容疑で逮捕 (朝日新聞 11/29)
 法人税5千万円余りを脱税したとして、神戸地検特別刑事部は29日、神戸市灘区のパチンコ店経営会社「クレド」の代表取締役関敬瀧容疑者(42)=同区宮山町2丁目=を法人税法違反の疑いで逮捕し、大阪国税局と合同で会社事務所や自宅などを捜索した。

 調べでは、関容疑者はパチンコ店を開店した02年4月から03年10月までに、売り上げの一部を除外するなどして、約1億8500万円の法人所得を隠し、法人税約5400万円を脱税した疑い。同容疑者は容疑を否認しているという。

ま、予想通りっすねwwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

×「加熱取材」 ○「報道被害」

小1女児殺人:過熱取材対策で報道申し合わせ (毎日新聞 11/24)
 広島市で小1女児が段ボール箱に入れて放置され、殺害された事件で、広島県内に取材拠点を置く新聞社・通信社・放送局計16社でつくる県編集責任者会は23日、「取材・報道の使命の重要さを認識するとともに、被害者家族をはじめ周辺住民、学校など関係者の心情やプライバシー、人権に配慮し、節度をもって取材・報道に当たる」ことを申し合わせた。事件の被害者宅周辺などでメディアスクラム(集団的過熱取材)が起きるのを、未然に防ぐための対策

 22日には女児の父親、木下建一さんと親族一同が、県警を通じて、現在の心境とともに取材自粛を申し入れた。

 木下さんらの申し入れ全文は次の通り。

 私達は、今回の出来事で大変胸を痛めております。

 私達は、あいりを静かに見送りたいと思っています。

 敷地内への立ち入りをお控えいただければと切に思います。また、私たち家族、親せきやご近所の方々、学校、幼稚園などへのインタビューや撮影をご遠慮お願いしたいと思います。 

 どうか、何卒(なにとぞ)よろしくお願い致します。




いや、それ、どう見ても未然に防げてないですから。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なあに、かえって免疫力がつく(免疫力以外に関しては保証しません)

東京新聞のコラム「筆洗」より。

源平富士川の合戦でもあるまいに、鳥の羽音に驚くような、最近… (東京新聞 11/24)
 源平富士川の合戦でもあるまいに、鳥の羽音に驚くような、最近の鳥インフルエンザ騒ぎを苦々しく思っていた。そこへ今回のタミフル騒動だ。パソコンまでが「民降る」と誤変換するほどの情報パニックから、そろそろ醒(さ)めてはどうか▼今回の騒ぎは、米食品医薬品局(FDA)が副作用で死亡した十六歳以下の服用者十二人は全員が日本人だったと発表したのがきっかけ。本紙特報面によれば、スイス・ロシュ社の調査で、過去五年間にタミフルの処方を受けた日本人は二千四百万人、世界の77%を占め、子どもへの処方量では日本は米国の十三倍だった▼医師も患者も、日本人の薬好きにはあきれるが、タミフルは本来インフルエンザ発症後の治療薬。それをこんなに大量に“予防内服”に使えば「免疫力が弱まって耐性タイプの新型ウイルスをつくりかねない。とんでもない話だ」と専門家も指摘している▼厚生労働省はタミフルの備蓄目標を従来の一・七倍、二千五百万人分に増やしたが、世界各国が必要とする時にこの大量消費は国際批判を招きかねない▼だいたい日本ではまだ人への感染が確認されていないのに、そんなに怯(おび)える必要があるのか。普通の風邪なら、栄養と睡眠をとって休めば済むのに、高価なインフルエンザ専門薬を予防服用する必要はなかろう▼かねて風邪気味のときは、ニンニクをこってり利かせた焼き肉を食べるに限ると教わり、以来、風邪対策の特効薬代わりにしてきた。キムチは最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。

いやー、これ、東京新聞が存続する限り語り継がれるレベルの迷コラムでしょ。

ぜひ次は、「アメリカ産牛肉は最近、BSE騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく」というコラムをよろしくお願いしますねwwwwww

参考:なあに、かえって免疫力がつくのガイドライン (2ちゃんねるガイドライン板)
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

これどこの日刊ゲンダイ?

いかにもコイズミ的な (中日新聞 11/23)
 音響と大画面、光線が主役の、結党五十年を記念する自民党の大会だった。党史への造詣など二の次の、いかにも小泉総裁好みの演出。新たな歴史を刻むエネルギーを感じられないのがつらい。

結党50年大会

 9・11総選挙大勝の余韻の中、党是の自主憲法制定へ初めて憲法草案を携えての記念大会だったが、にぎにぎしさの割に盛り上がりを欠いたと見えたのは、気のせいか。

 小泉純一郎総裁が「楽しいものにしたい」と注文した。しょせんは儀式、軽くていいと言ってしまえばそれまでだが、結党以来の路線論争、抗争の歴史も素通りされたことには違和感を持つ。

 大会あいさつで誰もが言及したように、敗戦から十年をへて一九五五年に結成された党は、ほんの一時期を除いて政権政党であった。言い換えれば今の日本の姿の形成に、ほぼ一貫してかかわってきた。

 政権党にありがちな惰性と現状追認、腐敗によって自ら招いた再三の危機をなんとかしのぎ、いよいよ危うくなった局面で、小泉氏が国民の支持を得て今日がある。出席者の多くはその演説に注目したはずだ。

 ところが小泉氏が語ったのは、三十年前の石油危機脱却と、九三年の下野から政権にすぐ復帰した「したたかさ、柔軟さ」。それも表面をさらりとなでて、変化に対応できる改革、国民に信頼される党づくりを訴えただけだった。

 新憲法草案への評価を語ることもなく、もちろん八方ふさがりのアジア外交にも、危機的な国家財政にも触れようとしなかった。具体性をまったく欠く演説が、聞く側の胸を打つはずもない。

 会場が沸いたのは、立党五十年宣言の朗読に、あの杉村太蔵氏が新人議員たちを代表して、マイクの前に立った時だけだった。宣言には「我々はわが国の歴史と伝統と文化を尊び、その是をとって非を除き」とある。「除くべき非」とは何か。第二十代総裁の小泉氏が語るべきは、この五十年史の功罪であったろう。

 軽くて中身の薄い大会に頂門の一針となったのは、ゲストに招かれた宮本亜門氏のスピーチである。貧富の差が拡大する社会、何事も「善か悪か」で峻別(しゅんべつ)する風潮に、やんわり異議を挟んだ。

 「改革」の一方に弱者や価値観を別にする人がいる。沖縄に居を構える立場から、基地問題を理解できない、とも言った。小泉政治への批判や議論が聞こえない党の、行く末も案じるような示唆があった。

 議員の若返りだけが党再生ではあるまい。自民政治の自己検証を避けて、未来も何もあったものでない。


いちおうお断りしておきます。
これ、社説です。

朝日新聞の社説「自民党改革 あと50年、もちますか」ってのも見出しだけは酷かったと思いますが、中日のは・・・なんじゃこれ。

一生懸命、党大会について「中身がない」と書いたはいいが、その社説自体、まるで中身がないのってどういうことですかwww

というか、なんかヤケ酒でも飲みながら書いたとしか思えないwwwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 20:07| Comment(0) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

マスコミには匿名報道云々を語る資格はない

「被害者は実名発表を」 殺人事件被害者の父が請願書 (朝日新聞 11/18)
 東京のJR池袋駅ホームで96年4月、男に殴られ倒れて死亡した立教大学4年小林悟さん(当時21)の父・邦三郎さん(60)が18日、「警察はできるだけ被害者を実名で発表して、報道機関の自主判断に委ねてほしい」と求める小泉首相あての請願書を内閣府に出した。邦三郎さんは「私が報道に求めるのは真実の追求。解明されないまま終わるのは怖い」「匿名は性犯罪の被害者ら限られた場合に限定すべきだ」と訴えている。

 犯罪被害者の名前の発表方式をめぐっては、「実名発表されるとマスコミが押し寄せる」などとする意見を踏まえ、警察が個別に判断するという方針を盛り込んだ計画案を内閣府の犯罪被害者等基本計画検討会がまとめつつある。取材の現場では匿名発表が広がっており、「事実の検証が難しくなる」と日本新聞協会などが反対の意見書を出している。

 検討会の議事要旨を読んだ邦三郎さんは「加害者の話だけで報道されたり、事実と違うことが公表されて被害者が批判されたりすることこそ報道被害」「取材を断るなら被害者が自分で意思表示し、マスコミは同意を得てから取材するのが当然だ」と話している。

 悟さんは96年4月11日午後11時半ごろ、池袋駅の山手線ホームで男に突き倒され、頭を強く打って死亡した。警視庁が殺人容疑で男の行方を追っている。

はい?
警察が個別に判断するのと、マスゴミ様が個別に判断するのはどう違うんでしょうか。
もしかして、警察に判断を任せると警察に都合の悪い事件が隠蔽されてしまうとかそういうことでしょうか。
そんなのマスゴミだって一緒でしょ。
マスゴミに判断を任せたあげく、マスゴミに都合の悪い加害者の実名報道が隠蔽されてきているわけじゃないですか。
そこらへん、当事者のマスゴミ様はどう考えてるんですかね。

たとえば昨日のこの事件。

週刊誌記者に捜査情報漏らす 容疑の警部補を書類送検 (朝日新聞 11/18)
 捜査の過程で知った個人情報を知り合いの週刊誌契約記者に電子メールで教えたとして、神奈川県警は18日、捜査2課の警部補の男性(45)を地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検した。同時に停職1カ月の処分とし、警部補は同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、この警部補は6月13日夜、振り込め詐欺事件の捜査で押収した資料から関係者数人の名前と住所、年齢などの情報を自分のパソコンから記者あてに電子メールで送った疑い。事件の概要も一緒に知らせていた。

 記者はリストにあった女性(36)方を訪問し、事件とのかかわりを取材しようとしたため、女性が「警察が情報を漏らしたのか」と県警に抗議した。捜査2課が課員に個別に話を聴いたところ、この警部補が自ら関与を申し出た。女性は事件に関係していないことがその後判明した。

 記者は県警の任意の事情聴取の要請を断り、「取材源は言えない」などと話したという。県警によると、この事件に関係する記事は掲載されていない。記者が契約している週刊誌編集部は「記者から話を聞いておらず、事実関係を把握していない」としている。

週刊誌記者に捜査情報 漏えいの警部補、書類送検 (東京新聞 11/18)
 知人の雑誌記者に捜査情報を流したとして、神奈川県警監察官室は十八日、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで、同県警捜査二課の警部補(45)を書類送検し、停職一カ月の懲戒処分とした。警部補は同日付で依願退職した。

 調べでは、警部補は六月十三日夜、知人で週刊誌の男性契約記者の携帯電話にパソコンから電子メールを送り、職務上知り得た捜査情報を漏らした疑い。

 警部補は当時、振り込め詐欺事件の捜査を担当し、押収資料の中から浮かんだ数人の住所や氏名、年齢を雑誌記者にメールで伝えた。記者はこの情報を基に都内の女性を取材したが、女性は事件とは関係がなかった。

 この女性が不審に思い、県警に「個人情報を漏らすのか」と苦情を訴え、事件が発覚。県警が調査したところ、すぐに警部補が名乗り出て、情報を漏らしたことを認めたという。

 警部補と雑誌記者は二〇〇一年七月ごろに知り合い、年に一、二回程度会っていた。警部補は「雑誌記者と良好な関係をつくり捜査協力者にしようと思っていた」と動機を供述。雑誌記者は「取材源は言えない」として県警による事情聴取に応じていないという。

 県警は警部補の上司の捜査二課長(36)と同課長補佐(53)も監督責任を問い、本部長注意とした。

 高瀬順治監察官室長は「警察官として言語道断。情報管理の指導を徹底し、再発防止につとめる」と話した。

 警察庁によると、報道関係者に情報を漏らして地公法違反で処罰されたケースの統計はないが、〇三年にフリージャーナリストに犯歴情報を漏らしたとして元警視庁警部が書類送検され、起訴猶予処分となった例があるという。

捜査情報漏らし書類送検 神奈川の警部補 (Yahoo!ニュース-共同通信 11/18)
 神奈川県警監察官室は18日、週刊誌の契約記者に捜査情報を漏らしたとして、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで捜査2課の警部補(45)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。警部補は同日付で依願退職した。
 監督責任を問い捜査2課長の警視(36)と同課課長補佐の警部(53)も本部長注意とした。
 警部補は「捜査協力者として記者と良好な関係をつくりたかった」と容疑を認めているという。2001年7月ごろ県警OBを介して知り合い、年に1、2回食事をする仲だったという。
 調べでは、警部補は6月13日、捜査中の振り込め詐欺事件容疑者の複数の関係者の住所、氏名などを、自宅のパソコンから記者の携帯電話にメール送信した疑い。

<捜査情報漏えい>警部補が週刊誌記者に 神奈川県警 (Yahoo!ニュース-毎日新聞 11/18)
 週刊誌記者に捜査情報を漏らしたとして、神奈川県警監察官室は18日、同県警捜査2課の男性警部補(45)を地方公務員法違反(守秘義務)容疑で横浜地検に書類送検し、停職1カ月の処分とした。警部補は同日付で依願退職した。また、監督責任を問い、課長の男性警視(36)と課長補佐の男性警部(53)を本部長注意処分にした。
 調べでは、警部補は今年6月13日午後10時半ごろ、自宅のパソコンから、40代の週刊誌の男性契約記者に、自身が捜査していた振り込め詐欺事件に関する情報をメールで送り、捜査上の秘密を漏らした疑い。
 監察官室によると、警部補が漏らした情報は、容疑者の関係先から押収した携帯電話のメールの送受信記録から割り出した数人の氏名や住所、年齢などの個人情報。メールには、事件概要や警部補自身の事件の見立てなども記されていた。
 警部補の情報にあり、記者の取材を受けた東京都内の女性が6月17日、県警に苦情を申し出て発覚。警部補が同日、自ら認めたため、県警は警部補を捜査から外していた。記者側から情報提供の依頼はなく、女性は事件とは無関係だった。
 警部補と記者は、県警OBを通じて01年夏に知り合い、居酒屋などで年に1、2度会っていた。警部補は「捜査協力者にしようと思っていた。良好な人間関係を築きたかった」と話しているという。記者側は「通常の取材活動の一環。取材源は言えない」と県警の事情聴取を拒否している。
 県警の高瀬順治監察官室長は「言語道断の行為で誠に遺憾。部外者との交際のあり方や情報管理の指導を徹底する」とコメントした。【渡辺創】

捜査情報漏えいで警部補を書類送検…神奈川県警 (読売新聞 11/18)
 神奈川県警は18日、捜査情報を「週刊ポスト」の40歳代の男性契約記者に漏らしたとして、県警捜査2課の警部補(45)を地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで横浜地検に書類送検し、停職1か月の懲戒処分にした。

 警部補は同日付で、依願退職した。

 県警監察官室によると、警部補は6月13日午後10時半ごろ、自宅のパソコンから、振り込め詐欺事件の容疑者の携帯電話に記録されていた東京都内の女性(36)ら数人の住所や氏名など職務上知り得た情報を、記者の携帯電話にメールで送った疑い。

 記者の取材を受けた女性から同17日、県警に苦情があり、内部で調べたところ、警部補が申し出た。女性らは全員、事件と無関係だった。同室は「捜査上の支障や情報漏えいへの見返りはなかった」としている。警部補は「(記者と)良好な人間関係を築き、捜査協力者にしたかった」と供述しているという。

 高瀬順治・監察官室長は「警察官として言語道断。部外者とのあり方や情報管理について指導を徹底したい」としている。

 週刊ポスト編集部の話「警察関係者への取材も適正な取材活動の一環だと認識しています」

入手した捜査情報を取材に活用したのはどこの週刊誌なのか、を報道しているのは読売一紙です。
ということは、もし、サヨクの方々が「そんな警察とズブズブな週刊誌なんて買いたくない!」とか「不買運動しよう!」と思っても、読売新聞を読んでなかったらどこの週刊誌かもわからないということになってしまうわけで。

ついでに、よくマスゴミの方々が口にする「マスコミは権力を監視する役目云々」というのも同時にウソだとわかる、すてきな事件でしたwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 09:40| Comment(2) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

一紙だけ何かが違う19

ブッシュ大統領夫妻が、京都を訪れて金閣寺などを巡ったそうです。
この出来事を各紙どう報道したのか、注目してみました。

米大統領夫妻、錦秋の古都満喫 (読売新聞 関西版 11/16)
 秋深まる京都で「平和」を実感した――。日米首脳会談のため16日朝、京都市北区の金閣寺を訪れたブッシュ米大統領。ローラ夫人とともに、境内の池に映った“黄金色の名刹(めいさつ)”や鮮やかな紅葉を堪能、錦秋の古都と日本の伝統文化を満喫した。京都は、ブッシュ大統領の父親が同じ大統領当時に滞在したゆかりの地。寺の中で靴を脱いでくつろぐなど、古都の風情がすっかりお気に入りの様子。一方、ローラ夫人は、京の町衆がはぐくんだ伝統の町並み、京町家を探訪、書道を楽しむなどして市民と交流。ファーストレディーとして、さわやかな笑顔を振りまいた。

 有馬頼底住職の先導で境内を散策したブッシュ大統領夫妻。「鏡湖池(きょうこち)」越しの金閣を背景に記念撮影に応じた際、大統領は「ビューティフル(美しい)」「サンキュー(ありがとう)」と何度も感嘆の声を上げた。

 一般の観光客が立ち入ることができない金閣の第一層に案内された大統領は、靴を脱ぐ際、「靴下に穴が開いてなければいいが」とユーモアたっぷりに話すと、ローラ夫人が「大丈夫よ」と答える場面も。

 安置された本尊に向かい、小泉首相が手を合わせて「仏教ではこうします」と説明すると、大統領夫妻も同じように合掌した。

 縁側から、赤や黄に染まった庭園の木々を眺めた大統領は「ここは平和ですね」。有馬住職が「世界平和じゃないといけませんね」と答えると、納得したような表情をのぞかせた。さらに住職が「お父様もここに来られたのですよ」と言うと、大統領は「そうですか。私も金閣寺で素晴らしい時を過ごしたことを伝えます」と話した。

 首脳会談の直前、京都迎賓館の玄関で大統領は、電動2輪スクーターに乗って首相を出迎えた。大統領に促され、スクーターに乗った首相は「オー、ベリーグッド」と歓声を上げた。

                   *              *

 ローラ夫人は、明治時代に建てられたとされる京都市下京区の京町家へ。

 町家の一角にある研修道場でローラ夫人は、この町家を運営する企画会社代表で東洋美術研究家のアレックス・カーさん(53)の通訳で、平安書道会副理事長の書道家沢田実さん(77)の手ほどきを受けながら書道に挑戦。「エンジョイアブル(面白い)」「ファン(楽しい)」と言いながら、にこやかな表情で半紙に「永」という文字を書いた。

 この後、隣にある明治時代の建築とされる2階建ての町家に出向き、黒光りする大きな梁(はり)や坪庭を見て「古さを保ちながら快適に過ごすことは大切ですね」とにこやかに話した。

 続いて訪れた京都市上京区の同志社女子中学・高校では、茶道部の生徒4人が披露するお点前を和室で見学。高校3年生の英語の授業を参観し、生徒に気さくに話しかけていた。

大統領夫妻は京都がお気に召したようですね。

日米首脳会談:ブッシュ米大統領夫妻、金閣寺を見学/ローラ夫人、習字に挑戦 (毎日新聞 11/16)
 ◇「靴下の穴、心配」「大丈夫よ」

 小泉純一郎首相と来日中のブッシュ米大統領は16日朝、首脳会談に先立って、快晴のもと紅葉が始まった金閣寺(京都市北区)を約30分かけて見学した。ブッシュ大統領の訪日は02年2月、03年10月に続いて3回目だが、京都を訪れたのは初めて。

 総門前で出迎えた首相は大統領と両手を広げてがっちり握手。ローラ夫人もいっしょに境内の鏡湖池の周囲をゆっくりと散策した。朝日を受けて輝く金閣寺と紅葉に大統領が「ビューティフル、サンキュー」と感嘆すると、首相も「きれいだね。今日は天気で」と応じ、さらに英語で身ぶりを交えながら「サン・ライジング(日が昇る)」「ジャパン」とご機嫌な様子で語りかけた。

 この後、両首脳は金閣寺の中に入り、本尊と足利義満の木像を見学。大統領が金閣寺に靴を脱いで上がる際「靴下に穴が開いていないといいが」と冗談を言うと、夫人が「大丈夫」と語りかけて、笑いを誘う一幕もあった。【山下修毅】

 ◇ローラ夫人、習字に挑戦「ベリー、ファン」

 ブッシュ米大統領のローラ夫人は金閣寺訪問の後、大統領一行とは別行動で、同市下京区にある「町家」へ。豆問屋の建物を改修した建物で、2階の部屋で習字に挑戦。「永」の文字を4回書き、指導した書道家の澤田實(みのる)さん(77)から朱色で花丸印をもらうと、思わずにっこり。「ベリー、ベリー、ファン」(とっても楽しい)と喜んでいた。

 この建物は築約100年で、一帯は細い路地に面した古都の雰囲気を残す一角。1階座敷の床の間にある「壽」と書かれた掛け軸をみて、「これはどういう意味か」と尋ねるなど、日本文化に興味を抱いた様子だった。

大統領夫妻は京都がお気に召したようですね。

紅葉の金閣寺散策 ブッシュ大統領「実に平和」 (産経新聞 11/16)
 小泉純一郎首相は16日朝、ブッシュ米大統領、ローラ夫人と、京都市北区の金閣寺をそろって見学、境内を散策した。大統領夫妻は庭園を眺め「ビューティフル」を連発、寺や紅葉の美しさを満喫していた。

 晴天の下、大統領は境内の静けさに「実に平和だ」とすっかり感動した様子。有馬頼底(ありま・らいてい)住職が「世界が平和でなくてはいけませんね」と向けると、大統領は「そうだ」と深くうなずいたという。

 首相は金閣寺総門前で大統領夫妻を出迎え、境内では住職の案内で、純金の箔(はく)を施した金閣や鏡湖池(きょうこち)周辺を散策した。首相が色づいた木々を指さしながら身ぶり手ぶりで説明すると、大統領夫妻は熱心に聞き入っていた。金閣寺内で靴を脱ぐ際、大統領は「靴下に穴が開いてなければいいが」と夫人に向かってジョークも飛ばし、首相の見まねで合掌も。

 金閣寺は大統領の父親ブッシュ元大統領も訪れたことがある。日本側が推薦し、米側も「大統領がきっと気に入る」と承諾した。会談直前の「小泉流」もてなしは、取りあえず成功したようだ。(共同)

大統領夫妻は京都がお気に召したようですね。

ブッシュ大統領、厳戒の金閣寺へ 周辺道路は大渋滞 (朝日新聞 11/16)
 ブッシュ米大統領は16日朝、日米首脳会談にのぞむ前、ローラ夫人と京都市北区の金閣寺を訪ねた。大統領の専用車が通るルートは一般車両の進入が禁止され、ものものしい警戒ぶり。周辺の道路は大渋滞となり、通勤バスは1時間近く足止めされた。大統領は星条旗の小旗を振る園児に笑顔で応え、紅葉が色づき始めた古都を駆け足で楽しんだ。

 大統領一行は午前8時過ぎ、京都迎賓館を出発。迎賓館のある京都御苑から金閣寺までの沿道約6キロに、全国から動員された警官が数十メートルおきに立った。犬の散歩中だった60代の主婦は「いつもなら通勤の車でごった返しているのに。あまりに閑散としていて、かえって新鮮な静けさです」。

 大統領は十数台の車列のうち前から4台目の専用車で金閣寺へ。交通規制で待たされていた市民らに、窓越しに笑顔で手を振った。

 金閣寺を案内した有馬頼底住職は「庭は600年間そのままの状態で現在まで続いています」と説明、ブッシュ大統領は「ここは実に平和だな」と話した。「世界が平和でないといけませんね」と話しかけると、大統領は「その通りだ」とうなずいたという。

 金閣寺近くの歩道では、近くの市立衣笠小学校の5年生68人と今宮幼稚園の園児25人が、金閣寺をあとにした大統領の車を日の丸と星条旗の小旗で見送った。同小5年の松尾亜由美さん(10)は「一瞬だったけど、笑顔が見えた。手を振ってくれて優しそうな感じ。会ってしゃべってみたかったな」と話していた。

 ローラ夫人は午前9時過ぎ、京都市下京区にある築約100年の町家を見学、書道家の澤田實さん(77)=京都府亀岡市=の手ほどきで習字を体験した。半紙3枚に「永」の文字を練習し、3重の花丸をもらった。最後に色紙に書き、イニシャルのサインを入れた。何度も「とても楽しかった」。この後、同志社女子高で、生徒がたてたお茶を楽しみ、英語の授業に参加した。

 京都市内はこの朝、大渋滞に見舞われた。

 大統領と小泉首相が前後して通過した同市北区の交差点近くの大通りでは、午前8時前から約1時間、路線バス約50台が止まり、500メートル以上の列を作った。職場に向かう途中の吉野綾子さん(70)は「歩いたら1時間以上かかるし、タクシーもない。重い荷物もあるし、このまま待つしかない」とあきらめていた。

 宮崎県から修学旅行に来た中学2年の渡辺理紗子さん(14)は地図でバス停をやっと見つけたがバスが来ない。「せっかく来たのに、昨日から渋滞で予定が狂ってばかり。先生たちもいらいらしていて、怒られる回数が増えて困る」とこぼした。

 市交通局によると、大通りが通行止めになったことで、午前7時50分から同9時前まで付近の市バスの運行が止まった。200本に遅れが出て1万人に影響が出たという。市交通局には苦情や問い合わせ電話が相次いだ。


大統領夫妻・・・じゃなくて、朝日新聞はブッシュ大統領夫妻がお気に召さなかったようですねwww

参考:
Googleニュースで"ブッシュ"+"渋滞"で検索してみました。
結果
朝日新聞:4件
京都新聞:2件
スポーツニッポン:1件
産経新聞(共同ソース):1件
人民網(朝日ソース):1件
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:24| Comment(3) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

なぜか曖昧な表現を使いたがる朝日新聞

「住居侵入で罰すべき」 通報住民が証言 政党ビラ配布 (朝日新聞 11/14)
 政党ビラを配るためにマンションに立ち入ったとして住居侵入罪に問われた男性(58)に対する公判が14日、東京地裁であった。男性をとりおさえて警察に引き渡したマンション住民が出廷し、「無許可でマンションに立ち入るのは住居侵入罪。法律を適用して罰してほしい」と訴えた。

 住民の証言によると、マンションの廊下で各戸に政党ビラを入れていた男性に「速やかに出て行きなさい」と注意したが、「正当な政治活動です」と言って出ていかないので、私人として現行犯逮捕し、警察に通報したという。

 その理由として住民は「治安が悪くなり、ピッキングなどの不安もある。敷地や建物に住民の許可なく入ってはいけない」と述べた。

 尋問は住民と傍聴席をついたてで遮って行われ、住民の氏名、職業も明らかにされなかった。弁護側は「公開の原則に反する」と抗議したが、住民は「私を知ってほしいという気持ちはないし、治安が悪化したので何が起きるか予知できない」とし、裁判所はついたての使用を認めた。

この記事を読んでいくと、すごく違和感があると思います。

なぜなら。

いつ起きた何の事件の公判かわからない。
容疑者がどんな人なのかわからない。
住民とはどんな人なのかわからない。
政党ビラとはどんなものなのかわからない。

はっきりいって、5W1Hがまったくできていない。
というか、この記事を読んで、「これはいったい何なのか」が一切わかりません。
わかる人がいたら、すごいです。

で、気になったので調べてみました。

どうやらこの事件のようです。

ビラ配布の自由を守る会・事件/公判
葛飾ビラ配布弾圧事件

事件の経過

2004年12月23日午後2時過ぎ、東京都葛飾区の広い道路に面した自由に出入りも通り抜けもでき、事務所も混在する分譲マンションで、荒川庸生さんは日本共産党の「区議団だより」と「都議会報告」、「区民アンケート」などを共用廊下を静かに歩いてドアポストに配布していました。
 7階から配布を始めて3階まで下りてきたところで、背後から突然住民らしき男性から「ビラをまいたのはお前か、迷惑だからやめろ」といわれ、「分かりました。何号室ですか」と応対したところ、男性は携帯電話で「PC(パトカーのこと)を使え」「ガラ(身柄のこと)は押さえた」など特殊な用語を使って警察に連絡しました。
 パトカー2台と12人もの警官がかけつけました。「事情を聞かせて欲しい」と言うので亀有警察署に行って2時間ほど事情を説明し、帰宅しようとしたら「私人によってすでに現行犯逮捕されている」と言われ拘束されました。しかし逮捕者の取調べの前提である黙秘権や弁護士の接見を求める権利等の告知は一切ありませんでした。翌24日夜、10数人の警察官によって家宅捜査まで行われました。当然何一つ押収するものはありませんでした。
 そしてお正月をはさんで23日間勾留され、起訴されたのです。
 逮捕・起訴そのものが不当であり、起訴を取り下げるよう求めて裁判でたたかっています。

公判日程
東京地方裁判所104号法廷
集合は裁判所正面玄関  12時からビラ守る会の受付開始
地下鉄霞が関A1出口上って出たところ「ビラ配布の自由を守る会」旗があります。
第1回公判5月20日(金)午前10時開廷
第2回公判 6月20日(月)午後1時30分開廷
第3回公判 7月29日(金)午後1時30分開廷
第4回公判 9月 5日(月)午後1時30分開廷  
第5回公判10月 3日(月)午後1時30分開廷
第6回公判11月14日(月)午後1時30分開廷
  私人逮捕したという根岸氏が検察側証人として出廷
第7回公判12月8日(木)午前10時開廷
逮捕の日から1周年
 公判報告と抗議の集会を予定 
2005年12月23日(金・祝日)午後1時半から葛飾区青戸地区センターにて
第8回公判06年1月26日(木)午後1時半開廷
第9回公判06年3月9日(木)午後1時半開廷

うーん、逆に隠す意味がわからない・・・
いつもの朝日なら、逆に「言論弾圧ニダ!」となるはずなんですが。
ま、どっちにしても、新聞記事としてはマジでクォリティ低すぎですよ。ほんとに。

参考:
「5W1Hとは」福島中央テレビ・ズームイン!!FCT テレビ局の仕事 (福島中央テレビ)
+++++ニュースの基本「5W1H」+++++

【 5W1H (ごダブリュー いちエイチ) 】 とは

 放送や新聞などで、ニュース原稿(げんこう)を書く時に基本(きほん)となるのが、『5W(ごダブリュー)1H(いちエイチ)』 で、英語の頭文字(かしらもじ)から取った次の六つの要素(ようそ)のことです。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

一紙だけ何かが違う18

記事自体はベタ記事ですが。

中国国家主席が訪英、民主主義改善など努力と強調 (読売新聞 11/9)
 【ロンドン=飯塚恵子】中国の胡錦濤国家主席は8日、ロンドンに到着し、同夜、バッキンガム宮殿でエリザベス女王主催の夕食会に出席した。

 中国主席の公式訪英は1999年の江沢民主席以来2回目で、近年の英中の接近ぶりをうかがわせている。

 女王は乾杯のあいさつで、「私が86年に訪中した時は、冷戦終結が間近だったとは思わず、地球温暖化もほとんど知らなかった。我々は今、環境保護などの分野で協力できる」と述べ、両国の協力の重要性を強調した。胡主席は「今世紀最初の20年間、中国は経済発展、民主主義の改善などに努力する」と述べた。

 宮殿の外では、中国のチベット自治区の分離・独立を目指す抗議デモが行われていたが、女王、主席ともにあいさつでは人権問題には触れなかった。

胡錦濤主席:英国を公式訪問 チベット解放で抗議デモも (毎日新聞 11/9)
 中国の胡錦濤国家主席は8日、欧州歴訪のスタートとなる英国を公式訪問、同日夜にバッキンガム宮殿でエリザベス女王主催の夕食会に臨んだ。9日にブレア首相と会談し、貿易問題や気候変動、テロ問題への対応などについて意見交換する。

 胡主席が到着したバッキンガム宮殿の周辺には主席を歓迎する在英中国人グループのほか、チベット解放などを求める運動家ら数百人が集まり、中国政府への抗議の声を上げた。胡主席は英国のあとドイツ、スペインを公式訪問する。【欧州総局】

世界平和と両国の繁栄を 英訪問の中国主席 (産経新聞 11/9)
 英国訪問中の中国の胡錦濤国家主席は8日夜、エリザベス女王主催の夕食会であいさつし、中国が世界平和と両国の繁栄の実現に向け、英国と協力する用意があると語った。PA通信などが伝えた。

 胡主席はまた、中国が21世紀の最初の20年間で、経済的な発展と民主主義の拡充、科学や教育の向上などを目指していると述べた。

 エリザベス女王は両国関係の重要性を強調するとともに、中国の成長が同国に「試練と同時に大きな機会をもたらしている」との考えを示した。

 夕食会には王室関係者やブレア首相らが同席。会場となったバッキンガム宮殿の外では、人権やチベット問題で中国政府に反対する活動家らがデモを行ったが、混乱はなかった。(共同)

朝日新聞:該当記事なし

朝日新聞社内では、チベットというのはタブーなもののようですwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

マスゴミの不祥事等が最近多すぎる点について

・・・というのをまとめて書こうかと思ってたんですが。

マスコミ不信日記さんに、すでにうまくまとめられていたので、紹介しておきますw

マスコミ不信日記さんは、うちのマスゴミ関連記事と似たようなテーマで、漏れの書くうんこ記事より数百倍うまくまとめられてますので、もしご興味のある方はぜひご覧下さい。

参考:

放火未遂容疑でNHK記者を逮捕 滋賀県警、大津の11件も供述 (京都新聞 11/5)
中止の体育祭「開催」記事、昨年の写真も…埼玉新聞 (読売新聞 11/3)
シンポジウムの聴講応募はがき、朝日新聞が75通紛失 (読売新聞 11/2)
産経大阪本社が説明なしで合成写真掲載…虚偽とおわび (読売新聞 10/31)
テレビ熊本、カメラマンの“自演”承知でニュース放映 (読売新聞 10/28)
フジ、番組内容で謝罪・取材受けた女性の親族に (日本経済新聞 10/27)
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 08:46| Comment(2) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

朝日新聞様フシアナ祭り

ニュース速報+板
【社会】大津の連続放火事件、NHK記者を事情聴取…滋賀県警
より。


37 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/11/05(土) 16:59:44 ID:BDhTGle+O
NHK職員らしきヤツが裏に降臨してるぽいw

ちなみにj
裏2ちゃんねるの覗き方
1.書き込みの名前の欄に ura2fusianasan と入れる。(裏アカウント)
2.E-mail欄に、uraと入れる。(カテゴリ)
3.内容に ”nhk” と入れる。そして書き込む。
4.タイトルが「ようこそ 裏2ちゃんねるへ」に変われば成功
注意:全て半角で入れること

38 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/11/05(土) 17:00:48 ID:I7E/g/R00
脳を寄生虫にやられて・・・

39 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/11/05(土) 17:01:58 ID:xydIcJG+0
友達がNHKに入社したが新入社員イジメはそれはそれは筆舌に尽くしがたいものがあるらしい。
解体するか民営化するしか手は無いんだろうな。

40 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/11/05(土) 17:03:52 ID:jRdx/QEso
大概何処も定年制を採ってるから、
今の、トップを団塊世代が牛耳ってる状況じゃ…

41 名前:ura2 atws13.asahi-np.co.jp 投稿日:2005/11/05(土) 17:04:08 ID:DX2siW2u0
nhk


>>41
m9(^Д^)プギャー
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

毎日新聞の八つ当たり

今日の毎日新聞から。

内閣改造:ベテラン記者総括 「変人」首相「普通」の人事 (毎日新聞 11/2)
 小泉純一郎首相の第3次改造内閣がスタートした。28日夕刊で閣僚・自民党役員人事を予想した、毎日新聞ベテラン政治記者の岩見隆夫・本社特別顧問松田喬和・専門編集委員が最新情勢を踏まえて総括した。

★★総合評価

 岩見 トータルにみると、なんか熱気が感じられず、この政権はほぼ終わったという感じがする。今まで人事権を使って「古い自民党をぶっ壊す」と言ってきたが、それも橋本龍太郎元首相を引退させてほぼ完結したと、小泉首相は思っているのではないか。「変人」といわれてきた首相だが、「普通の人」に戻り、普通の人事をやった。

 松田 外相には、新たな戦没者追悼施設建設の超党派議連の会長として動いている山崎拓前副総裁を予想していたが、そうならなかった。また、俗に「麻垣康三」(麻生太郎外務相、谷垣禎一財務相、福田康夫元官房長官、安倍晋三官房長官)といわれてきた小泉後継候補4人のうち、小泉首相の靖国神社参拝に批判的な福田氏を登用しなかった。つまり、首相の来年9月までの任期中、近隣外交には妥協を排した強硬姿勢ということだ。

★★論功行賞

 松田 論功行賞が目立つ人事といわれるが、一番の論功は、武部勤幹事長の留任、二階俊博前総務局長の経済産業相への起用だろう。

 岩見 論功行賞が目立つということは、郵政、総選挙でお世話になった人へのお礼の意味であり、一種の締めくくりということだ。首相が見せてきた非情、冷徹なキレは今回、見られない。

★★ポスト小泉

 岩見 首相は、後継候補として改革を競わせる人にランクを付けた。麻生、安倍両氏が第1グループで、谷垣氏、中川秀直政調会長、中川昭一農相、与謝野馨金融・経済財政担当相が第2グループ。小池百合子環境相が横滑りで他の閣僚になる可能性が高いと予想したが、留任になった。これも報い方の一つだが、首相が考えるポスト小泉の中に小池氏はいないということがはっきりした。

 松田 党三役(幹事長、政調会長、総務会長)や閣僚にならなかった福田氏は第3グループだ。竹中平蔵総務相をポスト小泉に入れる向きもあるが、小泉首相の力を背に動き回ってきただけで、首相抜きでは活躍できないのではないか。

 岩見 福田氏と山崎氏は、議員外交に動くだろう。特に福田氏は精力的に。そうすると、自民党内外、経済界、あるいは近隣国から福田氏待望論が出てくる可能性がある。

★★女性閣僚

 岩見 小泉首相は4年前の組閣で女性閣僚を5人入れた。今回も5人集めようと努力したフシがある。川口順子元外相も「議員になりたくない」というのを説き伏せ、参院神奈川補選に出馬させた。川口氏の再入閣を考えていたはず。結果として出来なかったが、組閣の記念撮影で小池氏、猪口邦子少子化・男女共同参画担当相を首相の両脇に立たせたのは、少ない女性閣僚を目立たせるパフォーマンスだった。

★★派閥への配慮も

 松田 中川氏を政調会長にしたのは、(小泉首相の出身派閥会長の)森喜朗前首相直系であることへの配慮だろう。最後に派閥の帰巣本能が出た。また、旧橋本派からは久間章生氏を総務会長に留任させ、額賀福志郎氏を防衛庁長官で入閣させた。これは、小泉首相を支えた青木幹雄参院議員会長に報いるためと思われる。小泉首相は「自民党をぶっ壊す」と言ったが、首相に近い派閥は温存させた。

・・・よくもまあ、こんなしょーもないこと書けるなと。
喪前ら小泉批判したいだけちゃうんかと。

・・・と思うでしょ?普通は。でもこれ違うんですよ。
真相はこれ。

続きを読む
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無防備マンは必要なさそうですね

ニュース自体は小ネタですが。

シンポ応募はがき75通紛失−朝日新聞社 (サンスポ 11/2)
朝日新聞社が、11日に予定している同社主催のシンポジウム「中国の台頭と日米同盟」の応募はがき75通を社内で紛失していたことが2日、分かった。

朝日新聞社広報部によると、同社は10月13日から往復はがきとインターネットの自社ホームページで聴講者を募集。はがきは371通寄せられ、社内の担当部署の部屋に保管していた。

応募者全員を招待することに決め、社員が返信はがきを準備していたところ、応募枚数に比べ少ないことに気付いた。

はがきには住所、氏名、年齢、職業、電話番号が書かれていた。紛失した分については、連絡を受けるなどして確認し、聴講券を郵送するとしている。

同社は「社内には基本的に外部の人は入れないので、持ち出されたことはないと思う。管理に不手際があり申し訳ない」と話している。

朝日新聞には、外部の人は入れない。
ということは。

社内資料の流出について 経路・関与者特定できず (朝日新聞 9/30)

社内資料の流出の原因は、朝日新聞社員が持ち出したとしか考えられないわけですがwww

19:30追記:
シンポジウムってのは、これらしいです。
シンポ「中国の台頭と日米同盟」、11月11日に開催

まあ朝日新聞らしい企画だことw
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 12:58| Comment(2) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

日本の一部メディア≒中韓メディア ということの証明

今日の朝日の社説から。

内閣改造 アジア外交が心配だ (朝日新聞 11/1)
 小泉改革を継続し、残り1年の任期で総仕上げを目指す。今度の内閣改造で首相の決意はよく伝わってきた。だが、不安になるのは外交の布陣である。これでアジア外交は立て直せるのか、大きな懸念を抱かざるを得ない。

 総選挙の圧勝で、首相は余裕たっぷりの人事だった。ポスト小泉と目される人々に活躍の機会を与えると公言し、閣僚らに改革を競わせる。郵政民営化をめぐる論功行賞もある。女性も登用しよう。これだけ自在に人事権をふるえた首相がかつてあっただろうか。

 構造改革の主舞台となる経済財政諮問会議を仕切る経済財政相に、与謝野前自民党政調会長を起用。公務員改革などを担当する総務相に竹中前経済財政相をあて、谷垣財務相も留任させた。なるほど「改革続行内閣」と言いたいのだろう。


 私たちが驚いたのは外交だ。首相の靖国神社参拝で中国や韓国との関係はこじれ、アジア外交は浮遊しつづけている。その正面に立つ外相にポスト小泉候補の一人、麻生前総務相を横滑りさせた。

 麻生氏といえば、思い起こすことがある。03年、政調会長時代の講演で、日本が韓国を植民地にしていた時の創氏改名について、朝鮮の人びとが望んだかのような発言をして、韓国などの批判を浴びた。陳謝したものの「真意が伝わらなかった」と発言の撤回はしなかった。

 この夏の月刊誌のインタビューでは、もし首相になった場合、靖国参拝をするかと聞かれ、こう述べている。


 「普通にお参りします。韓国や中国にいくら言われても、泰然自若としていればいい。彼らが『これ以上、この問題を言い立ててもしょうがない』と悟って、自然に丸く収まるのが、一番理想的な形でしょう」

 今後はもっと慎重な発言になるのかもしれない。だが、近隣国とのとげとげしい関係を修復する役回りにふさわしい人選とは思えない。

 もうひとりのポスト小泉候補、安倍前幹事長代理は官房長官になった。

 最初の記者会見で、自らの靖国参拝について「国民のひとりとして、政治家として参拝してきた。今までの気持ちをこのまま持ち続けたい」と、今後も参拝を続ける可能性を示した。

 小泉政権でも、外交的な配慮から歴代の外相と官房長官は参拝を控えてきた。新内閣では3人がそろって参拝するということなのだろうか。


 その一方で、この人事からはずれたポスト小泉候補がいる。中国との関係を重視し、首相の靖国参拝に批判的だった福田元官房長官だ。

 靖国問題で譲る気はない。関係修復はそのことを前提に考えましょう――。今回の布陣から、中韓などが首相の意図をそう読み取ったとしても無理はない。

 国内では改革継続の旗を振り、アジア外交の停滞には目をつぶり続ける。この小泉路線があと1年続く。その痛手の深さが心配である。

予想通りの社説キタコレw

朝日さん、あなたのおっしゃるアジアって、どこの国のことかしら?www

韓国メディア、安倍・麻生氏の起用を強く批判 (朝日新聞 10/31)
「強硬派起用」と一斉に警戒 内閣改造で中・韓・朝 (産経新聞 10/31)←共同配信記事
「麻生外相」「安倍長官」強硬派に中韓警戒 靖国参拝にも不快感 (北海道新聞 10/31)

朝日・共同・道新の3つが似たような記事を書いてます。わかりやすいですね。

しかし、今日の社説を見る限りでは
 朝日新聞社説、安倍・麻生氏の起用を強く批判
そして、朝日新聞が自ら書いた
 韓国メディア、安倍・麻生氏の起用を強く批判
これはつまり
 朝日新聞=韓国メディアということが証明されるとwwww
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 07:50| Comment(0) | TrackBack(2) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

取材の裏付けなんかいらんからさっさと政治介入があったことにしろ

市民団体が朝日新聞社に質問書 NHK番組改変問題で (朝日新聞 10/31)
 NHKの番組改変問題で、「NHK受信料支払い停止運動の会」(共同代表=醍醐聰・東大教授)など14の市民団体が31日、朝日新聞社が第三者機関の調査結果を踏まえて「詰めの甘さ反省します」などの見出しで掲載した記事について、本社に質問書を提出した。質問は「細部にわたる取材の裏付けにこだわった報道総括は、メディア全体に萎縮(いしゅく)効果をもたらすのではないか」など5項目。

 14団体は、番組改変問題を報じた今年1月の朝日新聞の記事を「報道・表現の自由の根幹にかかわる問題に鋭く切り込んだ」と評価した上で、朝日新聞社のその後の姿勢について「NHKと政治の距離が取材のあり方にそらされ、市民が知りたい政治介入の真相がうやむやにされたまま、番組改変問題の調査・報道が幕引きされかねない」と懸念を表明している。

あほですかこの人達は。

朝日だって、政治介入が「あった」という証拠があるんだったら、うやむやにするはずがないっちゅーの。
そこをうやむやにしてるのはなぜか、というのは、少し考えればわかると思うんだけど・・・w

で、こんな香具師でも東大教授なんですよね。なんなんでしょ、この現実。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

実名か匿名を判断するのはマスゴミの領分だから我々がすべて判断し決定する

今日の東京新聞の社説より。

週のはじめに考える 警察国家へ進むのか (東京新聞 10/30)
 真相を追い正確な情報を伝えるメディアの役割が、警察に妨げられて果たせない−実はそんな世になる、と知ってか知らずか。政府が道を違(たが)えかけています。

 警察が事件事故の被害者名を発表する際は「実名、匿名のどちらにするか、適切に配慮する」。

 政府の犯罪被害者等基本計画検討会がそんな項目を基本計画に盛ると決めました。各界の委員十五人、非公開の会議で反対論はつぶされ、十二月に閣議で最終決定の運びです。

 実名・匿名の判断を警察に任せるというゆゆしい施策が国会素通りでひそやかに生まれそうなのです。

■被害者名を隠す警察

 動きを危ぶんで日本新聞協会はこの項目の削除を求め「警察は被害者を実名で発表しなければならない」とする意見書を提出していました。

 匿名の被害者では「存在さえ容易に確認できず、本人や周辺からの取材もできない。事件や事故を正確に客観的に取材、検証し、報道するために、実名は欠かせない」と。日本弁護士連合会も同じ趣旨の意見書を政府に出しています。

 日ごろの事件事故記事は、警察発表の鵜呑(うの)みではありません。発表された材料だけでは記事にならない。補足取材が必要です。加害者周辺や被害の本人と周囲、関係者などに当たって、事実を確かめ、新事実をつかみ、事の背景、事情に踏み込んで社会的問題と教訓、再発防止策も考える。そんな取材活動は事件事故の規模が大きくなるほど、警察発表に疑問点が多いときほど、精力的に行われます。

 もし被害者の実名を警察が隠したら、住所なども「〇市内」などとぼかされて、被害者側への接触、取材が不能になってしまう。被害者の証言が聞けず事実の解明は半端に終わり、真相がゆがみ、警察捜査のチェックも困難になる。公益、国民の知る権利が阻害されましょう。

 匿名発表は取材妨害、報道規制なのです。警察が思い通りに市民社会を管理し規制する。そんな警察国家にこのままなっていいものか。

 警察が出過ぎてはいけません。警察は捜査、権力行使の内容を誠実に明らかにするのが国民への務めでしょう。被害者名もすべて実名発表こそが警察の任務です。実名・匿名いずれで報じるかは、報じる当事者、報道機関の領分であり、その判断と決定に任すべきことなのです。

■続出する取材「妨害」

 現実には、警察の匿名発表が増える一方です。「軽微な案件だから」「被害者側が匿名を望んでいる」との理由で。どんな事件事故の何をどこまで伏せるかは都道府県警によって相当に差があり、匿名発表の警察と激論、紛争する記者クラブが続出しています。

 記者たちは、匿名発表を政府施策で全国警察に徹底されることを恐れます。県警ごとに方針バラバラの現状の方が、実名へ転換させる説得も可能なので、まだましと言います。

 取材のための実名の利、匿名の害は前述しましたが、さて、新聞が実名を紙面化するに当たっては、悩むことしばしばです。

 実名が報道の原則です。何よりも大事な真実、正確な報道のためには、関係する氏名も明示により記事が信用性を持つからです。匿名だと記事内容までいいかげんでは、と誤解されかねず。歴史の記録ともなる新聞記事には極力、不明要素を残すまいという使命感もあって、事実の構成要素・実名を重視するのです。

 でも、実名ですべてを伝えることで関係者のプライバシーを侵したり名誉を傷つける心配が伴う原稿もなくはない。そんなときは議論の末に匿名とするか、実名のままで事実の方を一部削除したりします。そうした配慮は年々増えてきました。

 被害者やその家族、周辺にはメディアスクラム(集団的過熱取材)への反感、「そっとしておいてほしい」との思いが近年広がりました。節度を欠く取材を受けた体験や不正確な報道によるメディア不信も少なからず。

 そこで報道側は自戒を強め、被害者感情に配慮して実名を伏せる措置も増やしつつあります。新聞協会は過熱取材回避のための「見解」をつくり、代表取材などの対策を立てて全国で実行もしつつあります。

 警察、行政機関を頼り、それを盾に報道を避けたい気持ち、分からなくはありませんが、そのことで社会が共有すべき「出来事」の正確な認識、教訓が損なわれる公益の被害も忘れられません。

■寂しい匿名・仮面社会

 犯罪被害者等基本法、個人情報保護法の施行などで、人権、プライバシー意識が高まり、つれて行政など個人情報のコントロールを脱線させるケースも目立ちます。必要で妥当な情報がプライバシーと錯覚し隠される例も。

 「匿名社会」「仮面社会」という言葉を耳にします。人のつながりが薄れ、個人が一層孤立です。われ関せず、関心はわがことにあり。人々、社会と共に生き、悩むのはうっとうしい。そんな時代相に「匿名発表」は、はまるのでしょうか。

10/23の毎日新聞に、似たような社説が載りましたが。

その時も書きましたが、「どの面下げてこんな事が言えるのか」としか言いようがありません。

今でも、自社の都合にあわせて加害者を匿名報道や通名報道したりするマスゴミ様が、公益とか、国民の知る権利とか、国民への務めだとか、そういうことを口にするのは、片腹痛いです。

前の記事にも書きましたが、サヨクの方々がいつも常に主張する「政府や警察は、必ずウソをついたり隠蔽したりする」というのが、一般の人々の思考からかけ離れているのに早く気付いてください。

警察は国のものなので、日本国民である我々が口を出す手段は、程度にもよりますがそれなりにあります。
情報だって、ある程度は公開されています。

でもマスゴミは民間の会社なので、内部情報が公開される手段は、内部告発以外にはありえません。
また、彼らは株主とスポンサーのものです。社会の公器だなんて、そんなことはありません。
視聴率や部数のためなら、なんでもやります。

警察も、いろいろ腐敗した部分はあると思いますが、マスゴミはもっと閉鎖的で腐敗しているのではないかと思いますが、いかがでしょうかね。
自称・日本市民代表のマスゴミ様方。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 17:29| Comment(0) | TrackBack(1) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。