2006年03月31日

けっきょく何がしたかったのかよくわからん

前原執行部が総退陣、永田氏も辞職願…7日に代表選 (読売新聞 3/31)
 民主党の前原誠司代表(43)は31日、永田寿康衆院議員(衆院比例代表南関東ブロック、党員資格停止中)が引き起こした「偽メール」問題の責任をとり代表を辞任した。

 前原氏の後任は4月7日の両院議員総会で党所属国会議員の投票により選出される。 一方、議員辞職を拒んでいた永田氏は党の説得を受け入れ、31日午後、河野衆院議長に議員辞職願を提出した。4月4日の衆院本会議で辞職が許可される。

 前原氏は31日昼、党本部で開かれた党臨時役員会で辞任する意向を表明し、その後、国会内で開かれた両院議員総会で前原氏の辞任と鳩山幹事長ら党執行部の総退陣が了承された。両院議員総会で、鳩山氏は代表選挙を7日の両院議員総会で行う方針を示し、了承された。

 前原氏は31日夕、党本部で記者会見し、辞任の理由について「問題を打開し、野党第一党の責任を果たし、国民の信頼を取り戻し、政権交代を腹の底から訴えるには、人心一新が必要だと考えた」などと語った。

 前原氏の後任について、党内に「危機克服にはベテラン議員への一本化を図るべきだ」との意見があるため、小沢一郎・前副代表、菅直人・元代表、鳩山氏らを軸に動きが活発化しそうだ。

 また、次期代表の任期は現状のままだと前原氏の残り任期の9月までとなるため、「つなぎ役」として渡部恒三国会対策委員長の起用を求める声もある。

 これに関連し民主党は31日、「偽メール」問題に関する党検証チームの調査報告書を公表した。この中では、永田氏が元記者、西沢孝氏から提供を受けた「偽メール」を本物と思い込んで検証を怠り、事実と違う情報を当時の野田佳彦国会対策委員長に伝えて誤信させたと断定した。

 野田氏が「新たな証拠」を入手するため1000万円程度は党で用意できるとの考えを永田氏に伝えていたことも明らかになった。

 同日夜、国会内で記者会見した永田氏は、「これ以上の混乱を避ける意味で、この判断(辞職)が正しいと理解した。もっと早い段階で辞職していれば日本の受けたダメージを小さくすることができたと言われれば、確かにそうかも知れない」と述べた。

えーと、漏れ、まさかこんな展開になるとは思ってなかったです。

いくら、西澤孝氏との絡みが明らかになり、民主党にとって逆風となっているとはいっても、今の今まで辞任しなかった前原代表・辞職しなかった永田議員。
ここまで辞任や辞職しなかったということは、あらゆる批判を受けてでも、代表として・議員として頑張る意気込みだと思ってたんですよ。
もう、辞める辞めないの次期なんて、とっくに過ぎていたんだとばかり思っていました。

それが、今さらな感の、永田議員辞職と執行部総退陣。
今辞めて、何か変わるんでしょうか。
辞めるのであれば、今じゃなくて、ずっと前に辞めなければいけなかったのでは、と思います。

漏れには、前原代表以下執行部と永田議員は、何をどうしようと思って今まで辞めず、何があって今辞めなければいけなかったのか、さっぱり見えてこないです。
誰の、何の為なのか。

まったく理解できません。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

政策転換の責任は誰にもないのか

社民党、小選挙区賛成は「誤り」 党大会で見解発表へ (朝日新聞 2/11)
 社民党は11、12両日に開く党大会で、旧社会党時代に小選挙区比例代表並立制導入を柱とした政治改革関連法案に賛成したことについて「正しかったとは言えない」とする「見解」を又市征治幹事長が発表する。旧社会党が採決時の造反を理由に処分した9人の元議員(故人を含む)の処分を撤回し、名誉回復する。

 同法は94年に成立した。当時は旧社会党も参加した細川連立政権で、政治改革関連法案には党内に反対意見も多かった。連立維持のため党として賛成したが、採決時には衆院本会議で6人、参院本会議では20人が反対・欠席した。

 法案は93年に衆院で可決されたが、94年に参院で否決され、両院協議会を開いた末に成立した。旧社会党は、反対した選対委員長の志苫裕参院議員(当時)を「党員権停止100日」とするなどの処分を決めていた。

 「見解」では、その判断について「十分な党内論議も行われないまま、国会議員の大勢に押された」と反省。「民意が歪(ゆが)められ切り捨てられ、わが党の国会勢力は激減した。当時の政治選択と対処が正しかったとは言えない」と誤りを認め、離党者を除く9人の処分を撤回する

「社民党宣言」を採択 党大会閉幕 (朝日新聞 2/11)
 社民党大会が11日開幕し、日本版「社会民主主義」の理念を「平和・自由・平等・共生」とした党名変更後初の綱領的文書「社会民主党宣言」を全会一致で採択した。格差と不平等の解消を目指し、自衛隊の現状を「明らかに違憲状態」と明記するなど、小泉政権との対抗軸を明確にしたのが特徴だ。質疑では、憲法改正反対などでの共産党との連携について否定的な意見が出た。

 宣言は「冷戦後、市場万能主義に立つ新自由主義、強大な政治・経済・軍事力を背景に特定の価値観を押しつけようとする新保守主義が台頭している。この潮流に最も厳しく対峙(たいじ)しているのが社会民主主義」と位置づけた。政策の基本課題としては、経済面で市場規制の強化や公共サービスの充実などを強調。税制面で所得・住民税の最高税率を引き上げるといった格差是正を提言した。福島党首はあいさつで「競争社会を超え、共生社会をつくろう」と語った。

 この日の質疑では、自衛隊の現状を「違憲状態」と明記したことに異論は出なかった。「合憲」の立場に転換した94年当時、連立政権の首相(旧社会党委員長)だった村山富市氏は同日、党本部で記者団に対し、「最小限度の自衛の戦力を持つことは違憲ではない前提は変わっていない」としつつ、「路線というのは、国際情勢や国内情勢が変わってくればそれに対応する。戦略、戦術が変わってくるのは当然」と述べた。

 12日は、幹事長や副党首らの役員人事が行われ、主な役員が全員留任して閉幕する見通しだ。また、村山氏、土井たか子氏の歴代党首を「名誉党首」とすることも提案される

えーと。
つまり、連立政権以降のいままでの政策は間違っていて、それ以前に戻しましょう、ということですよね。
要するに。

では、その「間違った政策」に転換したのは誰ですか?
それについて、責任は問われないんですか?
あまつさえ、名誉党首って、いったいどういうことですか?

漏れがもし社民党員だったら、確実に批判しますけどね。それでいいのかと。
誰も責任を取らずに、政策を正反対へと転換させていいのかと。

それだから、この人にもこんなことを言われてしまうんですよ。

社民の自衛隊「違憲」明記、民主・前原代表「残念」 (朝日新聞 2/11)
 民主党の前原代表は11日、社民党が自衛隊の現状を「明らかに違憲状態にある」と明文化した宣言を採択したことについて「自衛隊が必要である以上、憲法をどう書き換えるかが大事。現実的でない状況に社民党が戻ったのは残念だ」と述べた。大分市内で記者団に答えた。

前川さん、自民党がらみでなければ、ちゃんとしたこと言えるんですけどねーw
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 12:55| Comment(4) | TrackBack(2) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

あんたの党は賛成なのか反対なのかはっきりしろ

皇室典範改正慎重派、反対姿勢強める (TBS 2/7)
 政界でも、紀子さまのご懐妊に祝福の声が上がる中、皇室典範の改正に慎重な議員たちが、改めて反対姿勢を強めています。

 「すごくおめでたいこと。皇室におかれるそのような状況はありうるのではと思っていたので、皇室典範については、しばらく封印をした方がいい」(自民党【慎重派】 下村博文 衆院議員)

 「落ち着いて様子を見るという事態が、ますます必要になってきたんじゃないか」(伊吹文明 元労相)

 一方、小泉総理は、改めて今の国会で改正を行う考えを強調しました。

 「この国会で皇室典範改正案を成立させることを、総理はお考えなんでしょうか。私にはちょっとそれは急ぎすぎではないか、という気がしてならない」(民主党 岡田克也 前代表

 「今国会中にみなさんの協力を得て、成立できるように努力したい」(小泉首相)

【閣僚は・・・】
Q.皇室典範改正案は予定通り提出か?
 「正式な発表を待って検討したい。法案との関係においてはそう考えている」(安倍晋三 官房長官)

 「これから宮内庁から連絡があるというから、それを待っているということです」(谷垣禎一 財務相)

【自民党の執行部は・・・】
Q.皇室典範の提出が少し変わることは?
 「我々は粛々と勉強を始めようと思っています」(自民党 中川秀直 政調会長)

 「大変おめでたいことですけども、直接に(皇室典範改正に)大きな影響があるとは思わない」(自民党 片山虎之助 参院幹事長)

【小泉首相は・・・】
 「正式の報告がないのに言える立場ではないんです。その辺、ご理解いただきたい」(小泉首相)
(07日17:59)

という岡田さんのコメントでしたが。

マニュフェスト政策各論(民主党 2004年マニュフェスト)
1 未来へ向かう創憲

○日本ではいま、時々の状況に流されて政府が行う恣意的な解釈が、憲法の「空洞化」をもたらしています。このままでは、「空洞化」はますます進行し、国民の憲法に対する信頼感はいよいよ損なわれてしまいます。私たちは、立憲主義を基本に捉えること、すなわち憲法は現実政治の中に生かされるものでなければならないと考えているので、憲法の条文を「守る」ことに汲々として、その形骸化・空洞化を放置する立場はとりません。憲法を鍛え直し、国家権力の恣意的解釈を許さない、確固たる基本法としての構造を確立することが必要だと考えています。民主党は、こうした考えを受け、過去ではなく、未来に向かって創造的な議論を進めています。すなわち「創憲」の立場に立ち、日本国憲法が高く掲げる「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」の三つの根本規範を、21世紀の新しい時代にふさわしいものへとさらに豊富化させていきます。

○「日本国の象徴」にふさわしい開かれた皇室の実現へ、皇室典範を改正し、女性の皇位継承を可能とします


この頃の、民主党党首ってどなたでしたっけ・・・
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

負け犬の遠吠え 3

今日も東京新聞から。

衆院選の惨敗を受けて、民主党の代表を退いた、岡田克也氏のインタビューです。
せっかく前原新代表が民主党を変えていこうかというときに、こういう記事を載せるのも何だかな、と思いますが、そこは東京新聞ですからw

『民主・敗軍の将』岡田克也前代表に聞く (東京新聞 9/21)

記事の分量がかなり多いので、内容はリンク先を実際に見ていただきたいのですが。

個人的に目に付いた部分を挙げます。

 ――では、政策と訴え方は間違っていなかった。考え方を変える気はないと。

 ありません。選挙の結果は非常に重く受け止めないといけないが、私自身の考え方が拒絶されたとは思っていない。届かなかったということだ

 ――前原代表は憲法九条改正論者。民主党には、護憲の立場の人もいる。

 彼個人の考えと、代表になったときの立場は違う。慎重に物事を進めると思う。よく考えることのできるリーダーだから、何の心配もしてない。彼が安全保障の面で勝負するとは必ずしも思っていない。それは国民がいま最も望んでいることではないと思う。

 ――ご自身の政治家としての今後の展望は。再度、首相を目指すのか。

 私自身の政治家としての目標には、何かになりたいというのはない。自民党を離党した(一九九三年の)段階で、そういう望みはすべて捨てている。二大政党制を定着させたい。政権交代が可能な政治を定着させるのが第一の目標。そのことにまい進したい。

 今回の選挙結果をみても、まだ私の考えが多くの人に理解されるに至っていない。永遠に理解されないかもしれないが、理解される時が五年、十年先に来るかもしれない。それは巡り合わせだから、来なかったとしても、かまわない


これだけ選挙で大敗しながら、「考え方が伝わらなかった、拒否されたわけではない」と、またその考え方が「理解されるときが来なかったとしてもかまわない」と言える岡田氏は、かなりの理想論者ではないのかなと思います。

私個人としては、やはり社会人である以上は、理想は理想として置いておいて、それとは別に結果はきちんと出さないといけないのでは、そうでないと評価されるときは永久にやってこないのでは、と思うのですが。
政治に信念を持つのは、すごくいいことだと思います。
しかし、やはりそこは党首たるもの、いち政治家と同じ姿勢ではダメでしょう。
理解されなくてもいい、というのは、2ちゃんねる風に表現すれば「チラシの裏に(ry」ということですから。

ただ、その辺を滲ませる、前原新代表に対しての「彼個人の考えと、代表になったときの立場は違う」という言葉は象徴的ですね。

岡田氏は仮にも元自民党で、旧社会党が多数含まれる現在の民主党をまとめ上げるためには、自分の理想とは全く違うことを口にしなければいけないことも、多々あったはずです。
2ちゃんねるでは「シナの走狗」だの「売国奴」だのと言われ続けた岡田氏ですが、そこに対しては同情を禁じ得ません。

ただ、民主党の衆院選での敗因が、ほとんど分析されていないのは気になります。
もう代表じゃないから、そんなこと考える必要もないのでしょうか。それではダメですよね。

私の考える、民主党の敗因というのは、やはり「党首」。これに尽きたと思います。
党の看板である党首が、あまりにも弱かった。それだけの話ではないでしょうか。

例えば、自民党の小泉首相、公明党の神崎氏、国民新党の綿貫氏、新党日本の田中氏。
どの方も、政策はともかく、人を惹きつける「何か」があると思います。

逆に、岡田氏や、共産党の志位氏、社民党の福嶋氏には、そういう面が足りない。
(見た目とかそういうのではなく)
例えばテレビで姿を見て、「おっ」と思わない。

やはり、ぱっと見て目を引くようなタイプの人でないと、党首というのは勤まらないと思います。
いくら唱える政策がすばらしくても、その政策を聞いて貰えない、伝わらないのでは、問題外ですから。

前原新代表には、そういう「党首としての器」は、少し足りないまでも、これからかな、と思います。
別に民主党の応援をする気は毛頭ないですが、対抗馬がダメダメじゃ、政治も面白くないですから。
日本を良くするために、前原新代表にも頑張っていただきたいものです。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 00:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

民主党の新党首候補は、実は郵政民営化に大賛成だった!

kintaさんとこ(恐怖!猫屋敷)からインスパイアw

少し前のしんぶん赤旗より。
(元ネタを発見したのは他のサイトですが、赤旗が一番良くまとめられていたので)

小泉首相の郵政民営化 民主議員が終始応援
郵政法案めぐり右往左往 本音賛成のネジレが原因
(しんぶん赤旗 8/25)
 小泉純一郎首相の郵政民営化政策を終始応援してきたのは民主党議員だった――郵政民営化政策にたいし民主党の対応が右往左往していますが、その背景の一つに民主党の有力議員が首相の郵政民営化構想に終始応援団の役目を買ってでていた事情があります。

 小泉氏は一九九八年の自民党総裁選に出馬し、郵政民営化を訴えましたが三位で敗北しました。その後九九年五月に自ら会長になって超党派の郵政民営化研究会を旗揚げ。「(郵政三事業の)民営化へ向けての具体的なプランを立案し、国民に積極的に働きかけていきたい」(趣意書)としていました。同年十一月七日には「私たちが提起する郵政事業改革」を提言しています。

 郵政民営化研究会の加入メンバーは二〇〇一年六月現在で二十八人自民党五人にたいして民主党からは十九人が参加。事務局長を松沢成文民主党衆院議員(当時、現神奈川県知事)がつとめ、民主党議員が小泉氏を担ぎ上げて郵政民営化を推進するかっこうでした。

 郵政民営化研究会に参加したメンバーの多くは現在、民主党執行部の主要ポストについています。(別項)

 郵政問題担当の民主党の責任者である五十嵐文彦・「次の内閣」総務大臣、前原誠司・同防衛庁長官、鮫島宗明・同農林水産大臣、古川元久政調会長代理らが加わっていました。

 郵政民営化構想を応援団として推進しながら、今回の政府の「郵政民営化法案」に反対。他方、マニフェスト(政権公約)では郵貯・簡保の縮小という形で民営化の方向をにじませる。わかりにくい民主党の郵政民営化問題への対応です。

 もともと岡田代表は郵政民営化賛成の立場を表明していました。総選挙向けに「二大政党対決」をつくり出そうとして法案に反対したものの、民営化賛成の本音とのつじつま合わせに苦労している背景がみえてきます。


--------------------------------------------------------------------------------

▼郵政民営化研究会メンバーの民主党前衆院議員の顔ぶれ

 五十嵐文彦(前出)、上田清司(現埼玉県知事)、奥田建常任幹事、小林憲司国対副委員長、鮫島宗明(前出)、島聡役員室長代理、末松義規文化団体局長、鈴木康友政調副会長、樽床伸二団体交流委員長、手塚仁雄東京都連幹事長、中津川博郷国対副委員長、長妻昭調査局長、藤村修前衆院青少年特別委員長、古川元久(前出)、前田雄吉国対副委員長、前原誠司(前出)、松崎公昭副幹事長、松沢成文(前出)、海野徹元参院議員


詳しくは「郵政民営化でこう変わる―『国営神話』には、もうだまされない」(著:松原 聡 出版社:角川書店)という本に載っているそうです。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 09:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

菅源太郎氏(党県副代表)

菅源太郎氏のHPより。
(順番は古い方が上に来るように編集しました)

2005.9.11[日]
捲土重来
 小選挙区・比例代表とも敗北。民主党苦戦とはいえ岡山では2区・4区で小選挙区勝利しているだけに極めて厳しい結果。
 今日から捲土重来を期して再び活動を開始する。

2005.9.12[月]
感謝
 おはよう730(朝遊説)で結果報告。弁士は江田・高井・草苅・姫井・羽場。
 お世話になった方々にご挨拶。本人の知らないところで多くの方々に支えていただいたことを改めて痛感。選挙を戦えること自体を感謝する。

2005.9.13[火]
期待
 挨拶廻り。再挑戦に期待する声をいただく。ありがたい。

2005.9.14[水]
日常活動
 挨拶廻り。小選挙区で勝利した2区・4区の日常活動に学ぶべきとの指摘。肝に銘じて活動したい。

2005.9.15[木]
在外投票権
 朝遊説は福浜小。弁士は市議補選予定候補の近藤昭前市議、羽場頼三郎市議、菅。市民本位の市政確立のために支援を訴える。
 挨拶廻りのあと、羽場市議の地元の皆さんによる残念会・激励会。叱咤激励を受ける。
 小選挙区での在外投票権を保障するよう求める最高裁判決。選挙権の権利性を重視したものとして高く評価したい。



・・・えーっと。
いちおう、言葉少なに「感謝」とかは書いてはありますが。

もう30過ぎた社会人なんだから、せめて

「岡山一区の皆様方からは6万余もの票を頂きましたが、残念ながら私の力及ばず、次点と相成りましたことを御報告させていただきます。この悔しさをバネに、また皆様からの暖かい応援を励みにして、次こそは必ずや皆様の期待に添える結果を出せるようにしたいと思っております」

位のことは書けないのかね。


嘘でもいいから、せめてそれ位。

#もちろん、公職選挙法のせいでおおっぴらに御礼の言葉を発することができないのは承知してますが。でもそれを考慮しても、ちょっと・・・
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 02:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

「知らなかった」「忘れていた」では済みません

公民権停止判明、比例名簿から社民候補抹消 中央選管 (朝日新聞 9/2)
 中央選挙管理会は2日、衆院選の比例中国ブロックに社民党から立候補した、医師で新顔の羽熊直行氏(61)を名簿から抹消したと発表した。羽熊氏が04年6月に公職選挙法違反(詐偽投票など)で罰金10万円の刑が確定し、5年間の公民権停止期間中であることがわかったため。衆参両院の選挙で、候補者の公民権停止が判明し比例名簿から抹消されたのは初めてという。

 公職選挙法は投票日までに候補者が死亡したり、被選挙権がなかったことが分かったりした場合は、名簿の記載を抹消し、直ちに政党に通知しなければならないと定めている。

 総務省は30日の公示日に社民党から比例名簿の届け出を受け、羽熊氏の本籍地である京都市左京区と住所地である広島市佐伯区に、犯歴などを郵便で照会した。2日に両区から羽熊氏が公民権停止状態にあると電話連絡があったという。

 羽熊氏は立候補にあたり、候補者となることができるとする「宣誓書」を中央選挙管理会に提出していた。宣誓書が虚偽だったとして、羽熊氏が公選法の立候補の虚偽宣誓罪に問われる可能性もある。

 社民党の又市征治幹事長は2日夜、「本人からは、事実関係を隠蔽(いんぺい)するなど悪意はなく、自覚が足りなかったことを深く反省する旨の意思表示があった。深くおわび申し上げる」との談話を発表した。

 羽熊氏の登録抹消で、衆院選の候補者数は計1131人となった。


あ ほ か !

これ、発覚すればたとえ当選しても見逃してもらえるはずもなく、そういったことを考えるに、本当に知らなかったか忘れていたかだとは思いますが・・・

しかし!

ありえないでしょ。公職選挙法違反ですよ。確定したのは去年ですよ。
もし、本人が勘違いしたか忘れていたかしても、少なくとも党が把握してないとダメでしょ!マジで。
立候補するのに、公民権停止期間中だなんて、根本的な事が把握できてないなんて。

有権者としても、そんな政党に投票したいと思いますか?
そうは見てくれませんよ。有権者は。
こんな基本的なことすら把握できなくて、「悪意はなかった」で済まされては、ちょっと・・・ねぇ。


「社民党だから」叩くわけではないのです。
選挙に立候補するということ、議員として国民の代表となろうとする事というのは、そんな軽いことではいけない、という意味で、猛省していただきたいものです。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 21:30| Comment(4) | TrackBack(1) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

民主党は沖縄をどうしたいのか

民主党HPより

民主党沖縄ビジョン【改訂】 (8/3)
I. 「沖縄」を考える
沖縄は東アジアにおいて独自の地理的位置を占め、広大な海域に分布する亜熱帯性気
候におおわれた島嶼地域である。
このような特異な自然的風土の上に「琉球」という独自の国家を成立させ、日本列島とは
異なる歴史をたどった。その後、島津侵入(1609年)、琉球処分=沖縄県設置(1879年)とい
う経緯を経て段階的に日本社会のうちに編成され、更に太平洋戦争後にアメリカによる統
治を経験した後、住民の選択・要求の結果として日本社会へ再び復帰したものである。
沖縄は先の大戦で唯一の地上戦が繰り広げられ数多くの尊い人命が失われた土地であ
り、終戦後27年間は米国の施政権下に置かれたばかりか、更に1972年の復帰以降も在日
駐留米軍専用施設面積の75%が集中する等の状況が続いていることが沖縄の進むべき
道を妨げている。
しかし、「沖縄」を考える時に、「負の清算」にとどまるべきではない。米軍基地をはじめ軍
事基地を減らしていくための絶え間ない努力を続けながら、基地経済からの脱却方法を探
ることが欠かせない。
かつての環シナ海交易を通じて沖縄は、歴史的に中国本土、朝鮮半島や台湾、更には東
南アジア各地と深いつながりを持ってきた。グローバル化が進む今日、東アジアの中心に
位置する沖縄の地理的特性等はますますその重要性を高めている。
こうした自然と風土、歴史と文化の資産を活かし、観光・交流、研究・教育や安全保障等
で沖縄があらためて自主自立の新たな道を切り開くことを通じて、沖縄はアジア、そして世
界への日本の情報発信や各種貢献を実現する力強い魅力あふれる先端モデル地域にな
りうると考える。

II. 私たちの目指す姿勢
民主党は「自立・独立」「一国二制度」「東アジア」「歴史」「自然」の5 つのキーワードが、
沖縄の真の自立と発展を実現するための道しるべになると考えている。つまり、沖縄にお
いて「自立・独立」型経済を作り上げるためには、「一国二制度」を取り入れ、「東アジア」の
拠点の一つとなるように、沖縄の優位性や独自性のある「歴史」や「自然」を活用することで
ある。そして、これらのキーワードを活用する沖縄を通じて、日本は目指すべき次なる姿を
描けると考える。
(後略)


一国二制度ってあんた。本気で言ってます?
それって、日本に「沖縄自治区」を造ること以外のなにものでもないんですが。

ん?まてよ・・・

・米軍基地をなくす
・(日本から)自立・独立
・東アジアの拠点になる

もしかして・・・・

沖縄を、日中で共有して、「日中友情島」にしたいってことですか?それなら納得・・・するわけねーだろヴォケ
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

最後の頼みの綱がこれですか

辻元清美氏、社民公認で衆院選出馬へ 大阪10区 (朝日新聞 8/15)
 社民党は15日、衆院大阪10区に辻元清美元衆院議員(45)を公認候補として擁立する方針を固めた。16日に正式に表明する。

 辻元氏は昨年に社民党を離党しており、無所属での立候補も検討していたが、同党幹部が「護憲勢力の結集のため、再度協力してほしい」と要請していた。15日午後、同党幹部は「公認候補として立候補する」と語った。

 同氏は02年3月、秘書給与詐取疑惑が発覚して衆院議員を辞職。03年7月、詐欺容疑で逮捕され、04年2月に東京地裁で懲役2年執行猶予5年の有罪判決を受けた。その後、04年7月の参院選大阪選挙区で立候補したが、落選していた。


横光副党首に逃げられ、その逃げられた民主党にも選挙協力を事実上断られ・・・
そんなこんなで1議席でもほしい社民党、とうとうこの人をまた担ぎ出してきました。



あほか。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

ここはひどい民主党ですね

プエルさんとこ(rarelity0)で発見。



それは8月1日のことでした。

民主・岡田代表が公明との連立否定 (朝日新聞 8/1)
 民主党の岡田代表は1日、日本記者クラブで会見し、自民党の現状について「大きな決定は公明党なくしてはできないというのが今の自民党だ。選挙も含め、完全な依存体質になっている」と述べたうえで、公明党との連立の可能性を否定した

 郵政民営化法案の行方に関しては「衆院を解散するというのは(小泉首相が)否決を防ぐための方法論」と述べたが、実際に総選挙になった場合の見通しについて「単独過半数を取る可能性が十分にある」と自信を見せた。


そして、そのわずか4日後の、きょう。
民主幹部 公明と協力模索を(NHK 8/5)
会談では、郵政民営化関連法案の審議の行方に関連して、自民党執行部の反対派への説得は難航しており、法案は参議院本会議で否決され、小泉総理大臣が衆議院の解散・総選挙に踏み切る可能性が高いという見方で一致しました。そのうえで、3氏は、衆議院選挙になれば政権交代のチャンスとなるものの、民主党単独で過半数の議席を獲得するのは容易ではないとして、公明党との協力関係も模索する必要があるという認識で一致しました。これに先だって、小沢氏は、羽田元総理大臣とも会談し、今後の政局への対応について、協力していくことで一致しました。小沢、菅、鳩山の3氏は、それぞれ議員グループを率いる実力者で、岡田代表を支えつつ、今後の党内運営で主導権を確保したい狙いがあるのではないかという見方も出ています。


('A`)<・・・
('A`)<・・・
('A`)<党首ッテ、イッタイ、ナニ?

追記:
政局・最前線 党首討論で小泉・菅対決/菅氏、参院選意識の攻め口(東奥日報 04/2/18)
 さらに菅氏は、参院選での自公選挙協力を念頭に、連立政権に矛先を向け「自民党は公明党の顔色を見ている。自立した党ではない。『自民公明融合新党』だ」と挑発。しかし首相は「国会の過半数の議席を得ようと努力するのは政権を取ろうと思ったら当然の努力だ」と「融合」批判をはねつけた。

・・・ま、菅さんは昔から、こんな人ですからねw
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

そんなに与党でいたいのですか

「民主と連立躊躇せず」冬柴幹事長、郵政反対派けん制 (朝日新聞 7/27)
 公明党の冬柴鉄三幹事長は27日、日本記者クラブで講演し、郵政民営化法案が否決される場合の衆院解散に否定的な見解を示したうえで、仮に総選挙となって民主党が第1党になる場合、「政治の安定のためにはそれしかないというのなら、(民主党との連立に)ちゅうちょすべきではない」と語った。法案の可否のカギを握る参院自民党の反対派を強く牽制(けんせい)したものだ。
(以下略)

・・・あほですか、あなた。

「私(公明党)は、あなた(自民党)が権力を持ってるうちは手を組むけど、落ち目になったらあなたを裏切って、ライバル(民主党)と手を組みますよ」
と言ってるわけです。

いったい誰が、そんな香具師を信用できますか?

「酔えば勤皇、醒めれば佐幕」といったところですかね。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

距離感・違和感・第六感

番組改変、政治家への説明に違和感…民主・岡田代表 (読売新聞 7/26)
 民主党の岡田代表は26日の記者会見で、NHK戦争特集番組改変問題について、「政治家、特に政府の要職にある人がメディアに説明を求めることや、(メディアが)説明に行くことについて、政治とメディアの距離感から、非常に違和感を感じる」と述べた。

 その上で、「説明に行った(NHKの)方も見識がないし、メディアの自覚に欠けている。安倍晋三さん(当時、官房副長官)も自らがどういう立場にあるか理解していない」と、NHK、安倍氏双方に問題があるとの見方を示した。


漏れは、民主党と、朝日新聞・TBSの距離感に、非常に違和感を感じるんですが・・・
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

民主党の雇用対策の真実

ニュース速報+板で見つけたのでコピペ。

minshu_koyou.gif
http://www.dpj.or.jp/seisaku/kan0312/koyou/


激しくワロタw
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 05:53| Comment(4) | TrackBack(1) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

数字の大小くらい理解してください

造反多数、不信任に相当=小泉内閣は退陣を−岡田民主代表 (時事通信 7/5)
 民主党の岡田克也代表は5日午後の記者会見で、郵政民営化法案の衆院本会議採決で自民党から多数の造反者が出たことに関し、「事実上の(内閣)不信任だ。小泉純一郎首相は重く受け止めて退陣の道を選ぶべきだ」と述べ、小泉内閣の退陣を求めた


「今から小泉くんの信任投票を行います」
「小泉くんを支持する人、233人。支持しない人、228人。」
「小泉くんを支持する人が、支持しない人よりたった5人しか多くなかったので、小泉くんを不信任とします」

・ ・ ・ あ ん た は 小 学 生 以 下 で す か ?

・・・と、こんなアホは日本に一人しかいないと思っていたら。
いましたよ。もう一人。

郵政法案:造反議員に「仲間として連帯感」 労組委員長 (毎日新聞 7/5)
 日本郵政公社労働組合の菰田(こもだ)義憲委員長は5日、自民党に多くの造反議員が出たことについて「小泉政権に対する不信任だ。執行部の締め付けに屈しない勇気ある行動に敬意を表し、仲間として連帯感を持つ」と述べた。参院審議については「ユニバーサル(全国一律)サービスの提供、公社のままでの経営改革の推進の立場を堅持し、否決、廃案を目指す」と強調した。

 一方、日本郵政公社の生田正治総裁は、採決が小差だったことについて「07年の民営化の瞬間から郵便局がどっと減ってしまうという不安を持つ人が多いのではないか。参院ではこうした懸念を中心にしっかり審議してほしい」と語った。


民主党と労働組合で、言ってることが全く同じ。仲良しさんですね
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

自爆大好き民主党3

共産党・穀田恵二議員のHPより。
長いですが、抜粋して真意が伝わらなくなるのはイヤなので全文引用しました。
穀田議員、すみません。
続きを読む
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 02:58| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

自爆大好き民主党2

前の記事の続きです。

自民党に反撃された民主党ですが、言うに事欠いて、小泉首相をはじめとする、自民党議員4人の懲罰動議を衆院に提出したとのことです。

懲罰動議:首相らの「酒気帯び登院」に、民主党が提出 (毎日新聞 6/20)
 民主党は19日、会期延長を議決した17日の衆院本会議に「酒気を帯びて登院した」として、小泉純一郎首相や自民党の武部勤幹事長ら4人の懲罰動議を衆院に提出した。民主党は既に森喜朗前首相ら2人について、与党側は民主党の樽床伸二氏ら3人について同じ理由で懲罰動議を提出している。

 ◇首相「飲んでない」!

 小泉純一郎首相は20日午前、民主党が17日の衆院本会議に酒気帯びで出席したとして首相らの懲罰動議を提出したことについて、「(民主党は)ずいぶんいい加減な政党になった。あの日は私は一滴もお酒を飲んでいない。なんででたらめな懲罰動議を提出するのか分かりません」と反論した。ソウル出発前に首相官邸で記者団に答えた。

で、民主党議員にも酒気帯び登院した議員がいたことについては、こんな弁明。
飲酒問題で民主が言い訳 経団連パーティーに出たけど飲んでない (しんぶん赤旗 6/20)
 民主党の岡田克也代表は十九日、足立区での都議選演説のなかで、十七日夜の会期延長を決める国会本会議で自民党と民主党の議員が酒を飲んで出席したとして懲罰動議が出された問題に関連し、「自民党の一年生議員は責めないが、小泉総理も赤い顔に見えた国民を見下しているのではないか」とのべ、民主党自身のことにはふれず、小泉首相批判に終始しました。

 ところが、同じ演説会場で同党の城島正光衆院議員は「民主党の三人の議員は、経団連のパーティーに出ただけだ。飲んでいない確認もしないで懲罰動議を出すのはひどい」とのべ、飲酒の場所とされている財界パーティーに同党議員が出席していたことを告白しつつ、飲酒の事実の否定に躍起でした。


・・・すみません、どこからつっこめばいいですか。

追記:
Irregular ExpressionさんにTBしてみます。
民主党、小泉首相から「でたらめ」と認定
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

自爆大好き民主党

衆議院本会議で、酔ったまま出席した議員がいるということで、問題になっているようです。

自民議員「酒気帯び」で会期延長議決遅れる・衆院本会議 (日本経済新聞 6/17)
 17日夜の衆院本会議に、数人の自民党議員が「酒気帯び」で出席したことに野党が反発、会期延長の議決が予定よりも30分ほど遅れた。

 本会議は午後5時に休憩に入り、午後9時前に再開。議決反対の討論に立った社民党の阿部知子氏が赤ら顔の議員を見とがめ、「即刻、退場すべきだ。『酒気帯び国会』を延長する必要はない」と声を張り上げた。

 これを聞いた自民党の秋葉賢也氏は議場閉鎖中にもかかわらず退場。場内はさらに騒然とした。

 河野洋平議長が投票を呼びかけたが、野党はしばらく応じず、一時は徹夜かとの憶測も飛び交った。

 民主党の岡田克也代表は本会議後の党代議士会で「小泉純一郎首相と森喜朗前首相も赤い顔をして投票していた。いかにいいかげんな国会か分かる」と批判した。

衆院本会議「酒気帯び」で一時混乱 会期延長の採決で (朝日新聞 6/18)
 会期延長を議決した17日夜の衆院本会議で、民主、社民両党の議員が、自民党の一部議員が酒気を帯びて議場に入ったとして、30分以上にわたって投票を拒否した。

 社民党の阿部知子氏は反対討論の冒頭、「赤ら顔で議場に入った与党議員がいる。酒気帯びの方は即刻退場してもらいたい」と発言。野党側は一部議員の退席や、投票のやり直しを求めたが、与党が受け入れず、最終的に投票に戻った。

 散会後、野党側は特に飲酒の疑いが強いとして、森前首相と秋葉賢也氏の懲罰動議を提出。これに対抗して自民党も、「野党にも飲んでいる人がいる」として、樽床伸二、平岡秀夫、吉田治の3氏の懲罰動議を出した。

 衆院は1948年に酒気帯びで議場に入ることを禁止する決議をしている。

飲酒議員:国会延長議決の衆院本会議で問題に (毎日新聞 6/18)
 「本会議場に赤ら顔で酒気を帯びて入ってきた与党議員がいる」−−。今国会の会期延長を議決した17日夜の衆院本会議で反対討論に立った社民党の阿部知子政審会長が一部の自民党議員が「酒気帯び登院」したと批判、民主、社民両党が記名投票を約30分にわたり拒否するというハプニングがあった。

 阿部氏は討論で「(酒気帯び議員は)即刻退席してほしい」と訴え、議場は騒然となった。両党議員は抗議し採決に応じなかったが、河野洋平議長が投票を再三促し「あと10分以内で投票しないと棄権とみなす」と通告したため投票した

 衆院では1948年、当時の泉山三六蔵相(故人)が国会内で飲酒し、泥酔して女性議員の体に触れる事件が発生。「議員は酒気を帯びて議場に入ることを厳禁すべし」という「議場内粛正に関する決議」を可決したことがある。

 民主党は酒気帯び登院したとする議員の懲罰動議を同日夜、河野議長に提出。逆に自民党は別の民主党議員も酒気帯び登院したとする動議を出して対抗するなど、飲酒論争は尾を引きそうだ。【平元英治】

「国民を愚ろう」岡田民主党代表、酒気帯び議員を批判 (読売新聞 6/18)
 民主党の岡田代表は18日、東京都内での街頭演説で、会期延長を議決した17日夜の衆院本会議に酒気帯びで出席した議員がいたとされる問題について、「国民を愚ろうしている。国民の負託を受けて1票を投じる場に、顔を真っ赤にして来て、本気で政治に取り組んでいると言えるか」と批判した。


ここまで読んでも、「どこで酒を飲んできたのか」書いている新聞はありませんね。
しかも新聞によっては、民主党の議員も、ということを書かない始末。

実は、そのへんを唯一きちんと書いているのが、しんぶん赤旗でした。

自民・民主議員ともに“酒気帯び”延長強行の本会議 (しんぶん赤旗 6/19)
会期延長を議決した十七日夜の衆院本会議で、複数の自民党議員が酒気を帯びて出席したとして民主、社民両党が記名投票に立たず着席のまま抗議を続け、投票終了が約三十分ずれこむ事態になりました。

 名指しされた自民・秋葉賢也議員は顔中真っ赤な状態でした。衆院規則では国会の品位を傷つける行為を戒めており、議院運営委員会のメンバーが議場内で協議しました。日本共産党の穀田恵二議員は自民党理事に、飲酒している議員の退席を求めるとともに、本会議後に議院運営委員会理事会を開いて協議することを求めました。

 ところが自民党理事は「民主党にも酒を飲んでいる者がいる」と“反撃”。穀田氏がただしたところ、民主党理事はこれを認めました

 こぶしを振り上げた民主党ですが、身内にも飲酒した議員がいたわけで、同党理事が所属議員に投票を促す始末に。本会議終了後に民主、自民の双方から懲罰動議が出されましたが、相打ちで済ますことはできません。

財界のパーティーに出ていた
飲酒議員の一部

 十七日夜の衆院本会議に飲酒して出席した議員の一部は同日午後六時から東京・経団連会館で開かれた企業人政治フォーラム(会長・宮原賢次日本経団連副会長・政治企業委員長=住友商事会長)の二〇〇五年度定時総会・記念パーティーに出席した議員でした

 パーティーには自民、民主、公明三党の衆参国会議員が招待されていました。パーティーに先立つ総会では自民党の武部勤幹事長が講演しました。

 企業人政治フォーラムは一九九六年七月発足した企業と企業幹部を会員にする日本経団連の政治活動組織。自民、民主、公明三党と懇談会・対話を開いているほか日本経団連推薦の参院議員の選挙活動をしています。


posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 12:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

なんか民主党の市議会議員らしき人がキンタマ祭りになっている件について

なんか民主党の草津市議会議員さんらしき人のパソコンがキンタマウイルスに感染、盛大に祭りになっている模様。

まとめサイト(もしかして民主党市会議員のPCから住所録などを流出? まとめ)

m9(^Д^)プギャー

いやーでも、これはちょっとやばいよねぇ・・・
さて標記の件につきまして、例年どおり「議員活動補助金」
(後援会収支報告書上では、政治活動委員会からの寄付金扱い)として、
4月11日(月)付で、各後援会口座へ振込をさせて


posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

お ま え が 言 う な

もう3日も前のニュース記事で、元記事もすでに削除されているのですが、どうしても書きたかったので。

民主・岡田代表、副知事辞任などの東京都政の混乱について石原知事の責任を指摘 (Yahoo!ニュース−FNN)
 民主党の岡田代表は31日の記者会見で、東京都の浜渦武生副知事の辞任が
余儀なくされるなど、混乱していることについて、石原慎太郎都知事に責任がある
との考えを示した。

 岡田代表は「異常な事態であることは間違いない。そういう事態を招いたことについて、
トップとしての責任は当然あると思う」と、都政の混乱について、石原知事の責任を
指摘したうえで、「週2〜3日しか登庁せずに、都庁や議会とのコミュニケーションが
取れていたのか」などと石原知事を批判した。

 また、岡田氏は日本歯科医師連盟の臼田貞夫前会長が、自民党旧橋本派への
ヤミ献金などで有罪判決を受けたことを受け、橋本元首相の国会での証人喚問を要求し、
小泉首相の自民党総裁としての説明責任を追及していく考えを示した。

関連サイト:
2ちゃんねるニュース速報板のスレ

も う ね ア ボ ガ ド バ ナ ナ か と

偽証して都政を混乱させたのは あ ん た ん と こ の 都 議 なんですが

ト ッ プ と し て の 責 任 っていったい何よ

つかマジでこの事件の背景 知 ら な い ん じ ゃ な い の あ ん た
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 03:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

同じ外交とは言ってもえらい違いですね の続き

先日の記事(同じ外交とは言ってもえらい違いですね)についてですが。
朝日新聞の記事を元に、民主党・岡田代表がわざわざ会ってきた「スーダン国民議会のムスタファ外交委員長」って誰よ?検索しても出てこないんだけど、というツッコミを入れたわけですが、コメント欄で、「通りすがり」さんより「ムスタファ・オスマーン・イスマイール外務大臣」のことではというご指摘を頂きました。
で、「それで外交を語るってあんまりです…。」なんてコメントが付いていたので、大人げない漏れはこうやって新規記事を作ってみるわけですw

まず最初に言い訳。

確かに漏れ、外交を語るほど知識ありません。正直。
例えば、韓国の要人なんて、ノ大統領くらいしか知りませんですよ。はい。

でも実は、元記事書いた時点で、そこの外務省の要人略歴欄についてはすでに調べてたんですよw

そこらへんまで突っ込んだ記事を書こうかとも思ったんですけど単に面白くなさそうだったから、その時は書かなかっただけなんですね。

で、その書かなかった、面白くなさそうなことを、頑張って少し面白くしてみますw

その「ムスタファ・オスマーン・イスマイール外務大臣」と、朝日新聞の記事中の「ムスタファ外交委員長」って、本当に同一人物なのか、確証が持てなかったわけですよ。

なぜなら。

イスマイル外相 の検索結果 (Google)・・・110件
イスマイール外相 の検索結果 (Google)・・・23件
ムスタファ外相 の検索結果 (Google)・・・3件

イスマイル外務大臣 の検索結果 (Google)・・・3件
イスマイール外務大臣 の検索結果 (Google)・・・3件
ムスタファ外務大臣 の検索結果 (Google)・・・0件

「ムスタファ・オスマーン・イスマイール外務大臣」の場合、新聞記事等にするときの表現は、ラストネームである「イスマイール」外相、ですよね。普通。
ご指摘いただいている元ネタの、外務省の要人往来のHPでも、ラストネームのところにわざわざアンダーバーで表現されていることですし。

すごく仲がいい場合、要人であってもファーストネームで表現するのかもしれないですけどw、そんなの「ロン・ヤス」じゃないんだし、ありえないと思っていたのですが。

ええ、ありえないと思っていたんですよ。正直。

だから、同一人物なのかどうか、わからなかったわけですよ。ええ。

ところが。

先ほどの検索結果で、「ムスタファ外相 の検索結果 (Google)・・・3件」なわけですよ。

3件?ええっ???

その3件の結果をよーく見てみると。
・北京放送
・世界日報
・北京放送の旧HP

・・・・・

朝日新聞さん?どういうことですか?
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。