2006年04月08日

6試合連続安打

いまさらだけどおとといの結果

2回表 先頭打者 2−2からインハイを見逃しスン振 (川島)
4回表 一死ランナー無し 2−1からライトぷよムラン (川島)
7回表 一死ランナー無し 0−1からライトへ痛烈なヒット (川島)
8回表 二死ランナー無し 2−3からフォアボール (高津)

本日:3打数1安打0本塁打0打点1四球 打率.250
通算:20打数8安打2本塁打6打点7四球 打率.400
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

いつものスンヨプさんが帰ってきた

いまさらだけど昨日の結果

1回表 一死1・3塁 2−2から右中間を破る2点タイムリーツーベース (松井)
2回表 二死1・2塁 すべて外角に外れるストレートのフォアボール (松井)
4回表 二死2塁 2−1からフォークを空振りして今季初スン振 (松井)
7回表 先頭打者 2−1から2球ファールで粘ったが空振りスン振 (佐藤)
9回表 先頭打者 1−2からピッチャーゴロ (吉川

※4回裏にラミレスが打ったファーストフライを落球し今季初エラー

本日:4打数1安打0本塁打2打点1四球 打率.250
通算:17打数7安打2本塁打6打点6四球 打率.412
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 20:26| Comment(3) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

スン振はいずこへ

昨日の結果

1回表 二死1塁 初球をスカンドゴロ (石井一)
3回表 二死1・2塁 1−1からショートフライ (石井一)
6回表 先頭打者 1−3から四球 (石井一)
7回表 二死ランナーなし 0−1からセンター前ヒット (吉川)
9回表 二死ランナーなし 2−3から8球目を四球 (高津)

本日:3打数1安打0本塁打0打点2四球 打率.500
通算:13打数6安打2本塁打4打点5四球 打率.462

うーん。
ここまでスン振なし、5四球。
今季は球がよく見えてるってことですかね?
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 07:36| Comment(3) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

地震とスンヨプさんと柵越えぷよムラン

今日の結果

1回裏 一死1・2塁 0−1からライト前ヒット (吉見)
2回裏 二死2塁 0−1からファーストゴロ チェンジ (吉見)
5回裏 無死1塁 2−1からサードゴロ ゲッツーは成らず その後隠し球でアウト (吉見)
7回裏 一死ランナーなし 2−2から左中間スタンドへソロ柵越えぷよムラン (加藤)

本日:4打数2安打1本塁打1打点0四球 打率.500
通算:10打数5安打2本塁打4打点3四球 打率.500

posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:01| Comment(5) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつものスンヨプさん?

昨日の結果

1回裏 二死2塁 1−1からスカンドゴロ チェンジ (土肥)
4回裏 無死先頭打者 2−2からバットを折られてスカンドゴロ (土肥)
6回裏 無死先頭打者 初球を打ってライトフライ (土肥)
8回裏 一死ランナーなし 2−0から外角ボール球に手を出しサードゴロ・・・と思いきやサード村田の悪送球で二塁へ サード内野安打+エラーと認定(川村)

本日:4打数1安打0本塁打0打点0四球 打率.250
通算:6打数3安打1本塁打3打点3四球 打率.500

スカンドゴロと最後の魔法的死になさい安打・・・といつものスンヨプさんのように見えますが。
去年と明らかに違うところ

ス ン 振 が な い 。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

お知らせとか(3月)

※常時ageのために日付が3/31になっています。

いやー忙しいっす。
まあボチボチ更新しますですよ。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けっきょく何がしたかったのかよくわからん

前原執行部が総退陣、永田氏も辞職願…7日に代表選 (読売新聞 3/31)
 民主党の前原誠司代表(43)は31日、永田寿康衆院議員(衆院比例代表南関東ブロック、党員資格停止中)が引き起こした「偽メール」問題の責任をとり代表を辞任した。

 前原氏の後任は4月7日の両院議員総会で党所属国会議員の投票により選出される。 一方、議員辞職を拒んでいた永田氏は党の説得を受け入れ、31日午後、河野衆院議長に議員辞職願を提出した。4月4日の衆院本会議で辞職が許可される。

 前原氏は31日昼、党本部で開かれた党臨時役員会で辞任する意向を表明し、その後、国会内で開かれた両院議員総会で前原氏の辞任と鳩山幹事長ら党執行部の総退陣が了承された。両院議員総会で、鳩山氏は代表選挙を7日の両院議員総会で行う方針を示し、了承された。

 前原氏は31日夕、党本部で記者会見し、辞任の理由について「問題を打開し、野党第一党の責任を果たし、国民の信頼を取り戻し、政権交代を腹の底から訴えるには、人心一新が必要だと考えた」などと語った。

 前原氏の後任について、党内に「危機克服にはベテラン議員への一本化を図るべきだ」との意見があるため、小沢一郎・前副代表、菅直人・元代表、鳩山氏らを軸に動きが活発化しそうだ。

 また、次期代表の任期は現状のままだと前原氏の残り任期の9月までとなるため、「つなぎ役」として渡部恒三国会対策委員長の起用を求める声もある。

 これに関連し民主党は31日、「偽メール」問題に関する党検証チームの調査報告書を公表した。この中では、永田氏が元記者、西沢孝氏から提供を受けた「偽メール」を本物と思い込んで検証を怠り、事実と違う情報を当時の野田佳彦国会対策委員長に伝えて誤信させたと断定した。

 野田氏が「新たな証拠」を入手するため1000万円程度は党で用意できるとの考えを永田氏に伝えていたことも明らかになった。

 同日夜、国会内で記者会見した永田氏は、「これ以上の混乱を避ける意味で、この判断(辞職)が正しいと理解した。もっと早い段階で辞職していれば日本の受けたダメージを小さくすることができたと言われれば、確かにそうかも知れない」と述べた。

えーと、漏れ、まさかこんな展開になるとは思ってなかったです。

いくら、西澤孝氏との絡みが明らかになり、民主党にとって逆風となっているとはいっても、今の今まで辞任しなかった前原代表・辞職しなかった永田議員。
ここまで辞任や辞職しなかったということは、あらゆる批判を受けてでも、代表として・議員として頑張る意気込みだと思ってたんですよ。
もう、辞める辞めないの次期なんて、とっくに過ぎていたんだとばかり思っていました。

それが、今さらな感の、永田議員辞職と執行部総退陣。
今辞めて、何か変わるんでしょうか。
辞めるのであれば、今じゃなくて、ずっと前に辞めなければいけなかったのでは、と思います。

漏れには、前原代表以下執行部と永田議員は、何をどうしようと思って今まで辞めず、何があって今辞めなければいけなかったのか、さっぱり見えてこないです。
誰の、何の為なのか。

まったく理解できません。
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会党のようなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】打率十割

【巨人】70代の4番李が先制打&1号 (ニッカンスポーツ 3/31)
<巨人12−2横浜>◇31日◇東京ドーム

 巨人の李承■が球団70代の4番打者として先発出場。いきなり先制の2点適時打を放った。1回1死二、三塁から三浦のフォークを中前へ運び「開幕して1打席目に安打が出て気分がいい」。責任を果たし、余裕も漂う5回無死だった。1号ソロを右翼スタンドに運んだ。「シンカー。追い込まれていたけれどジャストミートできました。会心の当たりでしたね。4番としての自覚をもって臨んでいるので、いい結果になっているんだと思うよ」と気持ちよさそうだった。

※■は火ヘンに華


あとリンクのみで。
G新4番・李スンヨプ先制打&1号 (スポーツニッポン 3/31)
先制2点適時打と1号ソロ 巨人の新4番・李 (NIKKEI NET 3/31)
【野球】イ・スンヨプ、開幕戦で第1号HR (朝鮮日報 3/31)
<野球>李承燁、決定打、ソロ本塁打など3打点…開幕戦の英雄に (中央日報 3/31)

というわけで今日の結果。

1回裏 一死2・3塁 1−2からセンター前ヒット (三浦)
3回裏 無死先頭打者 2−1からファールで粘って11球目で四球 (三浦)
5回裏 一死ランナー無し 2−1からシンカーを右中間へホームラン (加藤)
7回裏 無死先頭打者 0−3から四球 (岸本)
8回裏 一死ランナー無し 2−3から7球目で四球 (秦)

本日:2打数2安打1本塁打3打点3四球 打率1.000
通算:2打数2安打1本塁打3打点3四球 打率1.000

とりあえずビデオ撮ってなくて後悔orz

今日は何がすごいって、3回裏の粘った末の四球ですね。
これは昨年終盤ごろからそうなんですが、やっと打席で粘ることができるようになってきたのかなーと。

しかし打率1.000もそうですが、5得点スゴス

さて飲むぞー (いつも飲んでるって?w)
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】第1号柵越えぷよムラン

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ニッカンスポーツトップより

セ開幕!巨人の4番李が1号/速報中
 プロ野球は31日、セ・リーグが開幕した。巨人の4番李は1回に先制の適時打を放ち、5回には1号本塁打を放った。

posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

ナベツネさんがフォースの韓国面に堕ちますた

渡辺会長太鼓判「李は50本打つ」 (デイリー 3/29)
 「2006読売巨人軍激励会」が28日、都内のホテルで行われ、巨人の渡辺恒雄会長(79)が李スンヨプの50本塁打を予言した。昨年の激励会では清原のピアスを批判したが、今回は逆に李への賛辞に終始した。

 あいさつに立った渡辺会長は上機嫌に韓国からの助っ人を褒めちぎった。「韓国軍としてWBCで5本の本塁打を打っている。これから推論するとペナントレースは146試合ありますから50本の本塁打は打てる」と断言。

 さらにWBCアジアラウンドでの日韓戦で皇太子夫妻に「必ず打ちそうなのが李スンヨプ」と解説した秘話も明かした。

 その李はこの日から東京ドームで始まった練習で好調をアピールした。シート打撃では酒井からバックスクリーン左へたたき込み「調子はよくなってきている」と笑顔。

 巨人の第70代4番打者として開幕戦を迎えるのが濃厚。巨人は李にWBC級の活躍を期待している。

巨人・李に業務命令「50発」渡辺オーナー、強烈ゲキ (中日スポーツ 3/29)
 この“業務命令”だけは、何が何でも守らなければならない!? 今季の巨人で4番を務める李承ヨプ内野手(29)に対して28日、強烈なゲキが飛ばされた。

 この日夜、東京ドームホテルで行われた「読売巨人軍激励会」(読売新聞社主催)でのこと。壇上であいさつした渡辺恒雄球団会長(79)=読売新聞グループ本社会長=が、李は今季50本塁打するとブチ上げた。

 このほど行われたWBCについて言及した渡辺会長は「(李は)韓国軍として大活躍して5本塁打を打った。だからペナントレースでは50本ホームランを打つと確実に予想される」とキッパリ。李が打った昨年の本塁打は30本。どのような“方程式”で50本にジャンプアップさせたかは定かでないが、「確実に」とまで言うあたり、渡辺会長が李にかける期待の大きさがうかがえそうだ。その李だが、激励会の前に東京ドームで行われた練習では、バックスクリーンへ弾丸ライナーの本塁打をブチ込んだほど絶好調。「ホームランは思った通りに打てるものではない」と謙遜(けんそん)気味に話していたが、グループのドンにここまで言ってもらったからには、ガンガン本塁打狙いで行くしかない!?

・・・ナベツネさん、スンヨプさんを殺す気ですか?www

しかし皇太子殿下夫妻にまでスンヨプさんを紹介していたとは・・・

そこまでチェックしていなかったので改めて調べてみました。

李の逆転2ランに巨人・渡辺会長複雑な思い 今季期待の大砲「でも日本にも勝ってほしい」 (ZAKZAK 3/6)
 悲しいようで、でもうれしいような−。WBC予選の韓国戦は李承ヨプ(巨人)の逆転2ランで勝負あり。巨人・渡辺恒雄会長は日本の負けを目の当たりにしつつも、支配下選手の活躍に喜びを隠せず、何とも複雑な心境だ。

 韓国戦で2−1と日本リードの八回一死一塁、56発男の李承ヨプが右翼席に逆転の2ランを放ち、左翼席に陣取った韓国応援団の喜びが爆発。一方、日本応援団で埋め尽くされた右翼席と一塁側観客席は水をうったように静まり返った。

 日本人なら誰しもみけんにシワの寄る場面だが、逆転されて残念に思いつつ、なぜかこみ上げてくる「してやったり」の笑いをこらえる人物がいた。それは、VIP席で長嶋茂雄氏らと観戦していた渡辺会長だ。

 渡辺会長は試合後、「皇太子殿下からも『李は巨人の選手ですか?』とのご質問を受けた。彼にも打ってもらいたいし、でも日本にも勝ってもらいたい。複雑な気持ちだ」と心中を激白。日本は負けても2次予選に行けるわけだから、補強した選手がついつい気になるのも無理はない。

 李の守る一塁は層の厚いポジションだった。ところが清原、江藤を放出し、新外国人のディロンが期待できない今、頼りになるのは李しかいない。さらに松井が抜けて以来、空席になった左の大砲として李にかかる期待は驚くほど大きい。

 それだけに、本来は悲しむだけでよいはずの李の一撃に対し、渡辺会長も「複雑な心境」とついつい本音が出てしまったようだ。韓国戦の観戦で、自らブチ上げた「10ゲーム差での優勝」を確信したのだろうか。

            __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐   '''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' !
          ゝ i、   ` `二´' 丿
              r|、` '' ー--‐f´
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\

皇太子様がスンヨプさんに御興味を持たれたようです
posted by 深淵 ◆tLy454Q/mI at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スンヨプ伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。